« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

談春

今日は、初めて談春の落語を聞いてきました(´▽`*)ノ

落語自体が2回目で、しかも枝雀以来。
20年以上ぶりsign02coldsweats01

予備知識もないし、
事前準備もなし。

そんな「ビギナー」のお客もきっと多かった、今日の独演会。

演目は、「居残り佐平治」
何と、大ネタ!(≧▽≦)

途中20分の休憩をはさんで全体で3時間の長丁場。
一瞬もぼんやりする隙がなく、
もう全身耳になって聞いてました。

主人公の佐平治という男はとらえどころがなくて、
一体善人なのか悪人なのか、よくわからない。

状況がくるくると変わる度に、はらはらしたり、
え~っと思ったり。

落語って、おもしろいだけかと思ったら違うんだね。
困惑したり、イラッとしたり、ほうと納得したり。
身の回りの誰かに似てると思って小さく笑ったり。

談志は「落語は人間の業の肯定だ」と言ってたけど、
どうしようもないような登場人物もどこか愛嬌があって、
どの人にも思い入れがわいちゃう。

しかも一本の話がまるで映画のように脳内にイキイキと
映し出されるから、飽きるということがない。

・・・と、みんなもそんな感じで聞いたのかと思ったら
甘かった(笑)

今日はサトさんも含めて4人で聞きに行ったんだけど、
感情移入する登場人物が違うと笑うツボも違って、
見えた景色も人それぞれ(爆)

みんな「談春(語り手)と自分だけの世界」に
どっぷり浸っていたんだね。映像がないって、
そういう意味ですごいんだ~。

「落語はね、景気が良いときは人気が出ないんです。
世間様の目はもっと派手なものに向きますからね。
それが、景気が悪くなると人は夜の月の美しさに気付く
ようになる。そういう時に、落語は人気が出るんです」

なんて感じで言ってたけど(記憶)、
落語、すごいな!
談春、すごいな!

誘ってくれたサトさんと職場の皆さんに大感謝。
家で待っててくれた、かん太にも感謝だよ♡

Photo

2017年1月16日 (月)

昨日今日と、珍しく雪のかん太地方snow

嬉しい~~uphappy02papershine

テンション上がりまくりnote

昨日に比べて、今日は雪は少ないね。

1

でも、なんて素敵なんでしょ♪

3

かん太は。。。
4

寒いだけかcoldsweats01

家に向かって、一直線~dashsweat01

2017年1月 3日 (火)

初詣

例年、お正月は私だけ仙台の実家に帰省するけど、
今回は12月に一度里帰りできたので、どこにも行かず
家でゆっくり。

サトさんも、年末仕事仕事で超がんばった割に
年明けに熱を出す、ということもなく、
ほっと一安心。

31日の晩は、近所のお寺で、
希望者が列を作って1回ずつゴーン、ゴーンと
除夜の鐘を鳴らず様子を見学し、

隣の神社で、甘酒をよばれて、
一応、いつもの初詣はつつがなく終了fuji

でも今年はゆったり時間もあるし、
もう1軒どこかに行きましょうと、選んだ先は、
滝山寺。

1

滝山寺は、なんと朱鳥元年(686年)に由来をもつ古刹。
その後、源頼朝の従兄弟が瀧山寺僧侶となったご縁で
頼朝公の厚い信仰を得、
頼朝の3回忌(1201年)には、運慶率いる工房が三尊像を
奉納(うち1体に頼朝の歯と髪が収められている)。
その後、室町時代には足利義満の援助で本堂が造営され、
江戸時代になると、岡崎は家康誕生の地だということも
あって、同じ敷地に東照宮が建立された(1646年)。

という、すごい歴史!
かつては山門からここまでの1kmちょっとの間に
びっしりと寺や宿坊があってものすごく栄えていた
ということなんだけど、
今は当時をしのばせるお寺の数も少なく、ひっそりした感じ。

滝山寺自身も、いまはとても静かで人気も少ない。
それだけに、良い感じ💚

2
ここから、登るよ~♪

3_2
本堂。やっぱり素敵だね~💖

この本堂では、毎年「鬼祭り」という、本物の火を使ったお祭りが
あるのです。
完全に乾燥した板で作られているから、火の粉が降っても、
松明をたとえ置いたとしても、本堂は(こげるだけで)燃えない
んだってeyesign03

本堂の隣にある、東照宮。
5

初詣は、やっぱり神社だよね(笑)

小さいけど、本物の東照宮だよ♪
6
よく見たい人は、写真Clickで拡大してね♪

ねえ、かん太❢
7

あ、模様の中に、鳥を発見♪
8

とり年だけに、嬉しいね~(´艸`*)♪

宝物殿には、運慶工房の奉納したホンモノの三尊像が
あるのです!鎌倉時代の、重要文化財shine

その美しいこと!
身にまとう布のひらひらしたやわらかい感じも全部木で
できているんだけど、どうやったらできるのか、私には
皆目見当がつかない素晴らしさ。

その他にも、やっぱり鎌倉時代の小さな仏像があるんだけど、
目に水晶が入っていて、下から光をあてると鬼の形相。
うえからあてると微笑む仏の表情に見えるという。。。
すごすぎて、鳥肌というか、空気が凍るというか、
本当に人間技ではないという気がする。

    club  club  club

たっぷり楽しめた、滝山寺。
今度はやっぱり鬼祭りも見てみたいなあ!

滝山寺のHP

鬼祭りに由来する、こわ~い伝説もあるのです。
歴史が深いからね、ちょっとやそっとの所ではないですよcute


2017年1月 2日 (月)

2017 あけましておめでとう♡

2_2

本年も、かん太ともども、どうぞよろしくお願いいたします(´▽`*)


« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »