« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月20日 (土)

お風呂

お散歩の後には、お風呂に直行の、かん太。

。。。と言っても、洗面台だけどねcoldsweats01

くつろいでいるところ、カメラを取りにバタバタしたら、

びっくら仰天(苦笑)

Photo_2

おそわないってsweat01

2011年8月18日 (木)

被曝の安全基準

福島市の子どもたち10人の尿を検査したら、全員から放射性物質の検出があったと、6月下旬の新聞にあった。

’11.8.22号のアエラでは、埼玉、東京などに住む子どもの尿から放射性物質が検出されたと報じている。

以下、同誌p18からの引用

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
文部科学省は、最も検出値の高かった福島の子どもでも「極めて低いレベル」で健康に問題ないとの見解を示しているが、元放射線医学総合研究所主任研究官で医師の崎山比早子さんは、
「検出量が少ないから健康に問題ないと言い切ることはできないのでは。非常に低線量の放射性物質が内分泌器官、神経系、脳など体中に回った時、どういう影響が出るのかまだよくわかっていない。日本ではこれまでに経験がなく、今後子どもたちに何らかの症状が出てきた場合、それが内部被ばくと関係ないと言うことも難しい」
今後は空気中の汚染以上に、土壌汚染などの影響が大きいとされるが、関東でも高濃度の土壌汚染が報告されている。市民団体「放射能防御プロジェクト」が東京や千葉、埼玉、茨木など首都圏の約130ヵ所で土壌を調査したところ、30ヵ所以上で、チェルノブイリ原発事故で汚染地域とされた1平方メートルあたり3万7千ベクレルを越える放射性セシウムが検出された。セシウムが最も高かったのは、埼玉県三郷市内の植え込みで91万9100ベクレル。チェルノブイリ原発事故の強制移住の基準を越えた。この他、東京都江戸川区、千葉県松戸市、茨城県取手市にも20万ベクレルを越える地点があり、チェルノブイリであれば移住の権利が認められる。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

今日(2011年8月18日)の朝日新聞の記事。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°
「なぜ私たちがつらい目にあうの?」
福島の子ども 永田町で直訴

原発事故以来、ずっと外で遊んでいません---。福島県内の子どもたちが17日、東京・永田町の衆議院第1議員会館で政府の原子力災害対策本部や文部科学省の担当者らに、今の思いを伝えた。
福島県見三春町の橋本伽耶さん(13)は「学校の友達と一緒に避難できるよう、真剣に考えてください」と訴えた。6月に東京都内に避難した。「転校はとても悲しかった。福島原発は東京の電気を作っていたのに、なぜ私たちがつらい目にあうのか分からない」と話す。子どもたちの訴えに、政府側は「最大限努力したい」などの答えを繰り返した。会合後の記者会見では、福島市の小林茉莉子さん(11)は「答えが全然違う」。
出席できない子どもからの手紙約40通も手渡した。「わたしはふつうの子どもを産めますか?何さいまで生きられますか?」「菅そうり大臣へ 原発全部止めてほしいです」などの言葉もあり、橋本さんは「渡した手紙をどう思ったか聞きたい。一番来てほしかったのは総理大臣」。
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°

上記アエラでは、7月27日の衆議院厚生労働委員会で、参考人として出席した東京大学アイソトープ総合センター長の児玉龍彦教授(58)の発言が取り上げられている。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
児玉教授の厚生労働委員会発言要旨
私は満身の怒りを表明します

