« 何でもおもちゃ | トップページ | 垂直跳び »

2009年3月14日 (土)

カギは中国?

BSでさっきやっていた経済解説の番組。世界不況打開のカギは中国という見方でした。w( ̄△ ̄;)w えー、そうなんだー。

何でも中国政府は財政が黒字で、外貨準備高が世界一だし、米国債の保有額も世界一で、要するに資金余剰がたっぷり。そこで、世界最大規模の金融危機対策をして内需の掘起しを行い、この不況の中でもGDP8%の成長を目指しているとのこと。

中国の経済政策がうまく行けば、それを軸に米国経済の緩やかな回復を待つ体制ができると、解説者は言っていたけど、中国は国内に格差の問題とかいろいろあるだろうしそうシナリオ通りにいくのかなあーーー。愛知県は自動車をはじめとした輸出産業が中心。今のところ大手の工場は月3日とか週1日とか平日の稼働を休んで景気の回復を待っているようだけど、明るいニュースはまず中国の方から来るってこと?? (=・ェ・)

こちらは、世界経済と無関係に、何か言いたいことがありそうなかん太君。誰か訳せる人ないですか?( ̄∇ ̄*)

« 何でもおもちゃ | トップページ | 垂直跳び »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本では派遣切り、雇い止め、などが問題になっていますけど、中国でも日本以上に(もちろん人口が多いので)すごい数の失業者が出てるみたいですね。私は、世の中の動きが早い今の時代なので、不況も長続きしないかなと思っていたんですけど、どうですかね。。。

中国ではまだセーフティネットが未発達といわれているのが気になるところですよね。そういうところにちゃんとお金を流してそれでも余剰がでればそれは本当の資金体力かなと思うんだけど、どうなんでしょう・・?!
国際協調の体制がしっかりできているし、昔よりはずっと早く不況を脱するだろう、というのは私もその通りと思ってます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525803/44344003

この記事へのトラックバック一覧です: カギは中国?:

« 何でもおもちゃ | トップページ | 垂直跳び »