« 台風接近 | トップページ | ノーリードへの道 »

2009年10月 9日 (金)

ノーベル平和賞

オバマ大統領、ノーベル平和賞受賞ヾ(*≧∇≦)〃
ノーベル財団、ナイスです♥♥

「まだ成果がないじゃないか」という意見、あるようですが、
私の意見は、違います。
平和は、自ら作ろうとしなければできない。
積極的に動かなければできない。

「まだ口で言ってるだけじゃないか」という意見、あるようですが、
とんでもない。
アメリカ大統領としての発言は、一般人の発言とは違う。

核のない世界をうたって、軍需産業をがっかりさせ、
クリーンエネルギーをうたって、既存のエネルギー大手を失望させ
中流層に減税し、教育、福祉の手当てを厚くして、リッチ層を怒らせ
金融規制を強めて、マネーゲームのとりこ達を苛立たせる

民衆に支持された大統領が暗殺された国、アメリカで。

影響力の強い人たちを怒らせるのは、怖いよね。
けど、
オバマは賢い。
理想を高く示しながら、きっと現実的な道を行くでしょう。

成果がでないからと言って、責めてはいけない。
意見がばらばらの人たちをまとめるには、時間がかかる。
でも、できたじゃない。
国連の創設だって、EUの通貨統合だって。

夢のようなばかな発想と笑われても、かなってしまえば当たり前になる。
核のない世界は、戦争のない世界への最初の一歩。
核兵器はなくて当たり前。
そんな世界を目指す希望を、オバマ大統領は示した。
ノーベル財団は、それを後押しした。
平和を目指そうという声を支持する者がいると、世に示した。


« 台風接近 | トップページ | ノーリードへの道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

katyさんの意見に諸手を挙げて賛成。世の中、批判は誰でも出来るけど新しいテーゼを打ち出せる人はすごいのだ! 
それに加えてkatyさんの見識の深さに改めて敬意。アメリカ社会の感覚分析は、なるほどと感じる部分があったよ。

kenn-sann★
> 世の中、批判は誰でも出来るけど

本当ですよね。批判している人に、「じゃああなたがアメリカ大統領だったら、この発言をする勇気、ありますか?」って聞いてやりたいです。

インド、パキスタン、北朝鮮、イラン、、、次々と核に走る国が出て、「核不拡散」は既に非現実的という風潮が出始めたなかで「核のない世界」を唱った、オバマ大統領。プラハの演説、信じられない思いでした。同時に、大統領の命の危険が増したのではと、ゾクッとしました。

この勇気ある大統領を、今応援しなくていつ応援するのか。
今年も来年も同じなら、早いほうが良い。
そんな決断がノーベル委員会にあったのではないかと思います。

私は、今年の被爆者の日に、広島市長がスピーチで使った「オバマジョリティ」という言葉を聞いて、最初ちょっと笑ったあと、どっと泣けてしまいました。
オバマ大統領の意見は、アメリカでも少数意見なんです。このままオバマ大統領を孤立させてはいけない。オバマの意見を多数意見にしていかなければならない、、、そんな心意気が見えました。


私もオバマ大統領のプラハの演説、心から感動したのを覚えています。
アメリカの大統領がこういうことを目指してくれるなんてすごい!!って。。。
今、医療制度改革やアフガニスタン問題で支持率が低下しているオバマ大統領ですが、
ノーベル平和賞受賞という嬉しい出来事を機に、核のない世界も含め、
自らの信じる道を強く進んで行って欲しいです。

子ぶたさん♪
オバマ大統領の支持率低下、ひどいですよねー。
まだ今年就任したばかりだし、成果がでなくて当然の時期なのに!!
クリントン政権時は、お金で人を雇って事件をでっちあげて大統領の評判をおとしめる事件があった、確かヒラリーの自伝に書かれています。
オバマを敵と思う多くの有力者たちが、オバマに不利な世論を作ろうと動いている、、、と思うのは勘ぐりすぎでしょうか?

オバマ大統領はこの賞を受けることを悩んだそうですね。
まだ何もやっていないと・・・。
しかし彼はこれから絶対に実行すると自分を奮い立たせる為にあえて受けたそうですね。
すばらしい方だと思います。

核兵器廃絶をアメリカが口にすることなど、今まででは絶対にありえないことです。
それを口にしたオバマ大統領はすごい人です。

RIKUママさんnote
オバマ大統領の勇気は、半端じゃないですよね。アメリカでは、オバマおろしをしたい人たちがウジャウジャいて、その機会を虎視眈々と狙っている様子。
アメリカの希望をつなぐためにも、そんな影のパワーに負けずにがんばってほしいですよね。
日本も、核の廃絶と太陽光発電の促進、アメリカに負けずに推進してほしいのです( ̄∀ ̄*)そして、我が家にも安く太陽光パネルが設置できる日が来ますように(〃ω〃)  

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525803/46446201

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル平和賞:

« 台風接近 | トップページ | ノーリードへの道 »