3月15日午前9時ごろ、茨城県東海村で5マイクロシーベルトという線量を経験し、文部科学省に直ちに通報いたしました。その後、東京で0.5マイクロシーベルトを超える線量が検出され、3月21日には東京で雨が降り、0.2マイクロシーベルトの線量が降下し、今日に至るまで高い線量の原因になっていると思っています。
このときに枝野官房長官が差し当たり健康にあまり問題はないということをおっしゃっていましたが、私はそのときに、実際にこれは大変なことになると思いました。
アイソトープセンターで計算すると、熱量では広島原爆の29.6個分相当が漏出しております。ウラン換算では20個分。
さらに恐るべきことには、原爆による放射線の残存量と原発からのそれは、1年たって原爆が1千分の1程度に低下するのに対して、原発からの放射性汚染物は10分の1程度にしかならない。今回の福島原発の問題はチェルノブイリと同様、原爆数十個分に相当する量と、原爆汚染よりもずっと多量の残存物を放出したということです。
となると、まずは汚染地で徹底した測定ができるようにしなくてはいけません。われわれが5月下旬に南相馬市を訪れた際には線量計は1台しかなかった。実際は米軍から20台の線量計が来ていましたが、英文の解説書を解読できる人がいなかったのです。
食品検査についても、いまはイメージングベースの測定器というものがあるのに、なぜ政府はお金を出してもっとたくさん作らせようとしないのか。そのようなことがまったく行われていないことに、私は満身の怒りを表明します。
プルトニウムを飲んでも大丈夫と言う東大教授がいると聞いて、私はびっくりしましたが、アルファ線は最も危険な物質です。内部被曝について、先ほどから一般的に何ミリシーベルトという形で言われていますが、そういうものは全く意味がありません。ヨウ素131は甲状腺に集まりますが、トロトラストは肝臓に集まります。セシウムは尿管上皮、膀胱に集まります。これらの体内の集積点を見なければ、全身をいくらホールボディースキャンをやっても意味がありません。
疫学的な証明というのは非常に難しくて、全部の事例が終わるまで証明できない。ですからいま、子どもを守るという観点からは、全く違った方法が求められます。補償の問題と線引きの問題と子どもの問題は直ちに分けてください。子どもを守るために全力を尽くすことをぜひお願いします。
私は緊急に次のことを提案したいと思います。1番目に、国策として日本が持っている最新鋭の機器で食品、土壌、水を抜本的に改善してください。これは今の日本の科学技術力で可能です。2番目。緊急に、子どもの被曝を減少させるために新しい法律を制定してください。3番目。国策として、土壌汚染を除染する技術のために、民間の力を結集して、現地に除染研究センターを作ってください。
7万人が自宅を離れてさまよっているときに、国会は一体何をやっているのですか。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

大気放出された放射性物質が、土に、水に降り注ぎ、体内にとりこまれている。

岩手、宮城、福島から東京まで、広い範囲で、被曝は避けられない事態になっていて、

しかも福島原発がまだ大気に放射性物質を出し続けているなら、

暫定ではない、長期に使える被曝の安全基準が大至急必要だと思う。

福島の子どもたちに「大丈夫だよ」と言ってあげられる環境と、確かな基準の整備を。

2011年8月16日 (火)

夜の嘔吐と耳

ご飯は、手作り食のかん太。

けど、

緊急時にはそれが難しいと、震災で知った。

だから、緊急時のフードの備蓄をしておくことに。

生肉は備蓄できないから、ドライフードと、缶詰。

ドライフードは時々お楽しみで食べている、さかい企画のHappy Love。

でもこれだけだと、飽きちゃう気がcoldsweats01

「犬は一つのモノを食べ続けて飽きることがない」って何かで読んだけど、

かん太の場合は、とり肉、ラム肉、馬肉、ターキー、魚と、

いろんなものをぐるぐる食べさせているせいか、

完璧におんなじ食材で3週間くらい食べさせ続けると、ちょっと飽きてくる。

ま、いろいろ食べたほうが栄養バランス的にも良いからねheart04

で、備蓄用に、缶詰も買ってみた。

評判の良い、アーテミス。

緊急時にいきなりあげたら、食べ慣れなくてびっくりするかも。。。

と、昨夜試食させたら、

無我夢中でがっつくじゃんshine

しかーし、

夜中に3回吐いちゃったshockdown

そのうえ、耳の中も真っ赤に腫れて、痒い痒いsad

夜中の3時に、嘔吐と耳炎down

寝るどこじゃない

こんなときにお助けは、ホメオパシー

自己治癒力で、何とか朝までがんばってもらいましょう。

吐き気に、ARSで様子をみて、IPEC

普通はここで収まるんだけど、

まだ吐き気が強そうなので、MERC

まだ収まらないので、かん太によく効く MERC-C

耳炎には、まずは急性だったのでACON、

それから、右耳だけが膿んで熱を持っていたので、BELL

注:ホメオパシーのレメディはあてずっぽうです。参考不可!!

ここまであげたら、かん太、コテンと横になって、

いきなりグースカピーsleepysleepy

おお、ヒットしてくれて良かった~heart04

私もめでたくベッドの中へ。

そして、今朝sun

ウンチはちょっとゆるかったけど、元気満点の、かん太dogheart

耳も炎症がとれて、もう痒くも痛くもない。

けど、念のために、近所の病院へ。

一応耳をクリーニングしてくれた、獣医さん、

「初めての缶詰で、お腹がびっくりしたのもしれないですね。

耳の内側も皮膚の一種なので、何か身体になじまないものを食べた時に

じんましんのようなものがでたりすることは、ありますよ」

へえ、そうなんだeye

じゃあ、嘔吐と耳炎は、どっちも排泄反応というか、自浄作用みたいなもんだったんだ。

缶詰、中身がリッチすぎたかな?

給餌量も、一口くらいからにすれば良かったのかも。

かん太、ごめんよcatface

2011年8月14日 (日)

初盆

実を言うと去年まで、お盆がいつから始まっていつ終わるのか、よく知らなかった(〃ω〃)

だって、いつも、オオ母さんが采配をふるってくれてたから。

私はただ指示に従えばよかった。

オオ母さんはしきたりごとに詳しくて、オオ母さんの言う通りにしていたら、間違いないshine

そのオオ母さんは、もういないweep

今年は、私がお盆の準備をするね。

けれど、当然ながら、何もわからないcoldsweats02

親せきの近所の雑貨屋のおばさんに、一から教わる。

月命日にお参りに来てくれるお寺さんに、なんでも聞く。

恥ずかしがってはいられない。

13日のお昼までに御墓を掃除して、しきびとほうずきをあげること、

しきびとほうずきは、雑貨屋さんで手配してくれること、

13日の夜に、お墓に提灯を灯すこと、

初盆のお参りを、お寺さんにたのむこと、

お供え物は、乾燥したそうめんをあげること・・・

それと、当日までに雑草ボサボサの庭を何とかして、

部屋を掃除して、

お茶菓子を用意して、

仏花もお盆用のに取り換えて、、、

一体お盆に間に合うのか、粗相はないかと、一杯一杯sweat01

救ってくれたのは、

オオ母さんが生前縁を結んでいた方々の優しい気遣い。

それと、サトさんの当日のがんばり(笑)

おかげ様で、何とか無事、初盆をお迎えできました。

オオ母さん、オオ父さん、そして、おばあちゃん、力を貸してくれてありがとうheart01

支えてくださった皆さん、ありがとうございました。

どうかこれからも、サトさんともども、よろしくお願いいたします(//∇//)♪

2011年8月10日 (水)

ひえひえ君

今日は、ドーベルマンのアーロン君が宣伝に一役かっている、
碧南のやきいも丸じゅんさんに行ってきました~happy01heart04

わ、いきなりアーロン君登場(≧∀≦)♪

Marujun1

冷めても美味しい焼き芋を追求しているというこのお店、
冷たい焼き芋なんて、聞いたことないけど、そんなに美味しいのかなあcatface??

Marujun2

一口食べて、びぃっ~~くりhappy02shine

まったりとろとろなのは、芋ようかんのようでもあり、
甘くてこくがあるのは、大学芋のようでもありheart02

こんな焼き芋食べたことなーい(✿ฺ´∀`✿ฺ)ノ
超うまうま~(๑→‿ฺ←๑)♫

Marujun3

。。。と、あれ?!
いつもなら、こんな時は足元でガン見しているはずの、かん太がいない

と思ったら、定位置で平然としてる~Σ(゚∀゚*)

Marujun4

おおっeye
人間の食べ物にいちいち反応しないのが、森田流わんこなんだよね。

教えてもないのに、なんかわかってきたのかなあheart01 (←期待しすぎ(//∇//))

丸じゅんさんでは、甘みの少ないおいもを、わんこのおやつに
プレゼントしてくれるのです~♪v(⌒o⌒)v♪

だから、かん太の分もあるんだよ♡

気にいって、おかわりしましたよ♪

丸じゅんさん、ありがとうdogheart

定期検便してもらう、あさおか獣医さんのすぐそばだったの~
碧南に行く楽しみが増えちゃったわscissors

アーロン姉さん、お勧めありがとうshine

2011年8月 8日 (月)

