« 談春 | トップページ | ともしび »

2017年2月 6日 (月)

映画

英文ライティングのクラスメートに

絶賛お勧めされた、

本。

1

和書じゃ~んsweat02

というなかれ。

本当に、すごい。。。

圧倒されると同時に、めちゃめちゃ心の奥深くに入り込む。

内容はずっしり。

途中は胸が張り裂けそうに悲しい。

でも、最後に心は救いに満ちて、軽く、静かになる。

なんてこと!

私が生まれた年に生まれた物語。

いままで知らなかったとは。

でも、この年でなければ意味は理解できなかったかも。

その友人いわく、

日本語の原書と、英語の訳文で少しニュアンスが変わる所を、

スコセッシ監督が原書に沿うように丁寧に確認、修正して撮ったのが、

映画 Silence だと。

4
※👆クリックで公式サイトにジャンプ。

あ~、映画が見たい!

と、

サトさんを誘ってみたならば、

最近過労気味で、ちょっとこのテーマは無理っぽいcoldsweats01

では、こちらにしましょうか?

5_2
※👆Click!

「ぼく、疲れすぎて、眠っちゃうかも。。。」

そんな心配、要らなかったね。

最初から、がしっとつかまれて、

すずさんの世界に入り込んだ、2時間20分。

あっという間だった。

「戦争反対」なんて、一言も出てこない。

普通の人の普通の生活を淡々と描いた結果の、

圧倒的な説得力。

エンドロールが終わって、照明がついても、

立つ人がいない。

みんな、席に深く腰掛けたまま。

世界中の人に見てほしいsign01

どうか、沢山の人に届きますようにshineshineshine

家に帰ると、

相変わらず私の足元のかん太ちゃん、

3

そして、サトさん、

出会えた奇跡に、

そして、いつもそばにいてくれることに、

ありがとうconfidentshine


« 談春 | トップページ | ともしび »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

mikatyさんこんばんは!!

「この世界の片隅に」は、正月明けに観に行きましたよ。
まーさんのお義母さんが呉出身で
まーさんも、生まれたのは呉なんです。
お義母さんも観に行ったそうですが、絶対、大泣きしただろうな~

とっても良い映画でしたね。
この映画で流れたサトウハチローさんの
「悲しくてやりきれない」
という詩につけた歌が、映画を観た後もずっと残っていました。

あと、森山良子さんの「サトウキビ畑」の歌詞の最後の部分
「風に涙は乾いても この悲しみは消えない」
というのも
こないだ、夏川りみさんがコンサートで歌ってくださって
あらためて、胸に残りました。

なんかね。。。ほんと、生きることは悲しいです。
でも悲しさの、さらにその奥底みたいなところに
生きることや、命への「いとしさ」があるから
やっぱり、生きることは素晴らしいんだと思います。

お久しぶりです!
最近調子悪くて中々ブログに来れなくてごめんなさい(>_<)
良いなぁ。映画見れて…。
私はトラウマから映画館に行けないので、いつもツタヤで借りてきてますよ。
でも、やっぱり映画は映画館で…と言う想いは強いのですが、なかなか…( ´△`)
「沈黙」の方はCMで見てとても興味があるのです…!mikatyさんの感想を読んでもっと観たくなりました☆
小説も良さそうですねぇ( ´∀`)
今日新聞で紹介されてたので、映画も本も見てみたいわぁ(*´∀`)♪

やいまさんnote

まーさん、呉出身なのですね!
呉港が大事な拠点だったことは教科書で習っていましたが
広島との関係性など、私はこの映画で初めて知りました。
呉への空襲のすざまじさも、「時限爆弾」のことも、知らなった
ことばかり。

ささやかな日常の中にこそ守るべき幸せがあるということは、
世界のどの地域でも等しくあてはまることだと思います。
あらゆる国の沢山の人に見てもらいたい。

私はこの映画を見てから、気の持ちようが変わったのか、
「うちの子、明日入試なんです。インフルエンザにならないか
とか、雪が降らないかとか心配で」何ていうお母さんに
出会ったときも、
そんな心配ができる日常があるって良いなーって思いがふわりと上がってきて、
「本当にそうですね。でも、きっと大丈夫ですよ」と言いながら、
とてもあったかい気持ちになっていましたconfidentheart04


こころあゆむちゃんnote

お久しぶり!!(*´▽`*)ノ♡
私は遠藤周作という作家をどうやら食わず嫌いだったことが
わかりましたcoldsweats01
何か説教臭い話を書いているに違いないと、妙な先入観を
持って、はなから避けていたのです。

ところで、クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」
以降、日米合作のような映画・ドラマの質がとても上がったという
気がしてます。
こういう垣根を超えた作品作りがあたり前になっていくのは、
はたで見ていて嬉しいなーと、なんだかほくそえんじゃう私ですsmileheart

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525803/64859308

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:

« 談春 | トップページ | ともしび »