« 元気がでるCM | トップページ | 馬篭~妻籠 »

2011年7月29日 (金)

伊良部さん逝く

先日の中村とうようさんに続き、また悲しいニュース

中村とうようさんは、79才。独身。

自殺は彼なりの美学だったのかなと思うけど、

伊良部さんは、まだ42才。

現役を引退してからは、メディアに登場することもなかったけど、

相変わらず、大きなお腹で元気にしているものとばかり思っていた。

ヤンキース時代には、ガムをかんだり唾を吐いたり、何かと周囲を

騒がせて、問題児というか、ヒールのイメージがつきまとったけど、

本当はとても真面目な性格だったとも。

人生の壁が乗り越えられなかったとしたら、あまりにも残念。

強烈な個性と稀有な才能を持った、特別な存在だった。

伊良部さん、向こうの世界でまた野球やってくださいね。

笑って過ごしてくださいね。

今までありがとう!!

« 元気がでるCM | トップページ | 馬篭~妻籠 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

異国の地で亡くなって、気の毒ですね。
年齢も近いだけにさらに気の毒に感じます。
だれか一人でも近くで支えてあげられる人がいたら・・思いました。

ご冥福を祈ります。


ところで、かん太ママとかん太の王滝渓谷の散歩が楽しそうだったので
同じスポット目指していきましたが、辿り着けず残念な結果となったアーロン家です。
こんなことならかん太ママにきっちり聞いてから行けばよかったとブーイングの嵐でした。
あれは渓谷のどのあたりになりますか? また教えてください。

アーロン姉さんnote

>同じスポット目指していきましたが、辿り着けず残念な結果となったアーロン家です。

それは残念wobblysweat02
私は、↓の地図の下の方を左右に走っている県道・岡崎足助線で行きました。
http://www.city.toyota.aichi.jp/h-guide/otaki/otaki1.html

巴川に沿って、地図でいうと右から左に進み、松平橋を過ぎたところで右手に
見える第一駐車場をスルーして少し行くと、豊築橋の手前で右手に入る細い
道があって、そこに「王滝渓谷」の看板があるので、看板に沿って右折。

民家の脇を通って少し行くと、この地図にはない第二駐車場があったので、
そこに止めて、仁王川沿いに歩いて行きました。
川の左側をずーっと行って、椿木園地のあたりまで行って、帰ってきました。

道はほとんどが木陰になっていて、それなりに気持ち良かったですよhappy01heart04
割とアップダウンがあって、ちょっとハイキングチックなのも気に入りました。
でも、いかにもオフシーズンらしく、平日昼間は本当に誰もいなくて、その
あたりがわんこ連れにはちょうど良く、私もまた行きたいですぅ(≧∀≦)♪

そうそう、蚊よけ対策お忘れなく!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 元気がでるCM | トップページ | 馬篭~妻籠 »