« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 志津川 »

2011年3月13日 (日)

携帯と電池!

今回の地震で、一番困ったのは、連絡がとれないこと。

停電になると、まず固定電話がダウン。

そして、同時にインターネットもテレビもダウン。

となると、頼りになるのは、ラジオと携帯。

特に携帯は、通話は無理でも携帯メールがかなり力になった。

けれど、それも電池が切れるとおしまい。

これが辛い。

幸い妹は、単三電池で充電できる充電池と、4本の電池を持っていた。

これで、地震当日から3日間の連絡がつながった。

同時に、

希望がつながった。

今日、伯父から音信があったという。

今まで無事が確認できずにいた伯父。

なんと、

携帯からの空メール。

携帯でメールを打つやり方がわからなかったらしい。

地震から3日目に、何とか息子にメールを返してくれた。

伯父の住む宮城県北部は、まだ固定電話も、携帯も、一切つながらない。

ということは、電気も水も、おそらくまだ復旧していない。

でも、たぶん生きている。

生きていて!

伯母と一緒に笑っている、いつもの顔が目に浮かぶ。

二人とも無事でありますように!!

« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 志津川 »

地震・原発事故」カテゴリの記事

コメント

良かった、よかった。
宮城県北部でも海岸沿いかどうか・・・。
私も携帯のメールが打てないので、妻殿に教えてもらって、練習しておかないといけないと思いました。

kenn-sannclover
私も携帯メールは苦手で、せっかく1時間かけて8行くらい打ったと思ったら間違って全部消しちゃった、、、なんてことがザラsweat02
なるべく携帯メールはしないようにしてたのですが、今回ばかりはそんなこと言ってられなかったです。
超がんばってメールを打つ毎日。
そうしたら、ちょっとは入力が早くなりましたscissorsshine
・・・って、8行打つのに30分くらい。。。(〃▽〃)

携帯メールやショートメール、使えると緊急時には本当に便利です。
良ければ練習おつきあいしますよhappy01heart04

無駄にいろいろ持っていたのがこんな時に役に立って,自分でも救われた思いです。
姉さんからもらうメールはかわいい絵文字満載でそれにも癒されました。ありがとうございます。

今は,私がまだ水や電気が通じていない人に情報を提供して何か役に立たなくちゃという番です。

乾電池は,今後需要が高まるけど,実際はあまり使わなくて,「単3電池あんまりいらないかも」ってなるかな?日本人気質として。
一方で,充電機能の向上はきっと携帯各社や電気関係の会社で検討が始まるかもね。

携帯はほんとにライフラインです!それを大きく実感しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 志津川 »