« 俳句レッスン1 | トップページ | マー君離脱(ノД`)・゜・。 »

2014年7月10日 (木)

俳句レッスン2

なんだか勢いがついてきた、俳句作り(笑)

人生初の、俳句ブーム到来の予感happy02papershine

7月のお題は、「鮎」と「鰻」。

元気に提出~(*´▽`*)ノ


  bud  bud  bud


山の宿 ぢりぢり焼けた 黄金の鮎


ウナギの子 上手に逃げて 生き延びよ


  tulip  tulip  tulip


なんと今回は、添削してもらえましたヽ(^o^)丿


「鮎」の句について

1. 今の句として詠むこと(現在形とする)
  「焼けた」→「焼ける(口語)」または「焼くる(文語)」

2. 字余りを避けること
  「黄金の鮎」→「金の鮎」 ※縄張り鮎の一表現


山の宿 ぢりぢり焼くる 金の鮎    (添削例)


をを!「まさにそんなことを言いたかったんです!!」というような
句に生まれ変わりました。

さすが師匠shine


うなぎの句は、

「句はできています。
川口でとらえられる「白子鰻」のことと思います。もう少し考えさせて下さい。」

とのコメント。


「だめだなあ」とは言わないのが、師匠のすごいところ!

「伸びしろいっぱい」ってことで、前向きに(爆)(≧▽≦)♪

« 俳句レッスン1 | トップページ | マー君離脱(ノД`)・゜・。 »

俳句レッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525803/59960310

この記事へのトラックバック一覧です: 俳句レッスン2:

« 俳句レッスン1 | トップページ | マー君離脱(ノД`)・゜・。 »