« Himalaya FootCare Cream | トップページ | 謹賀新年 »

2014年12月30日 (火)

惜別2014

今年は、沢山の名優が亡くなりました。

特に好きだった、

宇津井健さん、高倉健さん。

宇津井健さんは、NHKの朝ドラ「ぴあの」のお父さん役がすごくはまっていて、
長女の竹下景子と本当に親子みたいだった。

高倉健さんは、「鉄道員(ぽっぽや)」で広末涼子との親子がすごくすごく
良くて、原作で泣き、映画で泣き、思い出してまた泣き。。。

驚いたのは、
あまちゃんで活躍していた記憶がまだ鮮明な、

蟹江敬三さん。

サトさんが特に今年しんみりしちゃったのが、菅原文太さんの訃報。
仁義なき戦い、好きだったって。

外国の俳優さんでは、やっぱり

ロビン・ウィリアムズさん。

早すぎるお別れでした。

で、いまわかってびっくりしたのが、

オペラ歌手の 中島啓江さん!

まさかと思いましたが、先月亡くなっていたのですね。
元気で活躍されている様子しか浮かんでこない。。。

いただいた命をキラキラ輝かせて逝った方々。
皆さん素敵でした。

先日、NHKのSWITCHインタビュー 達人達という番組で
塩沼亮潤さんという、仙台の慈眼寺の住職さんが、

死というのは自然なプロセスで、こわいものではない。
大事なのは亡くなるその時までいかに情熱を持って生きるかです。

という趣旨のことをおっしゃっていました(記憶なので、細部の表現は違うかも)

「情熱をもって生きる」

それを身をもって見せてくださった皆さんに、感謝です。


« Himalaya FootCare Cream | トップページ | 謹賀新年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525803/60892981

この記事へのトラックバック一覧です: 惜別2014:

« Himalaya FootCare Cream | トップページ | 謹賀新年 »