« ふるさと納税 | トップページ | マイルたまった »

2011年4月 7日 (木)

め組JAPAN

被災地では自衛隊、警察署などと混じって、NGOやNPOが重要な役割を担っている。

その一つが、てんつくマンさん率いるめ組JAPAN

「てんつくマン」なんてふざけた名前だし、本当にまじめにやってるの??

なんて思っていたけど、

どうしてどうして、熱い魂がボコボコ言っているナイスガイでしたshineshineshine

め組JAPANは震災後4日目に石巻に入り、最初は支援物資の配送などを行い、現在は石巻市の湊地区で泥出し作業をしている。

彼らは、年内は腰を据えて被災地支援をしようとしている。

この地に縁もゆかりもないのに!!

今日、てんつくマンさんの活動報告を聞いた。

泥だらけの学校から、家から、泥をかき出すと、被災者に生きる希望が生まれると。

てんつくマンさんのブログ記事によれば、1500戸からの要請がある中、100人以上で一日がかりで頑張っても70戸とのこと(記事は、ここ)。

現地で作業を手伝ってくれるボランティアを募集中。

現地ボランティアができない人には、それぞれできることをやってほしいとの呼びかけ。

その呼びかけのとき引用されたのが、歌手のあの松山千春さんの言葉。

知恵があるやつは知恵を出そう
力があるやつは力を出そう
金があるやつは金を出そう
自分は何も出せないよ
というやつは元気を出せ

被災地でない場所がしっかり元気を蓄えることで、これから長い被災地支援が可能になる。

できることをしっかりやろう。

あともう一つ、てんつくマンさんの言葉。

さぁ今日も一億人二千万人の三歩で日本を元気にしよう。
一歩は被災地のみなさんの為の一歩。
二歩目は目の前にいる人や命の為に。
そして、もう一歩は自分が元気になるために。

被災地の外の人たちも、震災の報道や原発の報道でしゅんとしがち。

被災者があんなにも困っているのに自分たちが楽しむのは申し訳ないという雰囲気も濃厚。

でも、考え方を変えてみたら?

みんなで集まって、元気を交換しあって、同時に、被災地の人たちのために何ができるか考えよう。

長く続けられる支援を考えよう。

« ふるさと納税 | トップページ | マイルたまった »

地震・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ふるさと納税 | トップページ | マイルたまった »