呼び戻し練習

6月頃からやり直ししていた、かん太のしつけ。

家の中をどこでもうろうろして、好きな時に好きな所に行って好きな
ことをしていた、かん太。

それでも問題ないと思っていたんだけど、扉を開けて勝手にどこかに
行ってしまい、洗剤食べたり、いたずらしたりしたりsaddown

だから、母ちゃんや父ちゃんのお許しなくうろうろしたり、いたずらしたり
しないよう、森田流の最初に戻ってしつけをすることにしたんだよね。

森田流のしつけでは、「だめ」という言葉を使わない。

主従関係をしっかり作り、人間のルールを教える。使う言葉は「よしよし」だけ。

そして、ほめる、しかるというアプローチをとらない。

従順な心理かそうでないかを見て、従順な心理を飼い主が受け止めて、育んでいく。

このツボが、わかるようで、難しい~coldsweats01

かん太の場合、支配性の心理、野生の心理、勝手な心理になること多々。

これを、いつも従順な心理でいられるように、まず基礎の基礎になる
主従関係を作っていく。

目下取り組んでいるのは、「来るときには来て、来ないときには来ない」
という犬任せだった呼び戻しの練習。

一カ月前。従順でない心理のかん太。

そして、今日。

まず、家の中で呼び戻しができるようになって、ステップ1をクリア。

ステップ2に移って、屋外でも練習してみることに。

穏やかに歩いて来れたのは、従順な心理の表れ(*^(エ)^*)

けど、まだまだ油断ならないcoldsweats01

穏やかな心理が完成するまで、大好きなボール遊びを封印してるんだけど、

かん太、太っちゃったからな(〃ω〃)

秋にはまたボール遊び再開できるように、従順な心を育てようdogshine

2011年8月 6日 (土)

富士登山(6)

目指すは、八合目の山小屋。

ガイドさんの指示に従って、前の足に体重をかけながら小またで、

ザレザレの道をすべりそうになりながら、下山。

一歩出す度、太ももがプルプルいう~crying

Fuji25

御鉢巡りの参加者全員が宿舎に着いたのは、夜7時。

でも、

長い一日だったなあ。。。

なんて振り返るヒマはないのですcoldsweats01

山小屋に着いたら、荷物をおろしてすぐに夕飯。

夕飯は、富士山の山小屋はどこでも同じ、カレー。

Fuji33_2

お腹すきすぎ~とばかりにがっついていたら、

「体調に自信のない方は、全部食べない方が良いですよ」と添乗員さんからの指示。

え、どうしよ?!coldsweats01

一瞬手が止まったものの、空腹には勝てず、

おやつの富士山チーズまんじゅうも含めてすっかり完食

その後はトイレを済ませてすぐベッドに移動。

御鉢巡り断念組が既に眠っている部屋は、超静か。

しかも、男女雑魚寝なので、下着を替えるわけにもいかず、

歯ブラシをザックから取り出して歯を磨きに行くのも、音がするし外は寒いしでためらわれ、

結局、着のみ着のまま、歯も磨かずに寝ることに^^;

寝床は、一人半畳分の寝袋のスペース。

左側に3人分の足。右には2人分の足(^◇^;

Fuji34

就寝中は、寝がえりの時にこみあげてくる気持ち悪さ、夜中の12時の地震、

ご来光登山組の2時出発のアナウンスなど、

もろもろの要因でやっぱり熟睡できないまま、3:30起床。

ぼんやりした頭で外にでると、何と素晴らしいご来光がfuji

Fuji28

やっぱり来てよかった~cryingheart02

良かったね~heart01

終わり良ければすべてよし。

歯は、下山後に立ち寄る温泉で磨けば良いもんね。

それより何より、こんなすごい経験をさせてもらって、ありがとう。

みんながいてくれたおかげだよshine  

と、あとは下山のザレ道3時間さえも楽しく感じたのでした。

Fuji29

【完】


富士登山(5)

決断とはつまり、「御鉢巡りに行くか、行かないか」

この時点で既に夕方4:00。

朝出発してから、休憩も含めて既に9時間半が経過し、身体はくたくた。

でも、頭のだる重感は悪化してなかった、私。

ここまできたら、せっかくだからね、

山頂を1周する御鉢巡りに挑戦shine

目指すは、山頂の中でも一番高い、剣が峰。

正真正銘の3,776mで、富士山測候所のあった所。

Fuji20

バスケットの仲間は、2人断念して、4人で行くことに。

御鉢巡りは寒いと聞いて、防寒用にレインコートを着込んで、いざ出発sign01

歩き始めると、今までの疲れはどこへやら、

山頂にいる高揚感からか、足も身体も軽い軽いhappy01heart04


剣が峰の中でも正真正銘の日本最高地点を示す、赤いマークも発見heart01

Fuji30

ツアーで一緒になった、78歳の「山の師匠」さんの音頭で、この場所で♪富士山♪まで

歌ってきちゃいました(//∇//)

山頂には、奥に2つ目の神社あり。

Fuji22


今朝のNHKの情報によれば、この神社で、一昨年は7組、昨年は22組が挙式したとか。

すごい山ガールもいるもんですねhappy01heart04

でも、確かにすごい景色♡

Fuji31

そして、あと少しで御鉢巡りも終わりという頃、西日で雲海に影富士が出現heart02

Fuji23

思わず見とれて疲れを忘れる、御鉢巡りでしたconfidentheart01

っていうか、疲れたのは、この後crying

山小屋までの下り~shock

→(6)に続く


2011年8月 5日 (金)

富士登山(4)

今夜の宿舎になる八合目富士山ホテルに到着したのは、1時間半後の午後1時(^◇^;

遂にここまで来れた~crying

なんて感慨にひたる間もなく、食堂に通されて、あわただしくご飯開始。

朝配布されたおにぎりのほか、みそ汁¥400、ココア¥400を注文。

Fuji16

温かい飲み物、泣けるほど美味しかった~weep

食事が終わると、ガイドさんと添乗員さんがやってきて、

「ここで、頂上まで行く方と、行かない方に分かれてもらいます」との話。

「決して無理はしないでください。体調の悪い方は残ってください」

前頭部がだる重く、ほてるようにも感じていた私は、超動揺。

どうしよう、どうしようcoldsweats02

一緒に参加したバスケットの仲間5人には、足のけがを治療中の人たちもいる。

みんなどうするのか、様子をみていると、

「よし、行こうsign01」の声。

え、みんな行くの??

「じゃあ、私も行きますっpapershine

。。。かくして、ぼやぼやしている暇もなく、あっという間にまた出発。

本当に頂上まで行けるのかなcoldsweats01

けれど、私の症状は悪化するどころか逆に落ち着いてきて、

無事に9合目に到着。

Fuji17

もう頂上は目の前heart02と思うと、足取りはますます軽くなり、

気がつくと、目の前に狛犬がeyesweat01

Fuji18


ガイドさんの話によれば、富士山頂は浅間神社の境内で、どこの県にも帰属しないのだとか。

この鳥居をくぐれば、そこはもう山頂の神社の敷地なんだ~shineshine

そしてついに、頂上に到着O(≧∇≦)O

Fuji19

バスケットの仲間も、次々ゴール。やった~~cryingcryingcrying

嬉しいことに、6人そろって登頂成功shineshine


けれど、喜びの時間もつかの間。

集合となった私たちは、さらなる決断に迫られたのですcoldsweats02


→(5)に続く


富士登山(3)

この岩場、そんなに続くの~saddown

衝撃で固まる参加者の様子を見て、ガイドさん、すかさず大きな声。

「さあ、がんばって登るぞsign01

つられてみんなも「オーrocksign03

単純なんだけど、お腹から大きい声を出すと不思議とパワーがでるもので(//∇//)

私も含めて全員、元気に登山再開shine

Fuji11

そして、ここから段々「日本一の山に登る」実感がわいてくることに・・・

そう。いよいよ高山病との戦いの始まりはじまりshock

旅行会社の添乗員さんによれば、高山病はまずあくび、頭痛、めまいとなって現れて、

最終的に吐き気を催すのだとか。

予防法は、深く呼吸をすることと、水分を摂ること。

症状が現れたら、酸素を吸って安静にすると良いそう。

「はい、ここから高山病気をつけて」っていうラインがあるわけじゃないけど、

7合目を超えたころから、「口から長--く息を吐いて、吐ききったら

鼻から自然に吸ってください」という添乗員さんの指示がちょくちょく耳に入るようになり、

休憩のときに、「シュー」「シュー」と酸素缶を吸う音がそこここから聞こえるようになった。

そんな光景、よその山では見たことない(って、たいした経験もないけど^^;)

ああ、やっぱりここは富士山なんだ~fuji

。。。なんて、感慨にひたる余裕は実際にはなくcoldsweats01

前の人の靴だけ見ながら、ひたすら登る、登る、登る

唯一のなごみ要素は、がんばって咲いている1-2種類のお花たち。

Fuji12

Fuji13

そして遂に、8合目到着!

岩場の登りも無事終了。やったーhappy02heart04

Fuji14

時刻は既に11:30。

朝ごはん用のおにぎりはとっくに食べ終え、段々小腹も減ってきた。

でも、8合目に着いたからと言って、すぐにお昼休憩ってわけじゃない。

7番目の山小屋を目指して、まだまだ登りは続くのだcoldsweats02

Fuji15

→(4)に続く


6.8kg

あさおか獣医さんでの定期健診でびっくり。

かん太の体重、まさかの6.8kgwobbly

6.4kgから増えたことなかったのに~

今までは太れない悩みがあると思っていたけど、

その悩みからいつの間にか卒業したってことかなcoldsweats01

めでたいやら何やらちょっと複雑(^◇^;

今日は、水分過多と消化不良でお腹にガスがたまっていてよろしくない、

とのことで、漢方薬と毒だしのハトムギをもらってきました。

かん太、明日からご飯は3割カットだよ~sweat01

2011年8月 4日 (木)

子どもと仲良く♪

今日は近所の保育園で夏祭り。

夜の散歩の最中に、夏祭りから帰ってくる子どもたちのにぎやかな声が聞こえてきました。

突然の物音に、かん太、すばやく反応coldsweats01

大丈夫だよ、とその場で止まってヨシヨシしていると、

「あ、かん太君だ」と言って、小さな姉妹が追い越し際に立ち止りました。

妹さんの手には、七色の光線を放つ柔らかいヨーヨー

お姉ちゃんの手には、七色の光を放つLPレコードほどの輪っか。

どちらのおもちゃも、暗い所でピカピカとってもきれい。

妹さんは、かん太の目の前でヨーヨーをぶーらぶら。

お姉ちゃんは、輪っかをかん太の頭のすぐ上にもってきて、天使の輪のようにしてみたり、

首輪のようにちょっと頭にくぐらせてみたり。

昔のかん太なら、そういうおもちゃにはもれなく反応して、ガウガウ飛びついたはず。

ところが、今日は違った。

おもちゃには、全く無反応。

むしろ、姉妹が遊んでくれるのが楽しいのか、

座ったままの姿勢で、二人の様子を見守ってました。

そして、妹さんが出した手を、くんくん、チュheart

お姉ちゃんが出した手も、くんくん、チュheart

二人とも「うふふheart04」と笑って、

「バイバイ」とお別れしました。

子どもとみればガウガウ強気で支配性を見せていたのは、もう過去のことなの?

かん太、なんか良いじゃんshine

これも、いーちゃん効果かな?!(*^(エ)^*)♪

富士登山(2)

6合目手前あたりで森林限界を抜けると、

さすがは火山!という感じ満点の、溶岩っぽい小石の道。

Fuji8


ザクザクいわせながら歩いていると、耳に、ポッコポッコという音

へ?(。・ω・。) と思って振り向くと、何とお馬さん。

5合目から7合目までは、お馬のサービスもあるのだとか。

Fuji6

このお馬さんも、出動要請受けたのかな?

がんばってねheart04

そして間もなく、今度は、ゴーゴーガーガー音

は?工事ですか?と思いきや、

荷役用のブルドーザーが、向こうの専用道を走ってました。

富士山は風が強くてヘリが使えないので、山小屋への物資の搬送は、ブルが活躍してるんだとか。

Fuji7

なるほどねえ。

視界も悪いし、前の人の靴だけ見ながらひたすら歩いていると、

「ここから岩場です。ストックをしまって、手袋をつけてください。

手も使って登ると、登りやすいですよ」と、ガイドさんの声。

岩場~shock

岩場は勘弁してほしいけど、もう行くしかないcrying

Fuji9

「8合目あたりまで、ずっと岩場です」と聞き、「ひーsweat01

でも、そこはプロのガイドさん。

ジグザグの登りで疲れる前に休憩の指示。

このタイミングがとてもナイスgoodshine

そうこうするうち、7合目に到着。

Fuji10_2

わーいヾ(*´∀`*)ノ゛heart04

八合目でお昼なら、あと少しじゃんnote

今8:30だけど、昼前には着いちゃうんじゃない~? d(⌒o⌒)b

なんて、浮かれちゃったの、大間違いdown

「7合目には山小屋が7軒、8合目には8軒あります。

皆さんがお昼を食べるのは、頂上から2つ目の山小屋、

まだここから、22ジグザグくらいあります」

ひえーcoldsweats02

→(3)に続く


2011年8月 3日 (水)

富士登山(1)

今回の行程は、2泊3日の山岳ガイドつき登山。

夕方6時にバスで出発して、5合目の山小屋、雲上閣に到着したのは、夜中の12時頃。

通路なくびっちり布団の敷き詰められた部屋に、31人が就寝。

他人のいびきで眠れないかと思いきや、熟睡してる人はいないらしく、

部屋は不思議なほど静か^^;

私も、目をつぶり横になってはいても、耳はずーっと起きている状態。

身体は休めたいけど、脳のどこかが興奮していて眠れない。

興奮を鎮めるために、めい想、めい想。。。。

と、そうこうするうち、人が起き始める。

私も4:30頃起床して、配布された<朝食用おにぎり3個、昼食用おにぎり3個>のうち、1個を食べる。

支度をして外に出ると、

Fuji1

なーんにも見えないcoldsweats01

天気予報もわからないまま、集合。

この方が同行してくれる山岳ガイドさん。

Fuji2_2


ひと夏の間に20-30回はガイドとして富士山に登るという、富士山のスペシャリスト。

このガイドさんの巧みなペース配分と41人のメンバー一人ひとりへの適切な目配りがあったことが、今回の登頂成功のカギの一つでしたsign01

みんなで準備運動をして、朝6:20いざ出発♪

最初は、気持ちの良い木立の道。

Fuji3

思い思いにおしゃべりしながら、楽しいウォーキング。

休憩をいれながら、ほぼ平坦な道を歩くこと約1時間で、6合目。

Fuji4
*クリックで写真拡大。「戻る」で戻ってください。

ここでトイレ休憩。簡易トイレ、1回200円なり。

Fuji5

相変わらず、すごい霧。

周囲の景色、一切見えず^^;  

→(2)に続く


富士山考

山と言えば、ハイキング。

ハイキングと言えば、楽しいもの。

・・・と思ってた。

でも、富士山は違った。

行ってわかったことだけど、

富士山はハイキングの山じゃあない。

だから、歩いていて楽しかったかと言われると、違う。

雑魚寝で眠れない夜のめい想、

高山病予防の呼吸法、

水分のとり方、エネルギーのとり方への配慮、

一緒に登る仲間とのチームワーク、

全てに真剣さが求められる。

ただし、真剣にやっても登れないこともある。

天候に阻まれたり、

一緒に登る、家族の誰かが動けなくなったり、

自分が動けなくなったり。

逆に、気軽な挑戦で登れることもある。

だから、難しい。

富士山=運だめし

という人もいるかもしれないけれど、

振り返ってみると、

私にとっては、ちょっと違った。

山頂にたどり着いた時の感謝の気持ち、

下山できた時の達成感、

そして、家に帰ってからかみしめる充実感。

つまるところ、

富士山=自己修練

修行と言ってもいいのかな。

短いから、プチ修行?!coldsweats01

いやいや、プチでも十分濃~い経験だったってcatface

2011年8月 1日 (月)

富士山

富士山

何とか登頂できました
 

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »