« 専用トイレ♪ | トップページ | 段戸湖 »

2014年11月15日 (土)

おかげさま

突然、気が付いてしまった。

オオ母さんが、家の前にハナミズキを植えて7年。

毎年今の時期には紅葉して葉が落ちる。

でも、

私は殆ど枯葉の掃除をしたことがない、とshock

考えてみれば、落ち葉が勝手に消滅するわけはないのに、
通りはいつもきれい。

ということは、

もしかして、

通り向かいのご近所さんたちが、毎年我が家の枯葉を掃除してくれていたということですねsign03

気が付いてしまったら、居ても立っても居られない。

通り向かいの2軒のご近所さんたちに、順次感謝とお詫びを言いに行った。

今まで7年も、何の苦情も言わずに黙々と枯葉の掃除をしてくれていたのかと思うと、どんな顔をしてお礼やお詫びを言ったらいいのかよくわからない。

先方はもしかしたら「あそこの嫁は、毎日犬の散歩で通りがかるのに、全然掃除に来ない」と腹にすえかねているかもしれない。

叱られたらよくお詫びをしなくちゃ。
7年も気が付かない私もどうかしてた。。。

気持ちの整理もつかないまま戸口に立って、ピンポンを押した。

いつも挨拶を交わすおばさんが顔を出した。

「あの、お向かいの家の者ですが。
ハナミズキの木の葉がお宅の玄関先に吹き込んで毎年ご迷惑をおかけしていることに今まで気が付かず、大変申し訳ありませんでした。お掃除していただいていて、本当にすみません。」

「あら、気にしなくていいのよ。
私は風がこちらに運んできた葉っぱをを片付けてるだけだからね。
毎年きれいな花を楽しませてもらって、こちらこそありがとう。」

えーーーー、ありがとうだなんてcrying

もう一軒のお宅は留守。

翌朝、風の吹く中、枯葉を掃除しようとしていたら、ちょうどおじさんが出てみえた。

「おはようございます。
いつも我が家の枯葉がご迷惑をおかけしていてすみません。」

そう言いつつほうきで掃こうとすると、風がぴゃ~と吹いて、落ち葉がそのおじさんの家の玄関へどどーっと移動。

「ひゃあ、ごめんなさい!」

で、また掃こうとすると、また風がぴゅ~typhoonmaple

「ひゃあ、すみません~!」

おじさん笑って、

「良いんですよ。風の吹くのに任せなさい。
風の吹くのに任せなさい。

何と慈悲深いcrying

私はこんな温かいご近所さんたちに囲まれて暮らしていたのかと、
改めて感謝した、落ち葉の一件でした。

これもオオ母さんやおばあちゃんたちが今まで良い関係を築いて
くれていたおかげだね。

オオ父さんが亡くなって、ちょうど4年。
来月はオオ母さんの命日も。
改めて、感謝ですconfident

2


« 専用トイレ♪ | トップページ | 段戸湖 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525803/60659725

この記事へのトラックバック一覧です: おかげさま:

« 専用トイレ♪ | トップページ | 段戸湖 »