« カレンダー | トップページ | つま恋 »

2012年11月21日 (水)

白の魅力

白の魅力

ワイン教室なう
6人で3本半
一級畑のシャブリもお代わりできて、ちょうどご機嫌でっす

« カレンダー | トップページ | つま恋 »

コメント

kenn-sann

私もワインはわっかんないなーと思っていた一人ですし、
今でもよくわかるわけじゃないですよ
でも、口に含んだ時の渋さとか甘みとか酸っぱさとか
独特のカビ臭さ(?!失礼・苦笑)の中に、自分の好みを
見つけたときから、また同じぶどうの品種で飲んでみたい!
とか、違う品種だとどんな風に感じるのかな?とか、
ちょっと関心がわいちゃいました(≧∀≦)♪

それに、岡崎に超すごいワインショップがあると友人に
教えてもらい、行ってみると「羊のローストと食べる
2千円台のどっしり目のワイン」とか、「料理に入れてよし、
飲んで良しの1000円以下のワイン」とか、「鶏肉のグリル
に合わせる、3000円台のスパークリング」とか、とにかく
要望通りのワインが10秒くらいでパパッとでてくる、
魔法のような場所

そこのワインショップの店長さんが、今回は講師を
されるというので、ワイン教室に参加してみたってワケです
自分が詳しくなくても、詳しい人のそばにいれば、美味しい
ワインが飲めますもんね(笑)

酒の飲めない私。
ワインにどうして赤と白があるのか、よく判らない。
ましてや味の区別など全く判るはずがない。
しかし、ヨーロッパなどは、食事にはまずワイン選びからはじまるようで、なんとなくワインが重要なんだと思うのだけれど。彼等はどうしてあんなにワインにこだわるのかな~・・・。
産地は何処で、何年ものなのかとか、とにかくこだわるんですよね・・・。

飲んでみればわかるわよ! と言われそうですが・・・。

酔いざめの水みたいなコメントでした。

アーロン姉さん
私も常には赤ワインなんだけど、今日のワイン教室は、
”白”の日だったんだよね~
白と言えばドイツの甘口マドンナが代表的だと思うんだけど、
今日飲んだのは、オーストラリアとフランスブルゴーニュの
ワイン。ドライで香りの強いリースリングと、まろやかな
シャルドネ。白の世界も幅広いとわかりました(//∇//)v
でも、ワインは、美味しく楽しく飲むのが一番!(笑)

それにしても、アーロン姉さん、一気に1本飲めるとは、
相当強いね。私は2/3くらい飲むともうフラフラ(@∀@*)世界が回る~♪
アーロン姉さん、酔ってアーロンに絡まないように!(爆)

多趣味でうらやましいです。

ちなみに私、情熱の赤、赤ワインが好きです。

コストコでNAPAのをGに薦められ買いました。
一人で1本いきまーす!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白の魅力:

« カレンダー | トップページ | つま恋 »