« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月16日 (日)

段戸湖

「”きららの森”って知っとるか?

ブナの原生林があって、紅葉が目も眩むほど素晴らしいんだぞ!!

今日はそこに紅葉狩りに行くぞsign03

なんとも勇ましいサトさんの号令のもと、段戸湖へGOrvcardash

途中の香嵐渓はとにかくすごい混みようで、行く道も帰る道も車がびっしり。

何とか迂回して、超すごいことになってるハズの超山奥へ。

途中、紅葉がきれいな地帯を通り越し、

ん?通り越した??・・・

車通りが全然ない。。。

あれれ?coldsweats01

到着したそこは、

4

1

3

紅葉、完全に終わってる~~maple

わずかな名残。。。

5

4時間くらいのハイキングルートがあって、
紅葉最盛期は本当に気持ちが良いんだとか。

2_2

わはは、こんなこともあるよ。

逆に静かで良かったじゃん♡smile

来年、また来ようねhappy01shine


2014年11月15日 (土)

おかげさま

突然、気が付いてしまった。

オオ母さんが、家の前にハナミズキを植えて7年。

毎年今の時期には紅葉して葉が落ちる。

でも、

私は殆ど枯葉の掃除をしたことがない、とshock

考えてみれば、落ち葉が勝手に消滅するわけはないのに、
通りはいつもきれい。

ということは、

もしかして、

通り向かいのご近所さんたちが、毎年我が家の枯葉を掃除してくれていたということですねsign03

気が付いてしまったら、居ても立っても居られない。

通り向かいの2軒のご近所さんたちに、順次感謝とお詫びを言いに行った。

今まで7年も、何の苦情も言わずに黙々と枯葉の掃除をしてくれていたのかと思うと、どんな顔をしてお礼やお詫びを言ったらいいのかよくわからない。

先方はもしかしたら「あそこの嫁は、毎日犬の散歩で通りがかるのに、全然掃除に来ない」と腹にすえかねているかもしれない。

叱られたらよくお詫びをしなくちゃ。
7年も気が付かない私もどうかしてた。。。

気持ちの整理もつかないまま戸口に立って、ピンポンを押した。

いつも挨拶を交わすおばさんが顔を出した。

「あの、お向かいの家の者ですが。
ハナミズキの木の葉がお宅の玄関先に吹き込んで毎年ご迷惑をおかけしていることに今まで気が付かず、大変申し訳ありませんでした。お掃除していただいていて、本当にすみません。」

「あら、気にしなくていいのよ。
私は風がこちらに運んできた葉っぱをを片付けてるだけだからね。
毎年きれいな花を楽しませてもらって、こちらこそありがとう。」

えーーーー、ありがとうだなんてcrying

もう一軒のお宅は留守。

翌朝、風の吹く中、枯葉を掃除しようとしていたら、ちょうどおじさんが出てみえた。

「おはようございます。
いつも我が家の枯葉がご迷惑をおかけしていてすみません。」

そう言いつつほうきで掃こうとすると、風がぴゃ~と吹いて、落ち葉がそのおじさんの家の玄関へどどーっと移動。

「ひゃあ、ごめんなさい!」

で、また掃こうとすると、また風がぴゅ~typhoonmaple

「ひゃあ、すみません~!」

おじさん笑って、

「良いんですよ。風の吹くのに任せなさい。
風の吹くのに任せなさい。

何と慈悲深いcrying

私はこんな温かいご近所さんたちに囲まれて暮らしていたのかと、
改めて感謝した、落ち葉の一件でした。

これもオオ母さんやおばあちゃんたちが今まで良い関係を築いて
くれていたおかげだね。

オオ父さんが亡くなって、ちょうど4年。
来月はオオ母さんの命日も。
改めて、感謝ですconfident

2


2014年11月14日 (金)

専用トイレ♪

それは2か月前の、9月のこと。

100均に出かけたら、かわいい人工芝があった。

で、ひらめいちゃったflair

かん太のトイレに良いかも~happy01heart04

思い立ったら、即実行。

庭の隅に作っちゃった、かん太専用トイレsmilescissors

Photo

穴を掘って土にくん炭を混ぜ込み、なおかつ竹炭5層構造。

このように使いますdogheart

2

用を足したら水をかけて、終了。

何てグッドなトイレなんでしょ♡

今までは庭のあちこちで用を足していて、なんか庭が全体的に
トイレっぽくなっちゃってたけど、これでその問題も解決。

素晴らし~♪

ただ、このトイレを気持ちよく使ってもらえるようになるまでは、
ちょっとした紆余曲折が。。。coldsweats01

実は、最初は水道栓の下の水受けに人工芝をひいて、そこで
してもらう完全水洗トイレを目指したんだよね。

簡単にしっこをしてくれるだろうと思ったら、なんと
1日4回おしっこをするかん太が、21時間の排泄ストshock
しっこもウンチも完全拒否(゚Д゚;)

最後は我慢しきれず散歩しながらちょろちょろ出ちゃうまで
耐えて出さなかった、かん太。

なんて意地っ張りshockshock

1回は強引にさせてみたけど、あまりにも悲壮な表情をするので
さすがに私も反省。

確かに、水道栓の下の水受けは、かん太にとっては「お風呂」
ごろごろ寝っ転がってシャワーをかけてもらう場所。
そこでいきなりトイレをしてと言われても、できないってもんだよね。

場所をちょっと移して、庭の隅に竹炭トイレを作ったのでした。

そうしたら、かん太も納得♡
「トイレの自由」をあきらめて、指定の場所を
気持ち良く使ってくれるようになりましたとさ(*´▽`*)ノ♪


2014年11月 4日 (火)

御嶽山噴火

御嶽山は、わが三河地方の人たちにとっては、遠くに美しく見えて
親しみのもてる山。そして、神様が宿る山。

近所にも「おんたけさん」と呼ばれる御嶽教の神主さんがいて、
樹木の伐採の前の祈祷や自動車の祈祷など、暮らしに密着した
様々な祈祷をしてくれる。

かくいう我が家も、オオ母さんの時代から懇意なおんたけさんに
何かとお世話になっている。私の車もおんたけさんで祈祷して
もらった。

信仰登山も盛んで、御嶽山に定期的に登るという人は珍しくない。
秋の紅葉の時期は、信仰に関わらずとりわけたくさんの人が登る。

我が家の庭師さんご夫妻は、御嶽登山で知り合ったのがご縁で
結婚されたという。
家族3世代で登る家も多い。

その御嶽山が、9月末に噴火した。
ちょうど私が同窓会で八戸に行っていた頃。

帰宅してニュースを見ても、信じられないという思い。

予知のシステムはなかったの?
警報はなかったの?
あんな大きな山が噴火するのに前兆に誰も気づかないなんて、
そんなことあるの?

60人近くの方が亡くなり、まだ見つからない方もいる中、捜索は
来年まで冬期中止へ。

一人で登るつもりが、家族の都合で取りやめた人、

夫婦で登ろうと前日近くの温泉に泊まっていたが、登山口まで来て
噴火がわかって引き返した人、

途中まで登ったところ体調が悪くなって引き返し、登山口まで戻った
ところで噴火が起きた人。

私の周囲だけでもたくさんの人があの日御嶽に登ろうと思い、
あるいは登るつもりで山の付近にいたと知った。

自然は人を癒し、人を傷つけ、人を誘い、人を遠ざける。

日本は火山列島だ。

どうか、他の山々の安全が守られますように。

御嶽にまだ眠る皆さんが、春にはご家族の元へ帰れますように。


« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »