« 塩こうじブーム | トップページ | 呼び戻しは今。。。 »

2012年4月12日 (木)

マーガレット・サッチャー

さすが、圧巻。確かにアカデミー賞だわshine

Photo

まず、脚本がすごいshine

実在の人物をこんな風に書ける脚本家がいることが、驚きheart02

脚本といえば、NHKの朝ドラのカーネーションを書いた渡辺あやが私の
中ではNO1なんだけど、アビ・モーガン恐るべし!!

しかも、このアビ・モーガンを差し置いてアカデミー賞脚本賞をとったのは、
ウッディ・アレン監督のミッドナイト・イン・パリだというから、世界は広いなあ。

次に、既に称賛の嵐だけど、メリル・ストリープの女優魂がすごいshine

最初出てきたときは、誰だかわからない。

誰かわからないほど女優が変化したといえば、私の中では今までのNO.1は
「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマンなんだけど、

今回もホーーーント驚いた∑(O_O;)
まだ生きていて誰もが知っているあのマーガレット・サッチャーが、年をとったら、
確かに今ごろこんな風じゃないのかなと思わせる、すごい現実感。

しかも、サッチャー政権下のイギリスの苦悩が赤裸々に表現されて
いて、当時のイギリスが想像を絶する苦しみを乗り越えてたからこそ
今の平穏があることがわかり、絶句。

もう一回見たい♡


« 塩こうじブーム | トップページ | 呼び戻しは今。。。 »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525803/54457673

この記事へのトラックバック一覧です: マーガレット・サッチャー:

« 塩こうじブーム | トップページ | 呼び戻しは今。。。 »