« 納豆食べる? | トップページ | 浅間さま »

2014年9月 6日 (土)

ウクライナワイン

きいろちゃんからもらった、ウクライナワイン

Photo

え?
ウクライナ?
ワイン??
ウォッカじゃなくて、ワイン???

びっくり仰天のワインは、
こっくりとろみのある、ブランデーのような味わい。

糖度の高いワインを完全に熟成させたという感じで、どのくらいの時間
寝かせたものかはわからないけれど、かなりコクが深い。美味しい!

ヨーロッパのワインとはまた全然異なる趣なんだ。

ワイナリーはクリミア半島にあるらしいから、来年以降はロシアワインになる
のかな。

じっくり寝かせるワイン造りには、祈りが込められている気がする。
このワインが眠りから覚める時、ワインが素晴らしいものとなっていますように。
この地が平和で、人々がワインを楽しんでくれますようにと。

今これを作っている人や、愛飲している彼の地の人たちは、どんな気持ちで
日々を過ごしているのだろう。

ウクライナに平和を。

« 納豆食べる? | トップページ | 浅間さま »

食べ物日記」カテゴリの記事

コメント

ウクライナワインがロシアワインになるか・・・・。
昔はキエフ公国だったウクライナ。モスクワ公国より大国だったとか。
キエフ公国とモスクワ公国とは昔から仲が悪かったのかな・・・・。
大陸国家の感性はよく判らないですね。

それにしてもkatyさんはノンベイやね・・・・。

kenn-sann

キエフ公国ですか。。世界史には疎くて恥ずかしながら初めて
知りました。ウクライナとロシアの覇権をめぐる綱引きは、
随分昔に起源をさかのぼるのですね。
ウクライナとロシアは仲の悪い兄弟のようなものなのでしょうか。
でもお互いミサイルを打ち合うような事態になってしまうとは、
一般市民にとっては思いもよらない展開なのでは。
銃を持つ相手に銃で応戦していたのでは、どちらかが白旗を
揚げるまで戦いは終わらない。
どちらの陣営にも強力な後ろ盾がいて、いくらでも武器や人を
融通してくれる状態なら、戦争はいつまでも長引いてしまう。

子供に夢を。
市民に日常を。
このワインを飲むすべての人に平和をwine

おおお!飲んでくれてありがとう!!
高校で,世界史をとってたけど,
このマサンドラっていうワイナリーがある「クリミア半島」について,私は,
ナイチンゲールが「クリミア戦争」に行ってたなというぐらいの知識しかなかった(汗)。

ウクライナはまだまだ辛い日が続いているのだと思うけれど,
安心して暮らせる未来になってほしいね。

私も一口飲んでから寝ようと思います(*^_^*)。

きいろちゃん

そうだったね、ナイチンゲールはクリミア戦争だったんだ。
そう思うと、ここは何度も対立を経験した場所なんだね。
ここしばらくの平穏を破って、ウクライナは再び戦争の
惨禍を繰り返してしまった。人間は進歩していないのに
武器は進歩していることを思うと、これ以上の武力対立は
双方にとって辛いだけ。
普通の市民の普通の暮らしのためにも、恒久停戦と
平和的和解をshine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525803/60268096

この記事へのトラックバック一覧です: ウクライナワイン:

« 納豆食べる? | トップページ | 浅間さま »