« Pamary ライブ 2014.6.28 | トップページ | きゅうりのきゅうちゃん »

2014年8月15日 (金)

祖母七回忌

母方の祖母の七回忌。
 
母の実家は、震災で被災した南三陸町から内陸に少し入った隣町。
 
地理的な要素も関係するのかしないのか、お盆中はお寺さんが初盆の家だけでも1日12軒回る忙しさ。
 
そんなわけで、実家の叔父がお寺さんに代わって自宅での法事で和尚を務めた。 
最初はびっくりしたけど、始まってしまえばなかなか読経が堂に入っている。しかも読経に込めた母親への真心がぐっと伝わって、親戚一同、胸がいっぱいに
 
聞くと、叔父は毎朝の読経を欠かさないのだとか。
 
震災で崩れたお墓もすっかり新しくなり、ひいひいおばあちゃんやひいひいおじいちゃんの名前も初めて教えてもらった。
 
沢山のご先祖様たちの命のリレーがあって初めて頂くことができた、私たちの命。
 
沢山の感謝を捧げるお盆となりました 
 

Bento_2

帰りの新幹線の中で食べた、駅弁。
ウニ好きは、おばあちゃん譲り?!(*´ω`*)ゞ

« Pamary ライブ 2014.6.28 | トップページ | きゅうりのきゅうちゃん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おばあさんが亡くなって,あっという間に7回忌が来たねえ。
おばあさんが亡くなるときの,叔父の姿,叔母や母の姿も想像して,胸がいっぱいになった和尚様姿でした。
新しくなったお墓も叔母さんやおねえちゃんに見てもらえて,おばあさんも嬉しかったことでしょう。

昔は,テンやイタチしか来なかったところに,カモシカや猿,狸や狐など,随分動物がくるようになったのも驚きでした。山の景色は変わらないように見えて,随分山の開発も進んでいるんだなと思わされました。

是非,うちの嫁に,と懇願されてお嫁に来たおばあさん,家と山を守りきったねえ。なんのかんの言って,ハンサムウーマンだったよね。そのスピリッツを叔父さんが引き継いで,大車輪で今後もつながるようにいろいろ直してひと段落して,いい節目だったんじゃないかな。

きいろちゃんdiamond

そうだね。頑張るべき人が踏ん張って、
あらゆることが収まるべきところに収まった
節目の法事だったと姉ちゃんも思いました。

それにしても、山は開発されたように
見えないのに、動物の食べ物がなくなっている
ことには衝撃を受けたよね。

それと、オクラが本来はあのように巨大な
木になるということも!!
我が家のオクラは超ジュニアサイズだった~wobbly

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525803/60155034

この記事へのトラックバック一覧です: 祖母七回忌:

« Pamary ライブ 2014.6.28 | トップページ | きゅうりのきゅうちゃん »