« 富士登山(5) | トップページ | 呼び戻し練習 »

2011年8月 6日 (土)

富士登山(6)

目指すは、八合目の山小屋。

ガイドさんの指示に従って、前の足に体重をかけながら小またで、

ザレザレの道をすべりそうになりながら、下山。

一歩出す度、太ももがプルプルいう~crying

Fuji25

御鉢巡りの参加者全員が宿舎に着いたのは、夜7時。

でも、

長い一日だったなあ。。。

なんて振り返るヒマはないのですcoldsweats01

山小屋に着いたら、荷物をおろしてすぐに夕飯。

夕飯は、富士山の山小屋はどこでも同じ、カレー。

Fuji33_2

お腹すきすぎ~とばかりにがっついていたら、

「体調に自信のない方は、全部食べない方が良いですよ」と添乗員さんからの指示。

え、どうしよ?!coldsweats01

一瞬手が止まったものの、空腹には勝てず、

おやつの富士山チーズまんじゅうも含めてすっかり完食

その後はトイレを済ませてすぐベッドに移動。

御鉢巡り断念組が既に眠っている部屋は、超静か。

しかも、男女雑魚寝なので、下着を替えるわけにもいかず、

歯ブラシをザックから取り出して歯を磨きに行くのも、音がするし外は寒いしでためらわれ、

結局、着のみ着のまま、歯も磨かずに寝ることに^^;

寝床は、一人半畳分の寝袋のスペース。

左側に3人分の足。右には2人分の足(^◇^;

Fuji34

就寝中は、寝がえりの時にこみあげてくる気持ち悪さ、夜中の12時の地震、

ご来光登山組の2時出発のアナウンスなど、

もろもろの要因でやっぱり熟睡できないまま、3:30起床。

ぼんやりした頭で外にでると、何と素晴らしいご来光がfuji

Fuji28

やっぱり来てよかった~cryingheart02

良かったね~heart01

終わり良ければすべてよし。

歯は、下山後に立ち寄る温泉で磨けば良いもんね。

それより何より、こんなすごい経験をさせてもらって、ありがとう。

みんながいてくれたおかげだよshine  

と、あとは下山のザレ道3時間さえも楽しく感じたのでした。

Fuji29

【完】


« 富士登山(5) | トップページ | 呼び戻し練習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うんうん、やっと朝日が拝めましたね・・・・。
やっぱり富士山に登るのは大変なんだ。 高山病を心配しながら、疲れとの戦い?
雑魚寝状態を見ると、富士山への挑戦にはチョット尻込みをしますね。

kenn-sannnote

いやいや、同じツアーはkenn-sann世代の方が殆どでしたよ^^
上はなんと超元気な78才ですから、まだまだ大丈夫rockshine
ずーっと曇りで景色を楽しむことはできなかったのですが、
その分、太陽光線も柔らかく、雨にもあわず、登りやすく下りやすい
コンディションでした。
ご来光を8合目の宿で見るという時間の設定は、他の登山ツアーと
時間がずれていたらしく、登山道もすいていて超らっきー♡
夜眠れないのはきつかったですが、終わってみると楽しい登山
でしたhappy01heart04
一度はお勧めですよ(*^(エ)^*)♪

かん太ママすごいなぁ。
私は一度重度の高山病にかかり死にかかった経験あるので
半分トラウマ状態のため、富士山もあこがれつつも、二の足踏んでしまってます。
でもかん太ママの登山レポで、なんか自分が行った気になってしまって
うれしいかんじです。

ところでかん太ママ、かん太クンは猪のお肉や骨食べさせてみたいですか?

アーロン姉さんnote

高山病って、重くなるとそんなにひどくなるものなのですかwobblysweat02
高山病は体質に関係するとのことで、見た目ではわからないし、普段運動している
かどうかも関係ないと、説明会の時に言われ、私もかなりドキドキでした。
ツアーは、かなりゆっくりペースで何度も休憩を入れながら登るので、今回はそれに
助けられた部分は大きかったと思います。あと、水のボトルに数滴たらすと
「酸素水」になるという液体濃縮酸素を買って、3日前から酸素水を作って飲み、
身体の酸素取り込みが良くなるように願掛けしてました(〃ω〃)

>かん太クンは猪のお肉や骨食べさせてみたいですか?
うわあ、すごいお誘いありがとうございますheart02
かん太大喜び間違いなしだと思いますdogshine
ただ、骨は以前、丸飲みして内視鏡で摘出した前科があるので、飲み込めない
ほど大きい未加熱のものだと嬉しいです。加熱した骨は、ミンチ状にするのでなければ、
消化力の弱いかん太には無理と獣医さんに前から言われていてNGですcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士登山(5) | トップページ | 呼び戻し練習 »