« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月18日 (土)

挨拶の木

世間には不思議なことがあるもの。

今年のはじめに見た、映画「奇跡のリンゴ」の中で、

木村さんの農場のリンゴの木が一本だけ枯れたシーンがあった。

何故枯れたのか聞かれて、木村さんは、

「人の目が気になってあの木にだけは話しかけることをしなかった」と。

(セリフは記憶^^;)

5-6年前に、静岡の小さな醤油屋さんに行った折、たまたま店番を
していたおばあ様が、工場を見ますか?と誘ってくれた。

木おけが並ぶ、昔ながらの小さな工場。
すごく良い匂いが立ち込めていた。

「おじさんが生きていたときは、毎日それぞれの樽に話しかけて
ましてね。たくさん話しかけると、発酵の状態がよくて味の良い醤油
になると言ってね」

なぜか私の中で呼応した、この二つのエピソード。

そのことを、
ある日、かん太が散歩中に街路樹のハナミズキにおしっこをかけた時、
なぜか思い出しちゃったんだよね。

その木に触って「ごめんね」と言ってみたの。
そしたら何だかもうその木のことが気になっちゃって、
翌日もその翌日も、散歩でわきを通る度に木に触って挨拶をした。

それで1か月くらい経った頃かな。

たまたま見上げたら、

Dogwood2

まあ、きれい♡

沢山赤い実がついてる♪

でも、こんなにきれいなのは、この1本だけ。
あとの木は、小さい実がパラパラついてるだけ。

ちなみに我が家のハナミズキ。

Dogwood1

全然挨拶とかしてないからかな。
普通の街路樹並み。

私の思い込みとか見間違いかなと思って近所の人に言ってみたら、
やっぱり挨拶してる木だけ、1本だけ違うって言ってくれた。

去年どうだったかとかわからないので何とも言えないけど、

こんなことあるんだ~♡ほよ~(*'ω'*) っと、びっくりの秋。

2014年10月 5日 (日)

センチメンタル同窓会

先週末、高校の同窓会で、30年ぶりに八戸へ。

2

懐かしのホンパチ(本八戸駅)♪

ここから家まで走って帰れたことを思い出し、地図と記憶ときいろちゃんからの
ヒントをもとに、当時住んでいた付近まで歩いてみることに☆彡

城下の歩道橋から。東側の風景。
3_2


当時、八戸でファーストフードと言えばロッテリアかケンタッキー。

「チキンナゲット」のCMを見るたびに、「マックもあれば良いのに~(*´з`)」と無性に
マックを切望していた高校生の私。

もちろんだけど、今は普通にマックもあるんだなー(爆)

そして、絶対見たかった、この通り!!

4_2

この通り沿いにイカの加工工場があって、いわしが獲れすぎた時は、
トラックがこの道に荷台のいわしをドバーっとぶちまけていくから、超びっくり。

その瞬間、近所のおばさんたちが台所のたらいをもってワラワラと出てきて、
道に落ちた(捨てられた?)ばかりのピチピチのいわしを拾い始めたから、
二度びっくり(笑)

もちろん、我が家の食卓にもそんなイワシが並んだのでした。

イカ工場、もうなくなってて、残念(*ノωノ)

お母さんが、お父さんとケンカしてブランコで泣いてた、近所の公園は、
私の記憶よりずっと近く、記憶していたのとは道の反対側にあったのでした。

1

当時お母さんはまだ30代だったんだね。一生懸命育ててくれたんだなって、
改めて感謝の気持ちが胸いっぱいにキュンキュン広がってしまった(*‘ω‘ *)

同窓会は、定番のこのホテルで。
5

創立121周年。
同窓生400人、うち同期生90人。
懐かしい面々と久々に会った。。。と書きたいところだけど、

女の子たちはびっくらするほど当時と変わらず、時の経過がウソみたい。
かたや男の子たちはすっかりカンロクがついて、見た目ではほとんどわからず。。(爆)
最初はおおっと思ったけど、話し始めると当時の記憶が少しずつよみがえって、
結局とっても楽しい宴会に(*´▽`*)ノ♪ 

気持ちだけはすっかり若返って帰ってきましたとさ(笑)
30年の間にみんないろいろ経験して、「一緒に年をとる」仲間がいる喜び
みたいなものが満載。年をとるのも、案外悪くないのかもね。


« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »