« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月24日 (木)

原発事故

福島第一原発の事故現場では、東工大の松本義久先生曰く「本当にこわい放射線量」の中で、原子炉メーカーの東芝、日立、そしてその協力会社の皆さんが懸命の復旧工事をしている(3月19日の時点の関連記事はここ。現在は更に復旧が進んでおり、23日の様子はここ)。

当時に、電力の復旧作業と交互に、自衛隊、消防庁、神戸、大阪、横浜、川崎、そして今後は名古屋など各自治体の消防局の隊員も、燃料貯蔵プールの冷却のための放水に身体を張っている。

このおかげで、事故は最大の危機を乗り越えたかに見え、IAEAもそれを裏付けるように事故の現況評価を「非常に深刻」から「深刻な懸念が残る」に切り替えた(記事)。

けれど、実際には水道水へ、農作物へ、畜産製品へと放射能汚染が広がっている。

政府は摂取制限を宣言(記事)。

でも実際は、何百リットルも飲むのでなければ水で健康被害が起きる可能性はないし、ほうれん草も何百㎏も食べなければ大丈夫だから、現状では神経質にならなくても良い、という専門家も。

上記の松本先生しかり、早大の大槻先生しかり。。。

で、結局、何がなにやらわかりにくい(困)

一番わかりにくいのは、政府が「長期化のおそれ」と言っている長期化の期間が不明な一方で、例えば上記松本先生が「今の放射線値が1年も続けば食品を食べ続けることで問題が生じるおそれがあるが、放射線値の推移について少し様子をみてもいいのでは」と、放射線値は下がる可能性があることを示唆している点。

今の状況が1年も2年も続くなら政府の言うように体内蓄積は避けた方が賢明だけど、現実的に3ヶ月程度で放射線値が下がるとすれば、その後は体内に取り込んだ放射性物質も排泄されてセシウムだって200日で半減するんだから、今はそう神経質にならずによく洗って食べれば良い、、、ということ??

では実際に、原発問題を終息させるシナリオはどんなものが想定されるのか?

まだ政府は何も発表していないけど、やっぱり知りたい。

元原発設計者だったという大前研一さんが、3月19日の大前研一ライブで私見を話されてます。

3ヶ月後に、大型テントで原発をすっぽり覆う。。。Σ(゚∀゚*)

確かに、原発周辺の空気を閉じこめてもらえると、安心感が違う気が。。。

西と東の電気の周波数をそろえて、日本全国で一斉節電。。。

この案は、かなり現実的かも。

計画停電があまり長期化すると、首都圏のみならず日本全体への影響が大きすぎですもんね。

それにしても、福島原発の発電が100%首都圏向けとは、何とも皮肉。

原発事故があっても首都機能が影響を受けないように東北に作ったつもりなんだろうけど、影響ゼロなんてことは、やっぱりありえなかった。

とにもかくにも、原発の電気復旧が全てのプロセスの第一歩。

現場の皆さんは強い恐怖を感じながらの作業で、家族もかなり心配なはず。

政府は、復旧作業者全員の健康に一生涯責任を持ってほしい。

作業している皆さん、がんばって下さい!!お願いします!!

2011年3月14日 (月)

震災時に気を付けること

森田流わんこ倶楽部の小梅母さんのブログ(ここ)から、
以下、転載です。

小梅母さん、有用な情報の拡散、ありがとうございます!!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
そして、家にいる人は、今、お風呂に水をためてください。
まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。
阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

X字の亀裂が入っているとこはすぐに崩壊するから注意!

携帯と充電器、ラジオ、ペットボトル水必要!
ヒール履いてる人は折る!

食料は最低3日間は自立しなきゃいけない。
トイレは基本ないからビニール袋を。

火事などの2次災害に注意!

パニックになったら周りもパニックになるから
しゃがんで「落ち着いて!」と叫ぶ。

ストッキング履いてる女性はできるだけ脱ぐ。火傷したら広がるから。
あとナプキンがいい止血帯になるから覚えておいてください。

安否確認はダイアル171!
できるだけ安否確認で電話は使わないで!救急ダイアルが混乱するから。

【必需品】
お金 水 ペンライト お菓子 携帯 応急セット ハンカチ ティッシュ
バスタオル 羽織物 靴下 オムツ お尻拭き 予備の電池 電池式充電器 
被災者のために持っている情報を無駄にしたくないので日記にコピペして拡散してもらえると助かります。
テレビのむこうだけをじっと眺めているだけではいけない。


追記
屋内の場合
●家の中
・テーブルの下にもぐる(無理なら座ぶとんなどで頭を守る)
・ガラス片が危険なため、素足で歩かない。
・火の始末はすみやかに。
●デパート・スーパー
・バッグなどで頭を保護。
・ショーウインドウや売り場から離れ、壁際に。
・係員の指示に従う。
●ビル・オフィス
・机や作業台の下にもぐる。
・ロッカーなど大型備品の転倒、OA機器の落下に注意。
●集合住宅
・ドアや窓を開けて、避難口を確保。
・エレベーターは絶対使用しない。避難は階段で。
屋外の場合
●路上
・かばんなどで頭を保護し、空き地や公園などに避難。
・ガラスや看板などの落下に注意。
・建物、ブロック塀、自動販売機などには近寄らない。
●車を運転中
・ハンドルをしっかり握り徐々にスピードを落す。*ハザードをつけて!
・道路の左側に車を寄せ、エンジンを切る。
・避難するときは、キーをつけたままに。
・車検証や貴重品は携帯する。

