« 買ってはいけない | トップページ | 愛♡コンタクト »

2012年9月30日 (日)

良かったDVD【邦画】

このところ映画館にはなかなか足が向かず、時間が
できると、ひたすらDVDな生活(//∇//)

邦画も洋画もごっちゃで見てるんだけど、中でもツボだった邦画が
2つ。

一つ目は、荻上直子監督の「バーバー吉野」
Barbar
※予告編はこちら

私も、秋田に転校した小4の頃、子供の前髪を左右段違いにカットする
理容院があって、男の子も女の子もその理容院に行くと、同じ前髪
にされた記憶がcoldsweats01

それが、単にイヤを通り越して、子供にとっては恐怖。
だって、そんな変な前髪、一人だけでも恥ずかしいのに、
弟も、同じ前髪。
学校でもときどき、同じ前髪の知らない子を見かける。
道路でもときどき、同じ前髪の知らないことすれ違う。

やーめーてーーーーshockshocksweat01

でも、今考えれば、子どもの髪型としてはめんこかったかも(笑)
ただ、子どもは大人が思うほど子どもじゃないというか、外見を気にする
生き物なんだよねsmile

バーバー吉野で、そんな子どもの世界と「可愛いからいいじゃない」的な
大人の世界を行き来するのは何とも幸せで、すっかり好きになっちゃった。

「かもめ食堂」もツボだし、荻上作品、サイコーgoodshine

もう一つ、超笑えたのは、
役所広司と小栗君の「キツツキと雨」

Kitutuki
※予告編はこちら

役所広司の新境地というか、今までの役所さんのイメージを払しょく
してしまうほど、役所広司、すごいhappy02shine、面白いsign03(笑)

小栗君は、最初はぶっちゃけ「何でこの役に、小栗君?」って感じ
なんだけど、後半に行くにつれ、小栗君=幸一君、幸一君=小栗君
になっていく。

その他、脇を固める俳優陣のすごいこと!爆笑また爆笑で、ホント気持ちよく
笑わせてもらいました(≧∀≦)♪

こちらは、「南極料理人」の沖田修一監督の作品。「南極料理人」もツボ
だったけど、「キツツキ」も最高に良いheart04

ほんわかしたい時の荻上直子作品、笑いたい時の沖田修一作品、
どっちも満点happy02goodheart04

« 買ってはいけない | トップページ | 愛♡コンタクト »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

うわっ、「かもめ食堂」、「めがね」、大好き、「トイレット」も見ました。
荻上監督がどストライクな私。 かん太ママも好きなんて、なんかうれしいなぁ。happy01
「レンタネコ」はまだ観てないんですが、もうDVDになってるんかな。
時々、ガス抜きしたい時なんか「かもめ食堂」観ますよ。 
「マザー・ウォーター」は荻上監督じゃないですが、製作スタッフが「かもめ食堂」の
メンバーだったので観ましたが、これも嫌いじゃなかったです。

「南極料理人」もどストライクでした、なにげに手に取った作品ではありましたが。
(コピーしときゃよかったなぁ~的作品)

「キツツキと雨」もうDVDになってました? 行かにゃ、あかんわ。


映画館は、少し苦手な私down

いつも、映画はDVDで観ていますpaper

この間の日曜日、久しぶりにレンタル屋さんに行って、オードリーヘップバーンの「暗くなるまで待って」を見ましたribbon

ドキドキ・ハラハラで、とっても面白かったですlovely

次はヒッチコック監督の「サイコ」を見ようと思ってますflair 心光世学

アーロン姉さん note

私はあんまり監督名を見てDVDを選ぶ方じゃないんだけど、
ストライクに入った映画がたまたま同じ監督の作品だと
「お~~」っと嬉しくなりますね(*^(エ)^*)♪
荻上さんのトイレットとめがねは、いつもタイトルをど忘れ
してしまうのですが、今度しっかり借りてこようと思いますhappy02papershine

心光世学ちゃん note

「暗くなるまで待って」は、高校生のときに見たきりですが、
確か怖い映画だよね。ヘップバーンものと思って油断して
いたら、思ったのと違う展開で涙目になった記憶があります。

ヒッチコック監督のも、じっとりと怖~いよねcoldsweats02
私はサイコホラー系は全部苦手なんだけど、見るなら心光世学
ちゃんのようにCGのない昔の映画が良いですwinkheart04

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525803/55785251

この記事へのトラックバック一覧です: 良かったDVD【邦画】:

« 買ってはいけない | トップページ | 愛♡コンタクト »