« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

馬篭~妻籠

三日前の水曜日、特別に仕事を休んでくれたサトさんと、

数年ぶりに歩きにでかけました。

これから山登りに行くのに、全然歩いてなかったからね、私sweat02

膝が痛いサトさんでも歩けるよう、街道ウォークを選択。

近場の馬篭-妻籠へ、電車とバスでGOtrainsign04busdash

しかーし、

着いたら、馬篭はすごい雨。

1

ネコだって、出てこないcoldsweats01

2

景色はきれいだけどねwink

3

それでも、町外れの馬篭峠に着くころには雨もあがり、一安心heart01

5

その後は、気持ちの良い中山道ウォーク

6

幕末の和宮様御輿入れの時は、この街道を使ったんだよね。

行列は50kmにも及んだというから、馬篭-妻籠の8kmは、ぜーんぶ

御輿入れの行列で埋め尽くされていたんだ~。

壮観だったろうなーconfidentheart02

7

すごい蝉しぐれ!と思ったら、こんなところに孵化の跡がeye

8

途中、無料休憩所でお茶をいただきました^^

ここのおじさま達が街道の整備もしているとのことで、

「滝を見て行ってね。あと、熊よけの鈴も鳴らしてね!」

との、嬉しいアドバイス♪

おかげさまで、

めちゃ涼しい滝を間近で堪能し、

12


いくつも設置された熊よけも鳴らして、

13_2

無事、妻籠に到着

14_2

15

16

コースタイム2時間30分のところ、3時間30分かけてのゆっくりウォーク。

馬篭は岐阜で、妻籠は長野。

最後に妻籠でいただいた信州そばと御幣餅、超おいしかった~happy01heart04

かん太は、家でお留守番だったけど、

将来は、鍛えて、一緒に歩きたいなあnote

2011年7月29日 (金)

伊良部さん逝く

先日の中村とうようさんに続き、また悲しいニュース

中村とうようさんは、79才。独身。

自殺は彼なりの美学だったのかなと思うけど、

伊良部さんは、まだ42才。

現役を引退してからは、メディアに登場することもなかったけど、

相変わらず、大きなお腹で元気にしているものとばかり思っていた。

ヤンキース時代には、ガムをかんだり唾を吐いたり、何かと周囲を

騒がせて、問題児というか、ヒールのイメージがつきまとったけど、

本当はとても真面目な性格だったとも。

人生の壁が乗り越えられなかったとしたら、あまりにも残念。

強烈な個性と稀有な才能を持った、特別な存在だった。

伊良部さん、向こうの世界でまた野球やってくださいね。

笑って過ごしてくださいね。

今までありがとう!!

2011年7月26日 (火)

元気がでるCM

わんこ倶楽部で、面白いCMの紹介がありましたhappy01heart04

九州新幹線開通を祝って、
「九州みんなでひとつになろう」という呼びかけに市民が自主参加、
それを新幹線から撮影したCM、とのこと(๑◕ฺฺܫฺ←๑ฺ)

撮影は2月22日、参加の呼び掛けにこたえた市民は、1万人。

ところが、あろうことか、九州新幹線の営業開始は、3月12日。
そう、あの東日本大震災の翌日。

そのため、ほとんど放送されなかった、幻のCM。


祝!九州 九州新幹線全線開CM180秒

↓は、同じCMを東北応援版に編集したもの。

同じだってわかっているのに、涙がこぼれちゃったweep

【東北応援編】九州新幹線全線開通CM+JR東日本(編集)【繋がれ日本】

2011年7月25日 (月)

なでしこ

仙台市郊外の秋保で、なでしこを発見eyeheart02

Photo

なでしこの花言葉は、「勇気」「大胆」「純粋な愛」だとか。

ぴったりだねえcryingheart04

帰りの新幹線では、なでしこJapanの記事にひたりつつ、伊達武将隊弁当をいただきましたcatfaceheart04

Photo_2

2_2

お弁当は、おかずに力が入っていて、美味しかったけど、

ご飯が足りんかった(=´Д`=)ゞ

   fullmoon   fullmoon   fullmoon 

そして、4日ぶりの帰宅。

かん太はジャンプして涙を流して大喜びするか、、、と思いきや、

意外と普通・・・Σ(;・∀・)

「あ、来たんか」って感じて、ゲージの中からこっちを見て、一つ伸びをして、

おしまいcoldsweats02

あとは、5日前と同じように普通に散歩をして、

普通にお風呂に入って、

普通にヨーグルトをぺろりと食べて、

普通にサトさんのベッド脇で就寝。

びっくりするほど、普通。ノーマル。

でも、聞くところによると、

この4日間、散歩はガウガウ抵抗が激しくて、1回15分が限界。

寝るのも、サトさんのベッド脇では激昂するから、一階のサークルだったとか。。。

私が戻って、かん太もほっとしてるのかなcoldsweats01

福島~子どもは大丈夫なのか

新幹線で、仙台に帰省した。

途中、郡山、福島駅を通過。

頭によぎったのは、6月30日の朝日新聞の記事

   clover   clover   clover

「尿から放射性物質」=子ども10人、市民団体調査―福島

子どもを持つ親らでつくる市民団体「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」は30日、福島市の6~16歳の子ども10人を対象に尿検査を行った結果、全員から放射性物質が検出されたと発表した。

同団体によると、放射性セシウム134の最大値は8歳女児の尿1リットル当たり1.13ベクレル。セシウム137の最大値は7歳男児の同1.30ベクレルだった。

尿は5月20~22日に採取し、フランスの放射能測定機関「アクロ」に検査を依頼した。同機関は仏政府の認証を受けており、チェルノブイリ原発事故でも、子どもの被ばく量を調べるため尿検査を行ったという。 

[時事通信社]


   clover   clover   clover

郡山も福島も、原発からは遠いけれど、放射能検出が多いホットスポット。

この地域を、見えない放射能のベールが覆っているのか。

放射線に、色がついていたらいいのに。

砂のように噛んでガリっときたらいいのに。

ガスのように臭いがしたらいいのに。

水から、野菜から、畜産物から、そして空気から、

知らないうちに身体に入ってしまう、放射性物質。

知らないうちに、内臓に、骨に、とりこまれて、たまってしまう。

今日、笑いながら、美味しい美味しいとお水をのみ、ご飯を食べる、

子どもの身体が、どれだけ危険にさらされているのか、

検査しない限りわからない。

牛だって、汚染されていると知らずにわらを食べた。

そして、体内被曝した。

人間の子は、どうなのか。

「ただちに健康上のリスクが生じるわけではない」=「安全」、ではない。

政府は、緊急時避難準備区域の解除を考えているらしく、

それを待ち望む人も多い様子。

でも、

子どもを守る見地を、忘れないで。

政府だけの責任ではない。

後で子どもが体調不良になってから悔んでも遅い。

子どもをもつ親に、正確な情報の開示と、選択肢の提供を!

2011年7月20日 (水)

なでしこと台風と

なでしこJapan、大活躍でしたね~happy02rockshine

世界一なんて、途方もなくすごいsign03

見上げるほど背が高く、肩幅もがっちりしている選手たちを相手に、

点を取られても取られても負けない気持ち。

決勝戦は再放送でじっくり見たけど、延長戦で1点とられても、

誰も全然慌てていない。

焦らず、じっくり好機を待った。

そして、「今だ!」と狙ったときの、ゴールの正確さ!!

男子ワールドカップ南ア大会で、

本田選手、遠藤選手、岡崎選手、そして李忠成選手が決めたゴールも

伝説的な精度だったけど、

女子だって、超すご~い♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪

そしてまた、この集中力を支えたのが、

震災からの復興に力を尽くす人たちの姿であり、

福島原発で働く人たちを思う心であり、

そして、30年にわたり女子サッカーを支えてきた先輩たちへの

感謝の気持ちだったとはweepheart01

なでしこの情報を見たくてテレビをつけると、台風情報が!

台風情報を見たくてテレビをつけると、なでしこの情報が!

台風で雨戸を締め切った家の中で、新聞を開くと、なでしこが!

今日は一日中、幸せななでしこデーとなりましたheart01

そして、

ついに雨は止み、

かん太お待ちかねの散歩タイムdogshine

・・・と、散歩の途中で、また雨がrain

慌てて折りたたみ傘を広げたら、

かん太、びっくり仰天。

目をまんまるにして、頭をぎゅっと低くして、

こっちを見ながら後ろにびょんびょん飛んで、逃げた。。。。

と思ったら、

布の首輪がポヨンと外れshock

フリーにwobbly

ワウワウ言ったと思ったら、

目の前にあったアパートの階段を駆け上がっていく~~eyesweat01

ひょえ~dashと追いかけて行くと、

2階の奥の部屋の玄関扉が開いていて、

中にいた住人さんとばったり目があった、かん太。

予想外の展開にしばし戸惑っている間に、

「よーしよし」で無事捕獲(*´Д`)=3

目をぱちくりしている住人さんによくよくお詫びをして、帰ってきましたとさsad

かん太、傘、怖かったかね。

もう少ししたら、まず家の中で、傘練習しようかねcoldsweats01

2011年7月19日 (火)

夏休み

いーちゃんと一緒の短い夏休みribbon

かん太はガウガウ言いっぱなしかな、、、と思いきや、

かん太に構いたくて構いたくて仕方がないいーちゃんに、

現状では最大限のオトナの対応だったねdogheart

例えば、車で遊びにでかけた道中、

いーちゃんがそばにきても、

Io1_2

ぎゅうぎゅうされても、

Io3

冷たい枕を取られても

Io2

おもちゃ攻撃があっても、

Io4


頭に何かのせられても、

冷たいタオルでほっかむりされても、

いーちゃんがすぐ隣でパンやジュースを食べても、

アイスクリームを食べても、

一切気にしなかったよねhappy01heart04

あ、アイスの時には、

見ないふりして、両ほほからおヨダたら~りだったかcoldsweats01

いーちゃんがかん太のおでこに自分のおでこをぴったんこくっつけたら、

かん太、いーちゃんの鼻をペロペロ。

いーちゃん、「やだー、ベトベト」と言いながら、

何回もおでこをくっつけてきて、

かん太、何回もいーちゃんの鼻を静かにペロペロしたね。

いつもは、母ちゃん以外に抱っこされると身をよじって逃げるかん太、

いーちゃんには抱っこされたねnote

Io5


いーちゃんといーちゃんのママがお別れの挨拶をしようとしたら、

もう疲れてガルルと言ったけどcoldsweats01

今のかん太にしては、上出来上出来。

24時間べったり一緒にいて、ほとんどずーっと穏やかさんだったもんね。

いーちゃん、いーちゃんのママ、また遊びに来てねheart01

・・・

ところで、いーちゃん、

いっぱい撮った写真、全然メモリに入ってないんだけど、sweat02

全部消したでしょ~annoy

2011年7月18日 (月)

お出かけ

お出かけ

初めて、携帯からのアップに挑戦です〓
 
いーちゃんが遊びに来てくれ、かん太、めっちゃ服従性のキャパ伸ばして対応中〓
 
今は土岐のアウトレット。いーちゃんたちがお買い物の間、車で爆睡〓充電中(笑)

2011年7月16日 (土)

王滝渓谷

そういえば、2週間ほど前、豊田の王滝渓谷に行ってみましたrvcarsign04

何年も前に買って未使用だったトレッキングシューズのためし履き。

と、

暑くてお散歩不足のかん太の運動を兼ねてsmile

昼間の木漏れ日ウォーク、

蒸し暑かったけど、

ところどころ山歩き風の登り下りあり、橋ありで、

割と楽しめましたhappy01heart04

Photo

何より、ときどき水浴びできて助かった~catface

他に誰も来てなくて、渓谷ごと貸切状態shine


3

泳げないから、水風呂でちょうど良かったね(//∇//)

4

この日も確か最高気温は34℃くらいあったから、

昼間にお散歩できたのは、感謝だなあ~heart01


2011年7月15日 (金)

サクランボ

そういえば、今月初めに、

きいろちゃんから山形の佐藤錦をいただいたのです。

Photo

わんこには高級品すぎ!

と思ったけど、こんな機会もないことだし、かん太にもお裾分けcatfacecherry

2

めちゃ甘のサクランボ、ペロリとなくなりました。happy01heart04

きいろちゃん、ごちそうさまdogheart

かん太と私

バスケットで、このところスクリーンを重点練習している。

中学の頃からやってるはずのスクリーン、なぜか全然うまくいかない。

とろい私に、チームメイトは実に忍耐強くつきあってくれる。

「スクリーン、ちゃんとかけに行って!!」

「スクリーン、かけに行ったのはいいけど、その後の身体の開きが逆!!」

「身体を開いたのはいいけど、向こうに行くのが早すぎ!!」

「向こうに行く時、ボール見てないよ!!」

少なくとも1カ月はねっちりやっているのに、進歩は超スロー。

トホホweep

一方、5月末からやり直してる、かん太のしつけ。

「愛情の中でお座りの練習」

「次は主従関係」

「次は呼び戻し・・・」

一か月半かかって、ようやくこれだけ。

この進歩の遅さ、

なんか私とそっくり(//∇//)

2011年7月 4日 (月)

この日常を守る~原発考再び

今朝(2011.7.04)の朝日新聞に、「世界の中心で、愛を叫さけぶ」の作家、

片山恭一さんのコラムがあった。

  ***  ***  *** 

佐賀県知事が、停止中の玄海原発2、3号機の運転再開を容認する姿勢を示した。しかし、原発をどうするかということは、地元自治体の長らの意向をはるかに超えた問題であると思う。

ぼくはたまたま「地元」の福岡に住んでいるが、そのこともとりあえず関係ない。これだけ大きな事故を引き起こしたにもかかわらず、なしくずし的に各地で原発が再稼働を始め、日本が以前と変わらない状態に戻ってしまうことを心から憂える。

ひとたび生み出されてしまった放射能は、人間の手では消すことができない。放出された放射能は地球全体に広がり、いや応なしにすべての人類が共有するものになる。チェルノブイリの放射能も日本各地で検出されている。