こんなんも参考に。
http://www.satonao.com/column/variety/jishin.html


緊急時飲料提供ベンダーってのがあるらしいです。
http://www.suntory.co.jp/news/2005/9187.html

サントリーの自動販売機は無料解放だそうです。(ボタンを押すだけで出てきます)
公衆電話も無料。

無料開放場所
【池袋】立教大学
【御茶ノ水】明治大学リバティタワー
【新橋】新橋第一ホテル
【品川】品川プリンスホテル
【新宿】高島屋タイムズスクウェア
【渋谷】青山学院大学

ビックカメラが充電器を無料開放。


止血の正しい方法。
ハンカチや布を当て、傷口を直接圧迫してください。
ぎゅーっと縛ると、破損した血管以外の血管も圧迫してしまい、
壊死状態になる可能性があります。

傷口はなるだけ心臓より高い位置に。
手の場合は手をあげ、足の場合は足をあげてください。

JR全線、今日中いっぱいは運転を見合わせるそうです。
バスやタクシーも超満員で乗れないので、
職場に戻るか、近くの避難所で一泊してください。


※拡散自由です。
※ケータイサイトは直接入力でお願いします。
【交通情報】
<道路情報>
ケータイ:
http://m.jarctic.or.jp
PC:
http://www.jartic.or.jp/

<鉄道運行情報>
ケータイ:
http://www.jikokuhyou.co.jp
PC:
http://mainichi.jp/traffic/etc/a.html

<飛行機運行状況>
ケータイ:
JAL: http://www.jal.co.jp
ANA: http://www.ana.co.jp/m/dms_ply.html
PC:
JAL国内線: http://www.jal.co.jp/cms/other/ja/weather_info_dom.html
ANA国内線: http://fli.ana.co.jp/fs/domjpmenu:

<フェリー運行状況>
http://transit.goo.ne.jp/unkou/ferry.html
※ケータイ向けサービスがダウンしているところがあります。
※PC向けサイトのURLも参照してみてください。

【伝言サービス】←他の方からのコピーです。
※安否確認に使用してください。
災害用伝言ダイヤル「171」
◆被災者の方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.自宅の電話番号を押す。
3.伝言を録音する。

◆安否を確認したい方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.安否を確認したい方の電話番号を押す。
3.録音された伝言を再生する。


【緊急拡散希望!】←他の方からのコピーです。
【人命にかかわります!!】
・電話の使用は極力避けてください!
・非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています
・安否の確認は災害用伝言ダイアル171番 またはツイッターなどのネットの利用でお願いします

【拡散】電話の使用は極力避けましょう。
・緊急の連絡(119,110)で必要としています。
・安否の確認は災害伝言板ダイヤル171、ツイッター・ネットやSkypeを使いましょう。


▼NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス
→http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1103/11/news057.html

 iMenuトップの災害用伝言板リンクからアクセス。

 伝言板にメッセージ登録が可能なのは青森県、秋田県、宮城県、山形県、福島県。

 PCからメッセージを確認する場合はhttp://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi。

▼KDDIの災害用伝言板サービス

 EZwebトップメニューかauoneトップから災害用伝言板へアクセス。

 安否情報の確認はhttp://dengon.ezweb.ne.jp/。

▼ソフトバンクモバイルの災害伝言板
→http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html

 Yahoo!ケータイの災害用伝言板メニューかMy Softbankからアクセス。

 安否情報の確認はhttp://dengon.softbank.ne.jp/。

▼NTT東日本
→https://www.web171.jp/top.php

 災害用伝言ダイヤル「171」と災害用ブロードバンド伝言板「web171」。

▼ウィルコムの災害用伝言板
→http://www.willcom-inc.com/ja/dengon/index.html

 ウィルコム端末からのアクセスはhttp://dengon.clubh.ne.jp/。
 他社携帯やPCからのアクセスはhttp://dengon.willcom-inc.com/。

▼イー・モバイルの災害用伝言板
→http://emobile.jp/service/option1.html#saigai

 アクセスは、ブックマーク(お気に入り)→EMnetサービス→災害用伝言板→
 災害用伝言板トップページ。

 安否確認はhttp://dengon.emnet.ne.jp/。

もし避難する事になったら通帳・判子等の現金はちゃんと確保しておく事 
これはズボンなどに突っ込んで肌身離さない
ラジオは持っていくといい
それ以外に避難用に持って行くと便利なものがある
・ゴミ袋(大きい方がいい・給水車の飲み水を入れるバケツ代わりになったり色々と
 使い道が多い)
・ラップ(頑丈な奴が便利・皿に敷いて洗う用の水を節約したり傷に巻きつけて止血や
 木と一緒に巻いて包帯代わりになる)
・クッション(生地が厚い奴がベスト・外に避難する時は頭を守れるし避難生活中は枕
 にすると少し体力を維持し易い)
・通気性の良いスニーカー(通気部分以外はガッチリした奴・頑丈な靴だと足元に散ら
 ばってる破片で怪我をし辛い)
 通気性が良いと水の中を安全に歩けるからクッションはあればでいい

全部持っていくのは大変だが、1つでもあると便利だから
優先順位は真っ先にゴミ袋・続いてラップ クッションはあれば程度でいい
いいか、外に避難する時は頭と足に気をつけろ!!
怪我せず安全に避難することが大事だ!

