« きうりべイビー | トップページ | 犬を保護したら »

2012年8月26日 (日)

伊坂幸太郎かため読み

Photo

このところ池井戸潤ばかり読んでいたけど、
ある時、たまたまサトさんの書棚に池井戸潤が見つからなくて、
代わりに手にした、伊坂幸太郎。

今まで『陽気なギャングが地球を回す』しか読んだことが
なくて、読み応え軽っ!
と思っていたら、
ナントナント、誤解でありました(^_^;)

さだまさしの歌詞じゃないけど、
「それぞれの人生の中では、誰もがみな主人公」
を書いてみせようという意気込み。
こちらの話の脇役が、あちらの話の主役というふうに、
それぞれの作品は独立しながら緩やかにつながっている。
だから、一度読み始めたら、止まらない(笑)

しかも、いじめ、環境破壊、政治不信と独裁的政治家の台頭、
憲法改正、インターネットを使った危険思想者あぶりだしなど、
書きにくいはずの問題がどんどん出てくる。
何年か前に書かれたはずの作品が、今の社会問題とだぶる。

難しいテーマを扱っているのに、軽いタッチで書かれているから
サクサク読める。
そして、小説でしかありえない、どんでん返しの結末。

サトさんの一番のお勧めは、『モダンタイムス』なんだけど、
私は、処女作の『オーデュボンの祈り』が、かなりツボ(笑)
こんなに面白い作品を書いているのに、伊坂幸太郎が直木賞
作家じゃないのは、ナゾだなあ( ̄^ ̄)ゞ

ちなみに、
銀行の舞台裏を覗ける池井戸潤の小説も、素人に読みやすい
ミステリータッチで、なかなかグー(=´∀`)人(´∀`=)

« きうりべイビー | トップページ | 犬を保護したら »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

読書の秋ですねぇ。

重力ピエロは映画が良くて、本を後から読みました。

写真が逆さまだとなんか新鮮ですが・・・。wink

久しぶりですpaper

世学ですheart

一昨日の新聞で、「本やが次々と無くなっている」と書いてあって、とても驚きましたwobbly

私は本(雑誌やコミック等も)が無いと生きていけないので、本屋が全て無くなったら多分生きてはいない確率が大きいですshock

book

私は、最近気になっている作家がいますribbon

「湊かなえ」と言う作家ですpen

父に、知っている?と聞くと、「知らんなぁ」と言っていましたbearing

最近出した本だと、「白ゆき姫殺人事件」を書いた人ですapple

読んでみたいのですが、病が邪魔をして中々、本屋に行くことが出来ないでいますcrying

後(長いコメントですみません)、今日、病の先生から、「後一週間ぐらい様子をみて、調子が良かったらブログ始めても良いよ」と言われました~scissors

世学

アーロン姉さんnote

伊坂幸太郎は、書かれた順番に読むと味わい深いですよ(笑)
「オーデュポンの祈り」⇒「ラッシュライフ」⇒「重力ピエロ」の
順に、異なるストーリーがゆるく繋がりながら進んでいきます。
この3作品の中では、私の感想では「重力ピエロ」が一番
トーンが暗めsweat02
何でこの3部作の中では「重力ピエロ」だけが映画化されたのか
不思議なので、今度DVDで見てみようと思ってます(*^(エ)^*)♪

今回初めてipadから記事をアップしたところ、写真が逆さまに(汗)
使いこなすのに、ひと苦労ですねcoldsweats01

世学 ちゃんnote

湊かなえと言えば、「告白」ですよね。
なんか怖い本なのかと思って、気になりながら手を
出せずにいましたΣ(^∀^;)
でも、tsutayaに行くたび、DVDケースの松たかこが
誘ってくるような気がして、いつかは原作も読んで
DVDも見たいと思ってます(笑)

本はネットでも買えるけど、書店にディスプレイされた
本をあれこれみたり、書店のお勧めレビューを読んだり
すると、意外な本と出合えたりするので、本屋は
大事ですよね!!みんな本屋を大事にしよう~happy01rockshine

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525803/55514891

この記事へのトラックバック一覧です: 伊坂幸太郎かため読み:

« きうりべイビー | トップページ | 犬を保護したら »