« 言葉がわかる? | トップページ | 三河三昧(その2) »

2013年3月29日 (金)

三河三昧(その1)

イギリスから、三河は初めてというお客さんがみえました。

さて、我が家の近所のどこを見てもらったら、日本に慣れていない
お客さんは喜んでくれるのか。。。

考えても分からない(爆)

なので、同じイギリス人のケリーに聞いてみたところ、

抹茶の工場が良い!!

とのこと。

へえ~?!eyeflair

それは私も行ったことがなかったな。

・・・ということで、なんとアーロン姉さんの紹介で、西尾のお抹茶屋さん、

松鶴園に工場見学に行ってきました。

我が家から車で30分rvcardash

近~い(。・ω・。)♪

なんとこの西尾、日本一の抹茶の生産地なのだとか。

灯台もと暗し。

知らなかったΣ(^∀^;)

抹茶の作り方も知らないから、私も皆さんと一緒に楽しんできました(笑)

抹茶用の木と煎茶用の木が違うとか、

作り方が違うとか、

愛知と静岡でも製法が違うとか、

話のおもしろいこと!

抹茶のことが良く分かると、抹茶が飲みたくなるcatfaceheart04

結婚の時に親が持たせてくれたお茶の道具、

20数年たって、ようやく陽の目を見る日が来ましたよcrying←嬉し泣き(笑)

前はオオ母さんがときどきたててくれて、私は飲むだけだったお抹茶、

今日は、自分でたててみました。

2013032911160000

お菓子はそのお客人がくれた東京土産。

自分でたてたへっぽこ抹茶でも、ほっとくつろげたから、あら不思議(*^(エ)^*)

抹茶にすれば茶ガラの掃除もないし、なかなか始末が良い。

実家の母さん、お茶の道具を私に持たせてくれてありがとう。

せっかく産地に住んでいるんだし、これからは時々飲もうwink

     

« 言葉がわかる? | トップページ | 三河三昧(その2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

西尾が抹茶日本一ってあまり知られてないよね。
西尾茶は宇治へ行って宇治茶になるんですって。
それにしても抹茶とは上品ですね。
我家に来た外国人には、ムスリム以外は全て お手製のお好み焼きが定番。
材料もお客に切ってもらい、焼くのもそれぞれにやってもらう。
抹茶も外国人に点ててもらうと面白いかも。

kenn-sannnote

>西尾茶は宇治へ行って宇治茶になるんですって。

京都でもお茶を生産しているけれど、量が足りないのかもしれないですねcoldsweats01
聞くところによると、西尾のお茶は、抹茶ようかんとか抹茶アイスの材料などとしてもかなり使われているようです。
工場は近代化されていましたが、お話が面白いので結構楽しめました。

>我家に来た外国人には、ムスリム以外は全て お手製のお好み焼きが定番。

お好み焼きeyesign03
確かに、自分で具を選べるから良いですよね。
しかも、自分で作るところからやると、面白さ倍増かも!
帰国後もやってみることができて、楽しみが広がりますよね。
我が家では、焼きそばにしました。
ホットプレートでみんなの前で焼いたのですが、わいわい楽しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525803/57063774

この記事へのトラックバック一覧です: 三河三昧(その1):

« 言葉がわかる? | トップページ | 三河三昧(その2) »