・逃げるなら車よりも自転車 みんな同じ考えで渋滞の危険がある
・もし車から逃げるならキー差して逃げろ 後で救急活動のときに退かし易い
・近所に高台があるならとにかくそこを目指せ 目算でも10mあれば十分なんとかなる
・津波は2回目3回目の方が前回のパワーを吸収して威力が上がる 絶対に油断するな
・災害伝言ダイヤルhttp://www.ntt-west.co.jp/dengon/も利用すべし
・逃げる場所は鉄筋鉄骨コンクリのガッチリした建物 出来れば4F以上が望ましい
 それと、危ないと思ったら荷物も捨てる覚悟で!!命大事に!!!

志津川

叔母の実家がある志津川が壊滅した。

避難していた建物全部が津波に飲み込まれて一人も助からなかった。。。そんな口づての情報があった地域。

まさかと思ったけれど、今日になってテレビカメラの映像が流れた。

映像に衝撃。

津波が建物の4階まで届いたという。

映像で見ると、町には鉄筋の4階建ての建物はいくつかしかない。

一番高いビルで、4階くらいしかない。

鉄筋がむき出しになったそれらの建物の周囲は、一面の泥平野。

見渡す限りの、泥の平野。

町は、駅は、どこへ?

別の叔母がいたはずの、石巻。

とても栄えた港町。

石巻も、跡形なく消えた。

あの賑わいはどこへ?

一面のがれきと泥。

見渡す限りのがれきと泥。

石巻がまさかこんなことになるなんて。

叔母は、生きているだろうか。

娘のためにも、孫のためにも、生きていて!!!

現地の惨状、各局で一日中流してくれているが、

東京の人の解説が、どこか高見から見ているようで、しっくりこない。

気仙沼で被災した、

サンドウィッチマンの伊達さんのブログ(ここ)に、

現地の情報が詳しく出ていた。

もう、泣くしかない。

* * *

でも、泣いたら立ち上がろう!!

水と食べ物、何とかなっていますように!!

2011年3月13日 (日)

携帯と電池!

今回の地震で、一番困ったのは、連絡がとれないこと。

停電になると、まず固定電話がダウン。

そして、同時にインターネットもテレビもダウン。

となると、頼りになるのは、ラジオと携帯。

特に携帯は、通話は無理でも携帯メールがかなり力になった。

けれど、それも電池が切れるとおしまい。

これが辛い。

幸い妹は、単三電池で充電できる充電池と、4本の電池を持っていた。

これで、地震当日から3日間の連絡がつながった。

同時に、

希望がつながった。

今日、伯父から音信があったという。

今まで無事が確認できずにいた伯父。

なんと、

携帯からの空メール。

携帯でメールを打つやり方がわからなかったらしい。

地震から3日目に、何とか息子にメールを返してくれた。

伯父の住む宮城県北部は、まだ固定電話も、携帯も、一切つながらない。

ということは、電気も水も、おそらくまだ復旧していない。

でも、たぶん生きている。

生きていて!

伯母と一緒に笑っている、いつもの顔が目に浮かぶ。

二人とも無事でありますように!!

2011年3月11日 (金)

東北地方太平洋沖地震

まさかこんな事が起きるとは。。。

故郷がある仙台が

友の住む八戸が

愛して止まない三陸の久慈が、宮古が、気仙沼が

そして相馬が

地震と津波でめちゃくちゃになるなんて。。。

馴染みのある場所が水没する様子、

テレビに映る映像に呆然bearing

津波の威力、想像を超えてた。。。

幸い実家は大過なかったけれど、

まだ震度5クラスの余震も続く。

まだ気を抜けない。

誰も、まだ気を抜かないでね。

今晩は眠れない人も多いでしょう。

でも、少しでも休んで下さい。

何よりも無事でありますように!!

2011年3月10日 (木)

風邪

散歩から帰るとシャワーで全身洗うか、足だけ洗うか

・・・というと、冬は足だけ洗うことが多い、かん太。

もしかしたら、そこに落とし穴があったかな(´・ω・`)

全身洗う時は必ずドライヤーだけど、足だけの時は

タオルでふいておしまい。

だから、時々手足がとっても冷たいことがあるって、

気が付いてはいたんだけどね。。。

かん太、風邪引きさん。

悪寒とくしゃみと鼻水と吐き気。

昨日と今日、家でゆっくりしていたら、悪寒と吐き気は収まったよう。

でもまだ元気なし。

しっかり休んで、元気になろうヽ(*・ω・)ノ♪

Photo


« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »