« 猫が発酵させたコーヒー | トップページ | 老後に備える »

2019年3月21日 (木)

ルアックコーヒーについての反省

昨日、ジャコウネコの体内で発酵させたルアックコーヒーのことを、


驚きをもって面白そうに書いたけど、


ちょっと調べてみると、


そのコーヒーが美味しくて、希少で、高価なために、


虐待的生産が行われているらしい😠⤵💧


リポートはこちら


森林からジャコウネコを密猟してきて、何年も小さなケージに閉じ込めっぱなし。


多くのネコたちは、ストレス反応で同じところをグルグル回ったり


毛が抜けたり、気が狂ったりするらしく、


体力が落ちて糞がでなくなって森に解放される猫は少ないとのこと。


人間は残酷なことができるってこと、忘れちゃいけないね。


大反省。


ジャコウネコを密猟から守る、レンジャーたちの活動も続いているそう。


1年で200匹以上を保護し森に解放したレンジャーたち→


最初のビデオは、「ルアックコーヒーを買わないで」と訴えていた。

本当に、おっしゃる通りです。

現状では、ちょっと無理としか、言いようがない。

« 猫が発酵させたコーヒー | トップページ | 老後に備える »

食べ物日記」カテゴリの記事

コメント

きいろちゃん(*'ω'*)ノ

人は昔から残酷なことをしてきたし、
いまでもそれができる。

でも残酷なことをすると、した方も傷つくよね。
どの命もハッピーに生きて、お互いに支え合う、
そんな地球になってほしいね☆

調べたところが偉いよ!
うまい話には裏があるってやつだねえ。
今,「サピエンス大全」を読んでいるんだけど,サピエンスは自分達が生き残る環境を作るために,
歴史的に相当な絶滅種をつくっているらしく,心を痛めておりました。
私も一つ賢くなりました。ありがとうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫が発酵させたコーヒー | トップページ | 老後に備える »