« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

二つのお通夜

2日続けて、お通夜でした。

夏の終わりのこの時期、身体へのストレスはやっぱり大きいのかな。

1日目のお通夜は、かん太とも大の仲良し、トイプー・ココアの家の
おばあちゃん。

御年97才。

病院では心不全とされたようだけど、

当日も面会していたココアのママいわく、

「少し話すと、寝ちゃうの。

また目が開いて少し話すでしょ、また眠くなっちゃうのよ。」

そうして、夕方に旅立った。

前の日まで、川柳を詠み、お風呂に入り、笑っていたという。

とてもきれいなお顔だった。

大往生。

お通夜の席では、みんな楽しかった思い出を話して、
寂しくて泣いちゃって、

そしてまた話して、笑って、泣いて。

最後に、ありがとう!ありがとう♡ありがとう♪って口々に棺にむかって
声をかけた。

       

翌日のお通夜は、布団屋の旦那さん。

70才。

100才のおばあちゃんが健在だから、息子さんの訃報に誰もが声を失った。

お兄さん気質の素敵な人だった。

どうして急に亡くなったのかな。

聞くともなく聞いていたら、どうやら

胃がんの手術で取りきったと思っていたのに再発したとか。

その方の100才のお母さんと我が家のオオ母さんは、幼馴染じみ。

その二人が晩年、口をきかなくなったのは、

「うちのお袋の心無い言葉が原因で、あなたのお母さんを傷つけてしまったからだ」と

深々と頭を下げてくれた、

そのことが心に残っていると、サトさん。

まさかこんなに早く逝ってしまうなんて。

もともと花火師で、全国各地を回っていたとか。

電子制御になる前は、法被の下に花火の玉を抱くようにして

雨をよけたんだとか。

春にはとても元気で、町内会の仕事も引き受けてくれたのに、

ついこの間まで、離れのお母さんの家によく顔を出してたのに。。。

お通夜の席は、悲しみの場だった。

奥さんが見るからに力を失っていて、

消えてしまいそうなほどか細くなっていた。

棺の中のおじさまは、不思議と、むしろすっきりした様子。

最後まで力を尽くして、全てを受入れて亡くなったんだね。

「残された家族が、そんなに泣いてどうするんですか!

魂が、帰るべき場所に、帰れなくなります。

そうなったら、あなたのせいです!」

犬の小太郎が亡くなったとき、住職に叱られたことがよみがえる。

「おばさん、おじさんは、とってもがんばったんだね。

一生懸命生きたおじさんに、ありがとうと言おう。」

でも現実には、そんなこと、とても言えなかった。

思えば、実家の父親が亡くなったときの私もそうだった。

最後まで治療にこだわってしまった、家族。

父は、鼻から入れたチューブを嫌がった。

あらゆる管を取ってほしいと言った。

そうしてあげれば良かったと、後からどれだけ悔いたか。

退院できる希望がないなら、いっそ治療はせずに

快適に過ごすという選択肢を考える、というのは、最近の傾向。

父が亡くなった2002年は、まだまだ治療優位だったね。

お父さんが亡くなったときも、もっと心から「ありがとう」と言えたらよかった。

自分を責める気持ちが強くて、なんだか泣いてばかりだったよね。

がんばって、この世を生きて、亡くなった人達みんなに言いたいのです。

ありがとう。

あなたがいてくれて、良かった。

安心して、帰るべきところに、お帰り下さい。

そして、美しい高いところから、どうか私たちを見守っていてください。

全ての命に、幸あれ。

2018年8月26日 (日)

夏、長いなー

長い夏に閉口している、我が家族。

かん太も、絶賛夏バテ中。

食欲もあるし、調子もそこまで悪くないけど、

時々戻したりして、胃腸は疲れてるなーと。

それでかどうかは不明だけど、

このところ「1階で寝よう」運動を展開中の、

このヒト。




2階の寝室は、熱がこもって、

確かに暑い😵💦

それに比べて、1階はクーラーなしで眠れる爽やかさ

それにしても、2階のかん太のハウス、

こんなにしちゃって😵‼️




入り口を下にして立てたら、

入れないわなー。

かん太、そんなに賢いのか?😱

2018年8月 8日 (水)

エビちゃん

昨日の朝、かん太との散歩の途中、

エビを保護した。

エビ。

エビ?

そうそう。

身体を折ると親指の頭くらいで、身体を伸ばすと親指くらいの体長。

色は灰色っぽい茶色。

そのちっちゃいエビが、アスファルトの上で固まってた。

いったん通りすぎてから、

「ええ~~?!」

振返ったら、

まだ固まってた。

日中40℃近くに上がる昨今、

朝の6時過ぎでも道路はホヤホヤ。

夜でも冷えないんだよね~。

こんなところにいたら、すぐ干からびちゃうよ。

「とりあえず、ウチに避難する?」

エビに言っても、わっかりゃせん

大きめの雑草の葉っぱをとってきて、

エビを手で触らないように、

そっと葉っぱの間で捕まえた。

「大丈夫だから、ちゃんと捕まっとりん」って言ったのに、

2回もアスファルトにダイブ。

けれど、

エビはすごいよ。

仰向けにひっくり返っても、

全身の筋力でぴょんと元に戻れる!

ダイハードなエビちゃん。

家に連れてきたのは良いものの、

海水の住人なのか、淡水の住人なのか。。。

ネットでしらべたら、海のエビはみんな色がキレイ。

川のエビはどれも地味。

地味なみかけのうちのエビちゃんは、きっと川の住人だね。

さっそくプラスチックの容器に水を入れて、

葉っぱごと入ってもらった。

葉っぱの陰に隠れて寝てる。

何だか調子良さそう♪

                *-*-*

エビをすぐに川に運ぼうかと思ったけど、外は雨が降ったりやんだり。

なかなか外出しにくい。

そうこうするうち、4時!

玄関に置いたプラスチック容器(空気が通る)のエビは、

動いてない!

なんだか、元気ない!

こりゃいかん。

早く川に連れていかなくちゃ。

近所の川は、良い具合に川岸に緑が生えまくってる。

しかも、

川面まで下りる階段がある!

エビは、ぐったりしている。

大丈夫?

もうじき、水に入れるからね。

エビの命、間に合っておくれ!!

階段を下りたら、川の水は、意外とドロドロした感じ(^^;

大丈夫かな?

しかも、なにやら天敵だらけ!!

それでも、もう今しか返すときはない。

容器の中に川の水をくんでみたならば、

エビちゃん、長い手をぎゅ~っと伸ばして、

川の中の草にしがみついたかと思うと、

なかなかの素早さで川に入り、見えなくなった。

機敏じゃん~(*'ω'*)b

エビちゃん、天敵に負けず、長生きしてね

2018年8月 2日 (木)

盛夏

なんかもう、清々しいほどの暑さ⤴︎⤴︎


今日の車の気温計。




道路は、アスファルトの照り返しがあるからね〜

こんな中を元気に自転車🚲で行くのは、夏休み中の小学生、中学生、高校生と、、、時々目に入るのは、まさかのシニア( ̄◇ ̄;)

時間もまだお昼過ぎだったしね〜(⌒-⌒; )

甲子園、もうじき始まるけど、選手も観客も大変だ。

選手は暑さバテないように、普段からわざとに暑い場所で練習して身体を慣らさないといけないとか。

慣れることができるのも、一種の才能かも。

私の場合、冷房にも暑さにも慣れんでかんー

2018年8月 1日 (水)

かん太社員

かん太社員のお仕事風景

その1




その2





いるだけで、戦力(≧∀≦)♡



« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »