« 携帯と電池! | トップページ | 震災時に気を付けること »

2011年3月14日 (月)

志津川

叔母の実家がある志津川が壊滅した。

避難していた建物全部が津波に飲み込まれて一人も助からなかった。。。そんな口づての情報があった地域。

まさかと思ったけれど、今日になってテレビカメラの映像が流れた。

映像に衝撃。

津波が建物の4階まで届いたという。

映像で見ると、町には鉄筋の4階建ての建物はいくつかしかない。

一番高いビルで、4階くらいしかない。

鉄筋がむき出しになったそれらの建物の周囲は、一面の泥平野。

見渡す限りの、泥の平野。

町は、駅は、どこへ?

別の叔母がいたはずの、石巻。

とても栄えた港町。

石巻も、跡形なく消えた。

あの賑わいはどこへ?

一面のがれきと泥。

見渡す限りのがれきと泥。

石巻がまさかこんなことになるなんて。

叔母は、生きているだろうか。

娘のためにも、孫のためにも、生きていて!!!

現地の惨状、各局で一日中流してくれているが、

東京の人の解説が、どこか高見から見ているようで、しっくりこない。

気仙沼で被災した、

サンドウィッチマンの伊達さんのブログ(ここ)に、

現地の情報が詳しく出ていた。

もう、泣くしかない。

* * *

でも、泣いたら立ち上がろう!!

水と食べ物、何とかなっていますように!!

« 携帯と電池! | トップページ | 震災時に気を付けること »

地震・原発事故」カテゴリの記事

コメント

父方の親戚で,3名の不明があることが今日分かりました。
お一人はまさに志津川だよ!!。*((艸д・。`*)゜*。

唐桑では,おばあさんと見に行った巨釜半造もなくなってしまったって(><)。

私も今やっとテレビで志津川の津波の被害がどんなものなのか分かりました。力が湧かないよ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。。
亡くなった方の名簿も今テレビにでるんだけど,お年寄りの方々の死亡が多いです。
津波警報が出ても,「大丈夫,こないから」と言って避難しなかった母方の遠縁の方がお二人亡くなったそうです。
今日は雪です。我が家の前でさえ雪が10センチぐらい積もっています。3月中旬にこんなことって今までないです。被災地が少しでも早く復興できるよう,天気もよくなってほしいと祈って過ごしていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 携帯と電池! | トップページ | 震災時に気を付けること »