« 小太郎7回忌 | トップページ | 挨拶の木 »

2014年10月 5日 (日)

センチメンタル同窓会

先週末、高校の同窓会で、30年ぶりに八戸へ。

2

懐かしのホンパチ(本八戸駅)♪

ここから家まで走って帰れたことを思い出し、地図と記憶ときいろちゃんからの
ヒントをもとに、当時住んでいた付近まで歩いてみることに☆彡

城下の歩道橋から。東側の風景。
3_2


当時、八戸でファーストフードと言えばロッテリアかケンタッキー。

「チキンナゲット」のCMを見るたびに、「マックもあれば良いのに~(*´з`)」と無性に
マックを切望していた高校生の私。

もちろんだけど、今は普通にマックもあるんだなー(爆)

そして、絶対見たかった、この通り!!

4_2

この通り沿いにイカの加工工場があって、いわしが獲れすぎた時は、
トラックがこの道に荷台のいわしをドバーっとぶちまけていくから、超びっくり。

その瞬間、近所のおばさんたちが台所のたらいをもってワラワラと出てきて、
道に落ちた(捨てられた?)ばかりのピチピチのいわしを拾い始めたから、
二度びっくり(笑)

もちろん、我が家の食卓にもそんなイワシが並んだのでした。

イカ工場、もうなくなってて、残念(*ノωノ)

お母さんが、お父さんとケンカしてブランコで泣いてた、近所の公園は、
私の記憶よりずっと近く、記憶していたのとは道の反対側にあったのでした。

1

当時お母さんはまだ30代だったんだね。一生懸命育ててくれたんだなって、
改めて感謝の気持ちが胸いっぱいにキュンキュン広がってしまった(*‘ω‘ *)

同窓会は、定番のこのホテルで。
5

創立121周年。
同窓生400人、うち同期生90人。
懐かしい面々と久々に会った。。。と書きたいところだけど、

女の子たちはびっくらするほど当時と変わらず、時の経過がウソみたい。
かたや男の子たちはすっかりカンロクがついて、見た目ではほとんどわからず。。(爆)
最初はおおっと思ったけど、話し始めると当時の記憶が少しずつよみがえって、
結局とっても楽しい宴会に(*´▽`*)ノ♪ 

気持ちだけはすっかり若返って帰ってきましたとさ(笑)
30年の間にみんないろいろ経験して、「一緒に年をとる」仲間がいる喜び
みたいなものが満載。年をとるのも、案外悪くないのかもね。


« 小太郎7回忌 | トップページ | 挨拶の木 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

チョット待ってよ・・・・。 30年ぶりの高校の同窓会?
うーん・・・。 そうなのか・・・。 何時も女学生みたいな感じに思っていたけどな・・・。
自分の歳も考えれば、そうかもしれないな・・・・。
私も来月に50年ぶりの大学の同期会がある。 
生存確認の為にやるらしいけど・・・。

kenn-sannnote

50年ぶりですか~~(゚∀゚)ノ
それはすごい!!
半世紀を経た友の連絡先を探して招集する、
幹事のご苦労は並たいていではないですね!
それにしても、50年ぶりの同窓会とはすごい!
すっかり白髪になった友人たちとの邂逅は
万感胸に迫るものがあるでしょうけれど、
何年経っても、きっとあっという間に気持ちは
学生時代に戻って、楽しくわいわい盛り上がるで
しょうね。
当時の写真とか思い出の品を持って参加されると、
お互いに思い出の引き出しが開きやすくなるの
ではないかと思います。
是非楽しんできて下さい(*´▽`*)ノ♡

おお~~~!懐かしの我が家だ!!!(´∀`)
無事にたどり着けたんだね!!!
私たちは,車で行ったから,降りて写真を撮らなかった。
今も現役で人が住んでてくれてうれしいねえheart01
私も,お母さんが家を飛び出したあの1回がほんとに忘れられない。あの1回だけだったけど,インパクト大だったね。

八戸はばりばり思春期真っ盛り。30年も前のことになっているとは(;´∀`)

きいろちゃんnote

そっかー、きいろちゃんもあの事件を覚えてたか~!!
お母さん、結構せっぱつまった感じだったから、インパクト
大きかったよねcoldsweats01 結局仲直りしてくれて、良かった!!catfaceheart01
八戸時代、姉ちゃんは、子供の力だけでは乗り越えられない様々な
壁や矛盾を感じた時期だったように思う。
それにしても、景色は殆ど変っていて、かろうじて家のところだけが
残っている感じだったね。30年って、やっぱり長い年月なんだなー。じーん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525803/60422623

この記事へのトラックバック一覧です: センチメンタル同窓会:

« 小太郎7回忌 | トップページ | 挨拶の木 »