« ボブという猫 | トップページ | チョコの季節 »

2017年10月 6日 (金)

Never Let Me Go

昔に比べてめっきり読書量が落ちた、ここ数十年。

もっぱら、積読(つんどく)

その数少ない読んだ本の中でも、本当にヤダと思い、衝撃を受けたのが、

カズオ・イシグロさんのNever Let Me Go.

*英語版()、日本語版(

読んだ後にどうしようもない気持ちが残って、

現実社会のことをいろいろ調べたら、

現実は小説よりももっと恐ろしい。

人間は、人間に何とむごいことができるのか。

むき出しのエゴと欲。

カズオ・イシグロは、その鬼のような現実の中から、

エッセンスを抽出して、

虚構の世界を作り出し、

そういう現実を知らない私を含む多くの人たちに提示した。

現実社会に対する強烈なアンチテーゼ。

不完全な人間のふりかざす「正義」と、

名もなき人の中にある完全な愛おしさ。

感情を強く揺さぶりつつ、話は静かに進行していく。

この本を読んでからというもの、

カズオ・イシグロの記事やテレビ番組を追いかけるようになった。

大変穏やかな、一見とても普通の風貌と語り口。

日本で日本人の両親から生まれたから、

確かに外見は日本人。

でも、日本人の作家と思ってはいけない。

けれど、純粋なイギリス人でもない。

彼の中のどうしようもない宙ぶらりんなアイデンティティが、

逆に、一つの文化に縛られず

国籍や時代を超える透徹した眼を育んだのかな。

著作は、たった7冊。

私は最後まで読んだのは1冊きりだけど、

何年経ってもまだめっちゃ刺さってる。

そんな本が7冊なら、数は問題ではないんだね。

ノーベル賞、おめでとうございます。

気が付けば、私の本棚には、ノーベル賞作家の本がちらほら。

Nobel

ヘミングウェイは、たぶん20年近くつん読して、先月ようやく読んだとこ

老人と海

こんな話だったのか

シンプルな文体だけど、力強い。

静かだけど、激しい。

なんなんだろうね、この掴まれ方は。

いま読むタイミングが来るのを楽しみにしてるのが、

Doris Lessing のSHIKASTA

サンリオ出版が子供向けに訳本を出してる()くらいだから、きっとすごい良いに違いない(。→∀←。) b

« ボブという猫 | トップページ | チョコの季節 »

本・映画」カテゴリの記事

コメント

やいまさん

3冊も読んだんですね!!さすがだな~♪
私はThe remains... は途中まで読んだかなあ。。。って感じで、
The Buried Giant は、Never let me goのトラウマがあるので、
書評はくまなく読んで、作家インタビューなども読んで
かなり馴染んだ気持ちになってるけど、読んでないという。。

カズオ・イシグロが文学賞受賞して
すごく嬉しいです!
と言っても熱烈なファンでもないですが
The remains of the day、Never let me go, The buried giant
の3冊読みました。
The remains~は有名ですね。
何故か、本棚にない。。。捨てたのか、私!?(汗)
Never let me goはやっぱり衝撃的でした。
The buried giantも、読後感がすごく不思議な作品でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Never Let Me Go:

« ボブという猫 | トップページ | チョコの季節 »