« 夜も一緒に | トップページ | インドアなお盆休み »

2013年8月14日 (水)

38℃はムリだった

ありえないほど暑かった、先週末。

遂に日本の最高気温は、41℃をマークだと( ̄∇ ̄;)

ここは日本と思っていたら大間違い。

暑さ的には、ほぼパキスタン。

行ったことはないけどね。

前に仕事で知り合ったパキスタン人が、異常に
夏の暑さと湿気に強くて、日本人もその他の外国人も
そろって夏バテ、もう仕事イヤです状態なとき、
一人だけ「俺の気候だ~~!」ときっちりネクタイして
爽やか笑顔だったの。
猛暑のときは、いつも思い出しちゃう(爆)

   bud  bud  bud

さて、生まれて初めて38℃越えを経験することになった
先週土曜、かん太を連れて車で出かけました。

お昼近くの出発で、気温は既に38℃くらいあったかも。

体温を超す気温がどれだけ怖いか、出かけた瞬間は、
ぜーんぜんピンときてなかった、私。

普段の暑い日と同じように、

まず乗車前に、扉を一つ開けた状態で別の扉をバンバンと
10回開け閉めして、暑い空気を抜き、

乗車したらすぐ窓を開けて、エアコンをMAXにして、出発。

通常は、これで徐々にエアコンが効いてきて、一件落着。。。

のはずがsign03

そうは行かなかったdowndown

広い道路は日光にサンサン照らされて、その熱を路面が
しっかりキープしてるらしく、ひどく暑い。

しかも、お盆を含めた夏の連休で、車が多く、
幹線道路でも40-50km/hのスロー運転。

路面40℃で、50km/h。しかも、信号で止まり止まり。

そうなると、どうなるか。

答、

走っても走っても、エアコンが効かない。
走れば走るほど渋滞にはまる。

気がつけば、

かん太は、熱中症寸前にshocksweat01sweat01

後部座席にいるかん太に目をやったときには、既に
今まで聞いたことがないほど呼吸が速い。

カハカハカハカハカハカハカハカハカハカハカハ

口の周囲がうっすら白っぽい。

eyesign01

やばい!!
これはいかん!!

既にエアコンはMAXで、猛烈にゴーゴーうなりながら
風を送ってくる。

その風はぬるい。冷たくない。

でも、何とかかん太を冷やさなくちゃ!!

かん太を助手席に連れて来て、お腹を送風口に当てる。

お願い、冷えて!

カハカハカハカハカハカハカハカハカハカハカハ

全然、呼吸は変わらない。

水筒の氷を口に入れようとすると、

かん太、頑固に拒否(ノД`)・゜・。

絶対に口に入れないし、無理やり入れてもすぐにペッsweat01

それならばと、氷を直接、わきの下や股関節に当てて、
外から冷やす。

でも、氷はあっという間に溶けて、被毛もあっという間に
乾いていく。

カハカハカハカハカハカハカハカハカハカハカハ

やばい、やばい。

と、

「保冷剤!」と運転中のサトさん。

そうか、そのテがあったか。

保冷剤なら、氷より長持ちする。

脇の下、腹、脚のつけねに順にあてがう。

カハカハカハカハカハカハカハカハカハカハカハ

全然息は落ち着かない。

カハカハカハカハカハカハカハカハカハカハカハ

どうする?

こうなったら、全身を塗らすしかないよね。

こんな状態のかん太を外に出すのは勇気がいるけど、
イチ、ニのサンで、外にでた。

カハカハカハカハカハカハカハカハカハカハカハ

公衆トイレの洗面所。

洗面ボウルが小さくてかん太の身体が入らない。
そのうえ、でてくる水が、生あったかいΣ(゚д゚lll)

それでも、手で水をすくってはかけ、すくってはかけして、
とりあえず身体を水でぬらす。

カハカハカハカハカハカハカハカハカハカハカハ

そうだよね。戸外は猛烈に暑い。

ゆっくりしてはいられない。

じっとり濡れたまま、また抱っこダッシュで車内に戻る。

熱射病対策のウェットタオルを首にまいてやる。

カハカハカハカハカハカハカハカハカハカハカハ

手持ちの普通のタオルも濡らして、首からお腹、股の下
にかけて身体に巻き付ける。

カハカハカハカハカハカハカハカハカハカハカハ

車は動きだしたけど、

車の温度計は、38℃、39℃を行ったり来たり。

カハカハカハカハカハカハカハカハカハカハカハ

なんか、かん太がブルブル震えだした。

こりゃあかん!

ホメオパシーのレメディ、使ってみようか。

Acon

Dulc

Arn

ヒットしたのは、Arn ・・・かな?

震えがおさまった。

カハカハカハカハカハカハカハカハカハカハカハ


カハカハカハカハカハカハカハカハカハカハカハ


カハカハカハカハカハカハカハカハカハカハカハ

   ・・・

カハカハカハカハカハカハ

カハカハカハ


カハカハ


   ・・・

息がおさまったのは、渋滞を抜けて、ようやくエアコンが効き
出してからずいぶんあとのこと。

犬の体温って、下がるのに時間がかかるんだ( ̄∇ ̄;)

ああ、危なかった。

ああ、

かん太が無事で、良かった。

今まで、35-36℃でお出かけしたことは何度もあったから、
母ちゃん、こんなことになるとはわからなかったんだよ。ごめんね。

36℃と37℃は大違い。

37℃と38℃は、もっと大違い。

外気が38℃に達すると、エアコンはがくんと効きが悪くなる。

ホント、やばかった。

母ちゃん、大反省。

Heat_stroke_2


« 夜も一緒に | トップページ | インドアなお盆休み »

かん太」カテゴリの記事

コメント

車の中の温度。
昔、むかし。 温度計を車内に数か所設置して調べたことがあります。
直射日光が当たるフロントガラスの傍の温度は?
90度でしたよ、90度。 最高温度は11時過ぎでした。(関東地方で実験)
冬でも70度近くまで上がりますよ。仕事で調べたから、かなりのデーター結果です。
車内に子供を放置するのは殺人罪です。

kenn-sannnote

車内が90℃~~~Σ( ̄ロ ̄lll)ノ
確かに、フロントガラス周辺は、日差しが強いですもんね。
我が家の犬も、助手席に連れてきた途端、既に限界まで
速まっていた息が更に荒くなって、「やばい、前の席は
エアコンの送風口に近いけど、かなり温度が高いんだ」と
気付いた次第。
身体をぬらして、ぬれタオルでぐるぐる巻きにしてからは、
後部座席の犬用ケージでひたすら車内の温度が下がるのを
待ちました。
エアコンの送風口が後部座席にはないから、実際には
息が落ち着くまですごーーーく時間がかかって、大反省。

確かに、小さい子供や赤ちゃんも、こう暑いと連れ出すのは
よほどムリ。11-16時は、外気が38℃の日はもうカーエアコンが
効く保証はないので、外出は止めた方が良いというのが、
今回の学びです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525803/57989167

この記事へのトラックバック一覧です: 38℃はムリだった:

« 夜も一緒に | トップページ | インドアなお盆休み »