« 勘三郎さんを忘れない | トップページ | 忘年会@鮨安(上) »

2012年12月15日 (土)

飼い主さん!

Photo_3
*クリックで拡大可。

私はね、飼い主さんは、この子を捨てたんじゃないと思う。
犬と暮らすようになってから、福島で飼育放棄された牛も、こうして飼い主を待つ犬も、みんなかん太に見えちゃう
飼い主をこんなに待ってる犬を、飼い主が気にしてない訳ない
だって、強い関係を築くために、今まで沢山の時間と愛情をかけてきたはずだから。
そうでなかったら、わんこはこんな風にならないもん
きっと、何かよんどころない事情が、飼い主にあるに違いない。
その事情が気になる
誰か、飼い主さんを探して
犬に里親を見つけたとしても、犬は本当の意味では満たされない。
犬って、悲しいくらい、主人命な生き物なんだ、ちゃんと関係を育めれば、だけど。
かん太と私じゃあ、こうはならないよ
 
 

« 勘三郎さんを忘れない | トップページ | 忘年会@鮨安(上) »

コメント

ぱふさん

情報ありがとう。
飯田保健所のHP見て、びっくり。
12月の掲載分だけでも、
保護犬が、8日、10日、14日、17日、18日と、
わずか10日のうちに5頭も!!

これが人口の多い都市部だとどんな数字になるのか、
胸が痛いね

大平街道で保護されたこのわんこ、今日が飼い主
さんの発見を待つ最終掲載日。まだ飼い主さんが
現れた形跡はないけれど、飼い主さんが事故で
犬を探せない状況だということはないのかな。

なんかもう切なくてため息しかでないよ。
心ある事の運びとなりますように。

ところで、どこの保健所も飯田保健所のように、保護犬の情報を開示してくれると良いのにね。情報が沢山の人の目につきやすくなれば、きっと保護犬への姿勢も変わって行くような気がします。

ボランティアで預かりわんこの面倒を見ているお友達も記事にしていました。
冬場になると、猟犬の迷子が多いんですって。
なんだか、悲しいね。
この子が保護された地区の保険所は、保護されて、飼い主さんが見つかれば、見つかりましたよって
ネットにも報告がのるんですって。
いい里親さんが見つかるといいね。

アーロン姉さん

アーロンどころか、このまま餓死しちゃうんじゃ
ないかというくらいやせてますよね
シャリちゃんも、わさび大将ご夫妻が旅行で
留守のときは一切ご飯を食べなかったらしい
ですが、
日本犬の忠誠心はすごい。
かん太には、そういうところはないのが救い(?!)(苦笑)

わさび大将

周囲で大勢の人がざわついていたんでしょうね。
カメラのレンズもいくつも向けられてシャッターの
音がしている。

だから、不安な心理になって、右手が上がっている
んですね。かん太も、心が揺らぐと同じ仕草をします。

でも、どんなに不安でも、飼い主のことをしっかり
思い描いているから、耳が垂れている。飼い主のこと
だけを思って、この場に踏みとどまって待ち続けて
いるんですね。

こんな状況をもし報道で目にしたら、駆け付けない
飼い主はいないと思います。

まだ名乗りを上げてこないとすれば、飼い主自身の
体調が悪いとか、何か事情がある気がして・・・。

アーロンの体型とダブり、涙が出てきてしまいました。

なぜ、こんなことが。。。

絶対にシャリはこんな想いにはしません、可哀そうですね、この記事を見て二人で話してたんです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飼い主さん!:

« 勘三郎さんを忘れない | トップページ | 忘年会@鮨安(上) »