« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

SATSUMA

最近、私の英会話の先生をしてくれるのは、イギリス人のアンディーさん。

日本はとても住みやすいとご機嫌だけど、一つ不満があるとか。

それは、リンゴ。

イギリスで食べ慣れたリンゴは、小さくてまるかじりできて、
1回に1個食べてちょうどいい。

ところが、日本のリンゴは大きくてまるかじりに向かず、
無理して一個食べるとお腹がりんごでごぼごぼになる(;´∀`)

あ、「ごぼごぼ」って英語で何て言ってたの?とか、
つっこまないで下さいね。一言で言えないですから(;´Д`)

逆にとっても嬉しい驚きもあるとか。

「それは、サツマだよ。」

「日本のサツマは、甘くてジューシーで本当に美味しいね♪」

思い出すだけで幸せ♡なウットリした表情。

でも、

は?
サツマって、何?

「サツマ・オレンジだよ!」

はい~~~(・_・)?
サツマ・オレンジぃsign02🍊🍊🍊

どう書くの?

「普通にサツマ、だよ」

Satsuma ・・・?

「そうそう」

オドロキ、モモノキ、サンショの木🌳 👀sign03

Photo

(※出典にジャンプしたい人は↑をClick)

「種がなく皮の薄いオレンジで、サツマ・マンダリンとも、サツマ・タンジェリンとも呼ぶ」

へえ~!

「涼しい亜熱帯地域で栽培される。産地は、日本、スペイン、中国中央部、韓国、トルコ、ロシアの黒海沿岸、南ア南部、南アメリカ、カリフォルニア中央部、フロリダ北部・・(←ざっくり意訳)」

ほお!

「世界で一番生産量が多いのは、日本の南部である」

はあ!

灯台もと暗し。

温州ミカンが、まさかのサツマ!!

日本で『サツマが美味しいね』と言うと、たいていイモのことだよ。

「は?」

今度はアンディーさんが、びっくり(笑)


2017年6月26日 (月)

ねんきん

ねんきん定期便というのが時々来るようになって、

将来いくらもらえそうかがわかるようになった、

というのは嬉しい話。

それまでは、年金をいくら払っても、

年金事務所からは何の音沙汰もなかったからね。

ねんきん定期便が来るようになって思ったのは、

これは、

「心の準備をしててね」というお知らせなんだということ。

Photo

は?

って感じだよね。

これで、1年分かー。

でも、私たちの世代よりも、

下の世代はもっと大変。

身体が動くうちは働き続けよってことだよね。つまりはね。


そう思うと、我が家のご近所の長老様たちは、

畑をやったりお店をやったりして、

いくつになっても働いてる。

働いているせいか、

80になっても90になっても

元気なものhappy01shine


それでも、一つまた一つ、個人商店が

「店主高齢につき」で

閉まっていく。


井戸端会議の場所が減らないように、

もう少し下の世代の人にも、

いかす小さなお店を近所に作ってほしいなあ~♡catface


2017年6月25日 (日)

畑通信6月末

今年は、梅雨入りしてから、1回しか雨が降らず、
ジャガイモがなかなか大きくならなかったのです。

ちょこっと掘っては戻したり(;´∀`)

ちょこっと掘ってはオムレツにしたり( *´艸`)

まあまあ楽しんではいたけど、小さな実を見るにつけ、
雨が降ってくれないかなあと思ってました。

それが、21日にたっぷりの雨rain

雨のあとは2-3日置かないと、イモが腐りやすくなると
ご近所さんのアドバイスがあり、
しばし休憩のあと、ついに24日に、ジャガイモを収穫sign01

やった~🙌

採れ高は。。。
Photo

右側は、虫食いの皆さん。

無農薬だからね、虫もぷくぷく太ってた(苦笑)

3

4年連作でもう今年は無理と言われた畑なのに、
監督、さすがですっ(≧▽≦)ノ♡

ジャガイモが無くなった、畑。
2

さてさて、何を植えましょうかね。

やっぱりオクラかな( *´艸`)


2017年6月21日 (水)

狂犬病注射 6.8kg

いやあ、驚いた。

かん太選手、記録更新です。

shine6.8kgshine

クオリ酵華という酵素がね、甘いのです。

きっと、カロリーが高いんだと思うcatface

それにしても、この酵素、本当にすごい!

腸内細菌が住みつかずに下痢ばかりしていたかん太が、

他のサプリも薬も使わず、

ただこのクオリ酵華だけで

毎日きれいなウンチが出、

消化吸収が良くなって体重も増えてる!!

ミラクル~~(*´▽`*)ノ♡

   clover   clover   clover

今日も頑張った、かん太。

自分でシーツ敷いて寝てるし( *´艸`)

1

タオルを物色した痕跡が。。(;´∀`)

2_2


奥の方に入れたからね。

それにしても、よく探したもんだ(笑)


2017年6月17日 (土)

かん太ごはん

から梅雨というのですかね、
梅雨に入ってから、1日しか降らず、
毎日暑い~💦

季節の変わり目は、かん太のお腹も緩くなりがち。
だから、食事はとってもシンプル。

1

これに、タマゴをトッピングしたり、ちょっとみそ汁のジャガイモを
つぶしていれたり。

時にはちょっと変化があると、楽しいもんね(笑)

2

ジャムは、今年のラズベリーと去年のブラックベリーやブルーベリーを
混ぜたもの。

かん太、ベリーは好きな方だもんね(´艸`*)♡

ケイズマイスターは、かん太がわが家に来てからず~っとのお付き合い。
繊維もとれるお助けサプリ。(←Click)

酵素は、かん太の腸の働きに直結する大事なもの。
このおかげで、小麦若葉を作ってはジュースを朝晩しぼっていた
2年間がつつがなく終了できたんだもん。
ありがたや~♪

2017年6月14日 (水)

かん太ポンポン

意外性満点のプレゼントをいただきました(´艸`*)♡

それは、

🌼かん太ポンポン🌼

手作りdog

1

2

3

4

5

6

なんて、素晴らしい出来栄えshineshine

もはや単なるポンポンの域を超えて、

今にも話出しそうです(笑)

ありがとうございましたhappy02paperheart


2017年6月 9日 (金)

畑通信

3月、ジャガイモの種まきどき。

今年も我が家の畑にやって来てくれた畑の監督。
いつもみたいににっこり笑ってすぐに作業に取り掛かるかと思いきや、

畑をみつめて
なにやら考えてる。

ようやく顔を上げ、
開口一番、
「ま、今年は、ロの字形に植えるか」

およ~~~!
最初の年は、風の通る方向に従って植えたのが、
今年はロの字eyesign01

「風の向きとか、もう良いんですか?」

「今年はね、きっと、ならんよ。
百姓を長くやってきたけど、
何年も同じところで作った経験がないじゃん。
どうせならんなら、試したことがないことをやろうまい」

ををを~flair
84才にして、新しい発想に挑む、畑の監督!

やろう、やろう~♪

いつもみたいに、
ジャガイモを30cmくらいの間隔で植えて、
その間に米ぬかひとつかみと、有機肥料を少々。

小さな畑だもん。
あっという間に作業完了。

「あまった肥料ね、あげるでとっといて」

はーい。
あれれ?この白い粒は何?

にっと小さく笑った、監督。
「化成肥料」

あららcoldsweats01
さすがに今年は育たないと踏んだとみえて、
こそっと入れましたかー。

「ならんと、たるいでね」
smile

それから、2ヶ月半。
5月末の畑は、
5_2

なんと、ジャガイモが、私の太ももまで届くわっさわさぶり!
トマトやキュウリはもうどこにあるのか、ほぼ不明(;'∀')
化成肥料、すごいな(苦笑)

畑からちょっと離れたところにある、こちらは仙台から来た有機のラズベリー
3

おかげさんで、毎日採れるよ。
54

とりあえず、そのまま頂いてます♪
55

ジャムも、作らんとね~。


2017年6月 8日 (木)

土佐の高知の~♪

はりまや橋の~♪
1

初高知~happy02paperup

いやあ、高知は素晴らしい♪

まず、魚が美味しいfish
藁焼きのカツオのみならず、ウツボのお刺身も、土佐湾で採れるしらすも絶品good

しかも、野菜も美味しい♪
水が違うのかな。トマト、ナスに始まって、なんでも美味しい。

女性がキレイ♪
土佐の女性は「はちきん」と言って、男勝りで大胆、8つの睾丸をもてあそぶ
とも、男4人に匹敵するとも、いろいろ言われているらしいけど、
うちの女房は10点のうち8点くらいだという意味で使われることもある
らしく、なかなか諸説こもごも。ただ、きりっとした美人が多い。

お城が古い♪
山内一豊が建てたお城は火事で焼けちゃったそうだけど、
290年前に再建されたものが、戦火を免れて残っている。
って書くと普通そうだけど、高知市内全域が焼け野原になったとき、
お城だけが無傷で残ったというから、シンボルとしての意味も大きい。

ラテン気質♪
これは、はりまや橋の話から、私が勝手にそう思ったんだけど、
そもそもお坊さんがお馬さんという10代の女の子を見染て、
それをいさめようとした先輩のお坊さんがかえってお馬さんと
恋中になって3角関係になり、その後、破門されて、
二人で逃げて、捕まって、つながれたままさらし者にされて、
追放されて、また一緒になって、また引き裂かれて、、、
一体、なんというストーリーなのでしょう。

これはもう、ラテンの血だflair
そう思っちゃった(´艸`*)♡

そのはりまや橋のたもとに、200年前からかんざしを含めた
土佐サンゴのアクセサリーを売っている、お店あり
2_2

200年前というと、龍馬が生まれる前なんだって。
民生委員を長くやって天皇陛下に勲章をいただいたご主人の
話がとにかく興味深く、
記念にサンゴのネックレスと念珠を購入。
御年85才のご主人、目が見えにくくなってきたから店を閉めたいと
おっしゃっていたけど、お元気で細く長くがんばっていただきたいです💖

土佐城
3

山内家の家紋
4

この三葉柏の家紋と、岩崎家の菱型の家紋を合体させて、
岩崎弥太郎が、三菱のマークを作ったのだとか。
おお~、確かにそんな説もうなづける。

お城の蓮池
5

山内家と長曾我部家のいさかいについては、どうなのかと
ちょっと地元の方に尋ねたところ、
自分がどっちの血筋かは、みんなハッキリわかっている。
でも、山内家は大政奉還の建白書を書き、今の時代を切り開く
大きな仕事をしたし、
長曾我部家の家臣の中でも有能な者、例えば吉田東洋氏の
先祖など三顧の礼をもって迎えたこともあり、
今はどっちがどうということで気にすることはなく仲良くしてますよ、とのこと。

良かった、良かった(*^^*)

神の慮り

ニューヨークの病院に書かれた、患者さんの詩 とのこと。
意訳  神渡良平

大きなことを成し遂げるために 力を与えてほしいと 神に求めたのに
謙虚さを学ぶようにと 弱さを授かった

より偉大なことができるようにと 健康を求めたのに
より良きことができるようにと 病弱な体を与えられた

幸せになろうとして 富を求めたのに
賢明であるようにと 貧困を授かった

世の人々の称賛を得ようとして 権力を求めたのに
得意にならないようにと 失敗を授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが 願いはすべて聞き届けられていた
言葉に表されていない祈りが叶えられていたのだ

ああ、私はあらゆる人の中で
もっとも豊かで祝福されていたのだ


A Creed For Those Who Have Suffered

I asked God for strength, that I might achieve
I was made weak, that I might learn humbly to obey...

I asked for health, that I might do greater things
I was given infirmity, that I might do better things...

I asked for riches, that I might be happy
I was given poverty, that I might be wise...

I asked for power, that I might have the praise of men
I was given weakness, that I might feel the need of God...

I asked for all things, that I might enjoy life
I was given life, that I might enjoy all things...

I got nothing that I asked for-but everything I had hoped for
Almost despite myself, my unspoken prayers were answered.
I am among all men, most richly blessed!


« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »