« マー君離脱(ノД`)・゜・。 | トップページ | 人間ドック »

2014年7月13日 (日)

Oscarの献身 VS Robbenの魂

W杯3位決定戦、サトさんは「録画で良いや」と言ってたけど、
私は起きちゃった(*´ω`*)

中2日のオランダがどの程度スタミナがもつのかなと思っていたら、
そんな心配どこ吹く風っていうくらい、みんな猛烈に走ってたねーdash

特にすごかったのは、ロッベン。
猛烈な速さで、走る、かわす、フェイントをかけて抜くeyesign01

試合終了後のインタビューでは、決勝に進めなかった憤りがマグマのように
残っている様子で、「自分のすべてを出した。もう僕は空っぽだ」と
言っていたけど、本当に空っぽのくたくたになるほど、限界まで走ってた。

PK戦を落として決勝に行けなかった悔しさいっぱいの魂の走りで、
ブラジルを翻弄した。

一方のブラジルは、開始2分のPKで早速先制点を献上すると、焦る気持ちで
ミスが増えてしまい、オランダの組織的な守りを破ることができなかった。

クロスが弾き返される、シュートがブロックされる。
頑張ろうと思う気持ちと裏腹に連携が全く機能せず、「まただめだ」という
攻撃を繰り返すうち、

後半途中からはみんな足が動かなくなった。パスを受ける時も止まって受ける。
本来はそんなチームじゃないはずなのに(;´Д`)

そんな中、一人でドリブルで突撃しては撃破することを繰り返したのが、
ネイマールと同じ22才のオスカル。

相手に攻められればゴール前まで戻って守り、自分がボールをもらえば
相手のゴールに向かって果敢に走った。ただ一人。最後まで。

30才のロッベンと、22才のオスカル。

軍配は組織プレーが崩れることがなかったオランダに上がった。
3-0

明朝の決勝は、ドイツ VS アルゼンチン。

サトさんは、大方の予想通りドイツの勝利は間違いないとみて、またしても
関心を失った様子。

確かに、チーム・ドイツ 対 メッシ の戦いになるならば、ドイツの方が有利だろう。

でも、それじゃあ面白くな~い!!

メッシのアルゼンチンよ、魂のプレーで奇跡を起こしてくれ~~happy02rockupshineshine

« マー君離脱(ノД`)・゜・。 | トップページ | 人間ドック »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525803/59980154

この記事へのトラックバック一覧です: Oscarの献身 VS Robbenの魂:

« マー君離脱(ノД`)・゜・。 | トップページ | 人間ドック »