« スポーツ観戦白熱中 | トップページ | 四谷千枚田 »

2014年5月26日 (月)

家庭内プロジェクト② 段ボールコンポスト

我が家の段ボールコンポスト、1月の開始以降、進化しつつ続行中v( ̄∇ ̄)

思えば、1-3月は試行錯誤の連続。

最初に作った段ボールコンポストは、段ボールの内側をガムテープで目張りして、
新聞紙を張り、そこにくん炭+ピートモス+生ごみを直接投入。

1

この写真を撮った当時はまだ温度が上がらず、分解も進まなかったけど、
温度が30℃を超えるようになると、生ごみ、どんどん分解♪

入れる分だけ全部、消えてなくなるから、あら不思議shine
臭いもしないし、
手品みたーいhappy02

しかーし、
生ごみのみならず、なんと新聞紙もガムテープも分解されて、ズタズタにdownwobblysweat01

しかも、湿気が段ボール下のすのこにまで伝わって、すのこがカビる~shock

そこで、段ボールを二重にして入れ子にし、さらにその間に小さい箱をかませて
上げ底にする。。

などなど、改良に改良を重ね、
現在、第5号!

じゃーんsign01
2

新聞と土が直接触れ合わないよう、100均で買った不織布のファンヒーター収納袋に
土や生ごみを投入。

中を開けるとこんな感じ。

5

7

このサラサラの土を、適宜回収して畑に投入bud

黄色い不織布の袋の下は、
段ボール+上げ底用の箱が二セットで、通気性重視。

4

ぼかしと違って好気性なので、とにかく毎日スコップで掘り返して空気を
入れないと、たちまち温度が下がっちゃう。

それが面倒といえば面倒なんだけど、生ごみ処理機のようなにおいが
ないし、それに土がサラサラでポカポカ♪ 
何だか癒される、段ボールコンポストなのですcatface

« スポーツ観戦白熱中 | トップページ | 四谷千枚田 »

」カテゴリの記事

コメント

なんでもきわめるかん太ママ。

うちはパナソニックの生ごみ処理機使ってましたが、5年で壊れました。
まっ、でもこのあたりは田舎だから生ごみはそのまま畑に埋めてますが、
こんなコンポストがあれば最高ですよね。

かん太ママんちのエコでオーガニック的なガーデンベジタブルが今年も楽しめそうですね。

アーロン姐さんnote

>生ごみはそのまま畑に埋めてますが、

それが一番!土の微生物の力で分解されて、土にかえるん
ですよね。
我が家の場合は、小麦若葉の根っこを定期的に処理する
必要があるので、わざわざこんな面倒くさいことをしているの
ですが、なんの薬剤も入れないのに、最高55℃まで土の温度
が上がって、どんどん分解が進んでいく♪それを見るのが
楽しくて、毎日かきまぜてます。
ただし、暑い夏の間、生ごみがこの中で腐らないのかどうか、
まだ自信なし^^; なんでも、実験あるのみ(爆)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525803/59711087

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭内プロジェクト② 段ボールコンポスト:

« スポーツ観戦白熱中 | トップページ | 四谷千枚田 »