« 相馬 | トップページ | ヒューマンな自販機 »

2009年1月11日 (日)

五所川原

友達に会いに、やってきました五所川原。

弘前で特急を降り鈍行の五能線に乗換えると、それまでの人混みと慌ただしい雰囲気はいずこかへ消えて、時の流れが急にゆっくりになる。5時というのに車窓から見える空は既に漆黒で、延々と続く平野に積もる雪がきらきらと白く光を反射している。車内では、帰宅途中の高校生たちがあちこちで固まりを作っていて、控えめな声で何か楽しそうに話しをしている。

あや~素敵 (ノ≧∇≦)ノ ♪ これって「銀河鉄道の夜」?!

一人で内心きゃーきゃー喜びつつ着いた五所川原駅。
プラットホームに降りると、周囲は本当に真っ暗。電灯が明るく照らしている階段に進んでみると、あ、なんとバリアフリーになってない旧い階段&駅舎。 
♪( ≧∀≦)人(≧∀≦ )きゃ~♪ すごい、嬉しい!!

駅には大親友のH子ちゃんが来てくれていました。十数年ぶりに会った彼女は、ほっそりしてきれいになったうえにとっても若くて可愛かった。

さて、その五所川原の駅。(翌日昼間の撮影)

Photo_18

なんと、暖冬で雪がない (天気予報では今日あたりはいっぱい降っているらしい)

JR駅の隣には、津軽五所川原駅。この津軽鉄道の駅舎の中は、昔見た景色そのまま。

Photo_19

Photo_16

お~、ノスタルジー満点!

20年前に太宰治の斜陽館(生家)に行った時、ここから列車に乗ったハズなんだけど、H子ちゃんも私もおしゃべりに夢中だったのか、乗ったかどうかよく覚えてなかった
(〃∇〃) 

今回は時間がなかったけど、またいつか乗りに来たいなあと思ったのでした。

« 相馬 | トップページ | ヒューマンな自販機 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525803/43705181

この記事へのトラックバック一覧です: 五所川原:

« 相馬 | トップページ | ヒューマンな自販機 »