今回、同じことを日本はしてしまった。地震の被害に対して海外の人々は心のこもった援助の手を差しのべてくれたが、原発事故は世界中が厳しい目でその動向を見つめている。事故は収束の見通しさえ立っていない。そんな状態で停止中の原発を稼働させれば、日本は国際社会での信用を決定的に失うだろう。

[以下略]

  ***  ***  *** 

昨日(7.03)のTBS「サンデーモーニング」で、成蹊大学の西崎先生は、

「不特定多数の人の命をおびやかす原発のリスクを、電力不足や景気低迷と同じレベルで考えるべきではない」という趣旨のコメントをしていた(記憶なので曖昧です。あしからず)


井上ひさし著「ボローニャ紀行」からの一節。

  ***  ***  *** 

このところわたしは「平和」という言葉を「日常」と言い換えるようにしています。平和はあんまり使われすぎて、意味が消えかかっている。そこで意味をはっきりさせるために日常を使っています。「平和を守れ」というかわりに、「この日常を守れ」という。

  ***  ***  *** 

経済界も、一般の家庭も、守りたいのは「この日常」。

「この日常」が原発事故による放射能で破壊された、福島の人たち。

「この日常」が原発事故による電力供給低下で脅かされている、経済界。

「この日常」を取り戻す手段は、単に「原発再稼働」というだけではすまされない。

「放射能のリスクのない電力の安定供給」を、どこの国の誰が実現するのか。

世界を舞台にしたビジネスチャンスをいかし、地球規模での脱原発、新エネルギーの流れにもっていけるのは、

ドイツなのか、アメリカなのか。

日本も、後れを取っている場合ではない。

とはいえ、電力を使って生産活動をしている企業にとって、現在の節電は死活問題。

勢い「やっぱり原発稼働してくれ」に傾斜する。

でも、この間にも、

着々と新エネルギーにかかわる技術開発をしている人たちがいる。

電力供給や電線所有の在り方を見直す議論もある。

太陽光でも良い、地熱でも良い、小水力発電でも良い。

今ある多くの課題を乗り越えて、

寒い冬が来る前に、二度目の夏が来る前に、新エネルギーがみんなの手に届くものとなって、

それぞれの「この日常」が守られ、回復されますように。

同時に、福島の原発事故が、一日も早く収束に向かいますように。

2011年7月 3日 (日)

しつけは徐々に

長らく更新がご無沙汰でしたが、かん太のしつけ、がんばってますよhappy01heart04

今は、主に主従関係をやりなおし中。

森田流のしつけは主従関係が命なので、焦らず慌てずあきらめず、ちょっとずつ。

おかげで主従関係ができてきたけど、まだまだ不完全coldsweats01

かん太は時々、「何でボクはこんなところにじっとしてるんだろ?」と思うのか、

私の目を盗んでは、のびのびと好きなことをやってしまう(滝汗)

この暑いのに、居間のエアコンが壊れていた、我が家。

一番暑い時間帯は、さすがにエアコンの効く別部屋にかん太を移動するけど、

夕方から夜の時間は、窓や扉を開け放して扇風機でしのいでました。

このところ、指定の場所で長い時間落ち着いてられるようなったからねと、

私の近くにはべらせて、JINの最終回の録画を見ることに、、、

最後の方、のめりこんで見ていたら、録画が途中で切れていて超がっかり

。。。の瞬間、

「あれ?かん太がいない????」

「おーい、かん太!」

「かん太!おいで!」

ちょっと呼んだだけでは来ないので、廊下に出て更に呼ぶと、

「わはははは」という訳ありな雰囲気満点の笑顔で出てきた、かん太。

「やばい!」と慌ててオオ母さんの部屋に行ってみると、

なんと、入浴剤の小さな袋に噛み跡がeyeannoy

今回は食べるには至らなかったから良いものの、

かん太、バンテリン、洗濯用粉洗剤に続いて、入浴剤まで狙いおって・・・

まだまだ気を緩めてはいけないと、気合を入れ直したのでしたbearing

さて、動画は、10日前のかん太君。

食後のアキレス堪能のひとときに、

シリコン製のカエル君なべつかみを見せたら、案の定・・・^^;

この仕草は、かん太の定番。

かん太君編みぐるみとか、マブヤーブックレットとか、いつもこうだった。

可愛い仕草で私も喜んでたけど、狩猟本能の行為だから、もう卒業しよう。

どうやって卒業するかというと、森田流のヨーシヨシを2分くらいするだけ。

2分後のかん太君、あーらこの通りshine

はい、上手に卒業できましたheart01

Photo_2

部屋が暑すぎてゼーハーいうので、このあとすぐに冷房部屋に移動しました(^◇^;

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »