« 祝7才 | トップページ | ゆっくり回復 »

2015年10月 8日 (木)

療養中  6.3kg

秋はお出かけにぴったりなんだけど、

夏の疲れが出るシーズンとも言えて。。。

オオ母さんが倒れたのは、9月

先代犬の小太郎が亡くなったのも、9月。

9月はよくよく注意しなくちゃ、と思って過ごした。

chick   clover  chick   clover    chick   clover   

暦は10月。

9月が無事に過ぎてほっとしていたら、

かん太、ここにきてダウンdownsad

急に、きたよね。

3日前、夕ご飯を食べないからおかしいなと思ったら、下痢。

けれど、変な下痢なんだよね。

お腹が盛大にギュルギュル言っているから、確かに下痢なんだけど、出ないの。

でも、ちっともでない。

けれど、出したくて、庭に出ては、力む。

これを、30-40分ごとに、一晩中続けた、かん太。

いつもは頼りになるホメオパシーが、どれも効かない。

辛いねweep

翌日、お医者に行ったら、大腸炎とのこと。

聞いてみると、確かに大腸炎の症状によくあてはまる。

吐き気も強くて昨夜まったく水が飲めなかったから、点滴をしてもらう。

点滴には吐き気止めも入れた、とのことだったけど、

次の日、日中に2度、盛大に胃液を吐いた、かん太。

夕方またお医者に行って、前日より量を増やした点滴をしてもらう。

点滴と言っても、普通想像するような点、点、点、と落ちるタイプじゃない。

太い注射器に入った液体を首の後ろ側のところに、一気にグビッと注入するタイプ。

もともと隙間の無い所(皮下)に大量の液体を入れるから、その部分がこんもり
盛りあがる。

当然、いれてもらう患犬は、とても痛がる(;´Д`)

けど、かん太、ぐっとこらえたね。

身じろぎひとつ、しなかった。

えらい!!

で、昨夜は下痢はなかったけど、相変わらず水分は一切飲まない。

飲みたくてお皿の所に行くんだけど、「無理」って様子で帰ってくる。

すごく吐き気が強いらしい。

そして、とってもぐったりしている。

昨夜の血液検査では、膵炎。

膵臓の値が振り切ってしまい、計測不能だった。

膵炎だとお腹が痛いから、丸くなってじっとしているんだと、先生。

けれど、点滴に入れた吐き気止めのおかげか、夜は一度ガバと起きただけで、割と眠れた。

が、やっぱりまだ水が飲めない。

そこで、今朝は奥の手。

魔法の手を持つエネルギー治療の先生に診てもらった。

最初、先生の手の近くに行くとものすごく痛いらしく「部屋から出よう!!」と
必死に懇願してきた、かん太。

でも、ある時長ーいゲップが出て、それから徐々に落ち着いた。

最後は自分で先生の所へ行って、先生の顔をペロペロ。

つきものが落ちたような表情になって

「腹減った」って感じで私の所へ来たのが、治療終了の合図だったね。

先生がかん太の身体のエネルギーを回してくれたから、

あとはかん太の自己治癒力で身体が勝手に回復してくれるのを待つだけ。

自己治癒には、またホメオパシーが力を貸してくれるかな。

帰宅後には、お肉と野菜のスープを飲んだ。

自分の力で口から飲んだよ。(ノД`)・゜・。 良かったー。

引き続き吐き気はなく、

茹でた鶏肉を、消化しやすいように私が一回噛んであげたら、それも食べた。

食べたら久しぶりにぐっすり寝ている、かん太。

Photo

こんなときも、アキレスを!しかも3本も!coldsweats01

« 祝7才 | トップページ | ゆっくり回復 »

かん太」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525803/62435719

この記事へのトラックバック一覧です: 療養中  6.3kg:

« 祝7才 | トップページ | ゆっくり回復 »