本・映画

2018年11月19日 (月)

コンビニ人間

サトさんが、言った。
この本、ホントにすげー。
すげーぞ。
読んだ方が良いぞ。
君は、きっ気に入るぞ。
そして、私の机の上に、一冊の本を置いて行った。

Photo_2

いやあ、びっくり。

好きとか、そういうことではなく、
昨日書いた、真言宗のお寺さんの言葉が、
まんま。

本の中では「あちら側」と「こちら側」として描かれる
二つの世界。

お寺さん流に言えば、「こちら側」は「本人の思い込み」で
「あちら側」こそが寄り添うべきもの。

多くの人の思い込みで成り立つ現代のニッポン。
生きにくいと思う人は多い。

インドに初めて行ったとき、思いがけない衝撃が走った。
片方の足の膝下が欠けている人、犬、ウシ、金持ち、
お父さんについて働く子供、いろんな人達が、ごみごみした
通りを堂々と歩いている。

逆走の車、割り込む車、巨大なトラック、動物を積んだ車、
後ろに客を乗せたバイクタクシー、三輪タクシー、
象、通りを斜めに渡る人。。。ルール違反の人たちも
そうでない人たちも、等しく堂々と道路を使っている。

問題は多いとしても、混沌が、逆に自由に思えた。
一件秩序正しい日本は、実は縛りが多い。
足のない人は「可哀そう」と思われる。交通弱者は一人で
外に出にくい。野良犬は道にいる権利はない。
「コンビニ人間」風に言うならば、すべからく「削除」される。。。

「思いやり」の文化が、実は「善意の思い込み」だという皮肉。

本当の「思いやり」
本当に「気持ちを寄り添わせること」

それができた時、社会は本当の意味で一つになる。
「あちら側」と「こちら側」の区別はなくなる。

でも、きっと脳で考えている間は、それは起きない。

ブルースリーの有名な言葉がある。
Don't think. FEEL.

そういうことだと、思うcatfaceshineheart01
ただ、感じる。

感じることは、つながること。
つながるためには、エゴがやっぱり邪魔じゃん~!wobblysweat01

実は、昨日書いた友人のことを、いつも思っているのです。
私は、私のエゴでも良いから治ってほしいと思ってるんだけど、
そんなエゴを持ち続けていたら、友人とはつながらないんだー(;゚Д゚)

友人を感じる。
友人の心の中に恐怖があれば、癒しを祈る。
友人の心の中に受入れがあれば、友人を抱く。
友人の心の中に希望があったら、それも一緒に抱けば良いね。

何だかとっても深いsign01shineheart01

2018年11月11日 (日)

ポールぅ〜💕😆

ポール・マッカートニーの名古屋公演、

行きました〜✨✨💫😆🎸🎼🎤🎹






日本ツアー最終日で声は枯れてカラカラ

大丈夫かなあとハラハラする観客をよそに

今日はノーブレイクで行くよ〜⤴️🎸

冒頭にいきなり「休憩なし」宣言😳❗️

そして、2時間半の出ずっぱりの

歌いっぱなしの、演奏しっぱなし

水も飲まいなんてー

その上、ビートルズの全曲に心がこもってる😭

ジョンやジョージのトリビュートソングにも

ハートがいっぱい入ってる💓💓🎸🎤✨💕🙏





ジーンときたのが、

Carry that weight. という曲

頑張れ、頑張れっていう

熱い応援歌に聞こえた😭😭😭

ポール、ありがとう〜〜❤️❤️

2018年9月30日 (日)

台風の夜

台風でどこにも行けない時は、何をするか?

私のお気に入りは、映画を見ること。

台風21号の時は、ビデオレンタル。

見逃した映画、いっぱいなんだもんcatfaceheart

diamond沈黙  スコセッシ監督。
隠れキリシタンとそれを弾圧するお上と、神父の物語。
よくぞ映画にしてくれましたcrying

diamondファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
JKRowlingの脚本なの~♪
続編が、11月23日に始まりまーす(≧▽≦)ノ

diamondジヌよさらば
東北なまり、バンザイ~(/・ω・)/♪
エキストラの皆さんの自然体が、とっても笑える!

台風24号の今晩は、本を読みましたよ。

サトさんが「めっちゃくちゃ面白い!是非読むべき」
と、半ば押し付けてくれた

”流(りゅう)” by 東山彰良

Photo

一青窈、渡辺直美と、台湾出身のスターが活躍する昨今だけど、
台湾、日本、中国の文化と言葉の壁をすいすい超える作家がでてくるとは、
すごい!!

バイオレンス満載だけど、リアルで、面白くて、一気読み!(*´з`)★

サトさんじゃないけど、もっと読みたい!ってなる一冊。


2017年11月26日 (日)

クイーン・メアリー

昔は結構TVドラマを見てた私。

でも、仕事復帰に当たって、もうそんな余裕もなく、

見るのはほぼ、NHKの朝ドラと大河だけ。

だったんだけど、

ドはまりしちゃったの~~~~happy02note

BSでやってる海外のドラマtv

クイーン・メアリーdiamonddiamond

Reign

とにかく、登場人物が魅力的crownshine

Reign2

うっとりするほどの美男、美女がてんこもり。

衣装が素敵ringshine

Reign4

衣装は、毎話だいたい3着ずつ用意するのだとか。
メインキャストは現代のブランドもの、脇のキャストは時代考証に基づく衣装。
ヘアスタイルもジュエリーも、とにかく素敵lovely

そして、展開が波乱万丈sign03shine

Reign3

胸キュンあり、サスペンスあり、悲劇あり。。。
のめりこんで見ちゃうcatface

制作チームは日本の少女漫画っぽく作ることを考えたようだけど、

確かにこれは、

ベルバラで育った西洋人が
ベルバラの夢と愛と儚さと美しさのエッセンスを入れて作ったドラマと言って過言でない🌹🌟🌹🌟🌹🌟

海外ではもうシーズン4で終了してるけど、
日本ではまだシーズン2の真ん中。

ところで、スコットランドのクイーン・メアリと言えば、
数奇な運命に翻弄され、怒涛の人生を送ったあげくに
従妹のエリザベス女王に謀られて断頭台の露と消えた美貌の人。

ドラマでは、めっちゃ正義感溢れる強く賢く美しい女性。
一方、エリザベスは嫉妬心や警戒心が強いヒールとして描かれてる。

ただし、英国人のアンディー曰く、
イギリス人にとってはあくまでもエリザベスが絶対的な善で、
メアリは混乱の元凶。
エリザベスがヒールだなんてありえない、と(;´∀`)

ま、得てして歴史はそんなもの。
見る方向が違うと解釈は真逆になるからね。。

激動の大河ロマン、
火曜の深夜枠なので、予約録画なのだ~(´▽`*)ノ♪

2017年10月 6日 (金)

Never Let Me Go

昔に比べてめっきり読書量が落ちた、ここ数十年。

もっぱら、積読(つんどく)coldsweats01

その数少ない読んだ本の中でも、本当にヤダと思い、衝撃を受けたのが、

カズオ・イシグロさんのNever Let Me Go.

*英語版()、日本語版(

読んだ後にどうしようもない気持ちが残って、

現実社会のことをいろいろ調べたら、

現実は小説よりももっと恐ろしい。

人間は、人間に何とむごいことができるのか。

むき出しのエゴと欲。

カズオ・イシグロは、その鬼のような現実の中から、

エッセンスを抽出して、

虚構の世界を作り出し、

そういう現実を知らない私を含む多くの人たちに提示した。

現実社会に対する強烈なアンチテーゼ。

不完全な人間のふりかざす「正義」と、

名もなき人の中にある完全な愛おしさ。

感情を強く揺さぶりつつ、話は静かに進行していく。

この本を読んでからというもの、

カズオ・イシグロの記事やテレビ番組を追いかけるようになった。

大変穏やかな、一見とても普通の風貌と語り口。

日本で日本人の両親から生まれたから、

確かに外見は日本人。

でも、日本人の作家と思ってはいけない。

けれど、純粋なイギリス人でもない。

彼の中のどうしようもない宙ぶらりんなアイデンティティが、

逆に、一つの文化に縛られず

国籍や時代を超える透徹した眼を育んだのかな。

著作は、たった7冊。

私は最後まで読んだのは1冊きりだけど、

何年経ってもまだめっちゃ刺さってる。

そんな本が7冊なら、数は問題ではないんだね。

ノーベル賞、おめでとうございます。

気が付けば、私の本棚には、ノーベル賞作家の本がちらほら。

Nobel

ヘミングウェイは、たぶん20年近くつん読して、先月ようやく読んだとこcatface

老人と海

こんな話だったのかeyesign01

シンプルな文体だけど、力強い。

静かだけど、激しい。

なんなんだろうね、この掴まれ方は。

いま読むタイミングが来るのを楽しみにしてるのが、

Doris Lessing のSHIKASTA

サンリオ出版が子供向けに訳本を出してる()くらいだから、きっとすごい良いに違いない(。→∀←。) b

2017年10月 2日 (月)

ボブという猫

やいまさんが、ブログで紹介してくれたこの本、
読みました~happy02paperupup

Bob

私が好きなのは、飼い主のジェームズさんがとても謙虚で、
「ボブは僕の子供」という一方で、
「ボブはスターで僕はボブのKeeper(保護者)だよ」と、
ボブに注目が集まることをとても幸せそうにしていること。

私も、気持ちはとってもよくわかる。
同じ気持ち、と言ってもいいかなとも思っちゃう💚

ジェームズさんがボブと暮らして、足掛け11年。
私もかん太と暮らして、もう9年。

かん太のいない暮らしは考えられないけれど、
その日はいずれやってくる。
そう思うからこそ、かん太のくれたこの奇跡のような
一瞬一瞬が、限りなく愛おしい。

私も、かん太のおかげで、人生が変わったんだよ
沢山の福を運んで来てくれて、ありがとうheart

Gift2

↑このチャームは、misakiちゃんからのプレゼント。
ありがとう~(≧▽≦)♪

2017年7月24日 (月)

ふしぎの国のバード

このところ、私の英会話の先生をしてくれる、英国人のアンディーさん。

大の歴史好き。

そして、フィクションよりも圧倒的にノンフィクションが好き。

その彼がおすすめの映画は、

9月公開予定の

ダンケルク

Photo
※写真をクリックで、オフィシャルサイトへJump!

アンディーさんいわく、

「いま一番作ってほしい映画は、

織田信長に寵愛された弥助の映画と、

イザベラバードの映画です」

弥助?だれそれ?

「知りませんか?初の黒人の侍ですよ!」

ん(・_・)?

そんな人いたっけ?

でも、イザベラバードは知ってるよ。

サトさんも、大ファンだからね。

「バードの話は、最近マンガにもなりましたね!」

ええ~、そうなの?

。。。

買っちゃった(*^~^*)ゝ

Photo_2


いや~、めちゃくちゃ読みやすい!

あっという間に読んじゃった。

「つん読」してた原書も、

なんだか読んでみたくなっちゃった(笑)

それにしても、アンディーさん、守備範囲広っsign03

2017年5月 4日 (木)

娘よ

先日、仕事で出会ったオマーン人。

「隣のパキスタンからドラッグが入ってきて、社会問題になってる」と。

隣のパキスタン?!

早速地図で確認すると。。。

Oman

確かに、海を隔てて隣coldsweats01

日本も、韓国、中国、台湾は「隣」って感じがするもんね。

そういう意味では、確かに隣りだわ(*‘∀‘)b

そのバキスタンの映画を、友人が紹介してくれました。

Oman_2

☝クリック!

愛知は、名駅のシネマスコーレで5/13から。

小耳情報でした😺♬


2017年5月 3日 (水)

人生タクシー

今年は2月からなぜかMiddle Eastがマイブーム。

本を紹介されたり、中東の人に出会ったり、中東に駐在したり
旅行した友人に話を聞いたり。

まだまだ雲をつかむようなイスラムの世界だけど、
ニュースで聞くような物騒一辺倒ではもちろんなく、
男性優位社会とは言え、全ての女性が死んだように暮らして
いる、というわけでもないらしい。。

そんな中、新聞広告が目に飛び込んできた、
「人生タクシー」

早速見てきたの~~~( ´ ▽ ` )ノ

Image
🌟←クリックで、HPにジャンプ❣️

ノンフィクションのようでもあり、
フィクションのようでもあり、
シンプルそうに見えて
実は深くて、そして非常に強くて優しい。
こんな映画、初めて❗️

登場人物がとても人間臭くて、
何だか自分もその場にいるみたいな
気持ちで、釘付け。

さすが、ベルリン映画祭金熊賞🐻🌟
圧巻‼️
登場人物と監督に幸あれと祈るしかない。
応援するしかない。
頑張れ❣️🐰❣️

2017年2月 6日 (月)

映画

英文ライティングのクラスメートに

絶賛お勧めされた、

本。

1

和書じゃ~んsweat02

というなかれ。

本当に、すごい。。。

圧倒されると同時に、めちゃめちゃ心の奥深くに入り込む。

内容はずっしり。

途中は胸が張り裂けそうに悲しい。

でも、最後に心は救いに満ちて、軽く、静かになる。

なんてこと!

私が生まれた年に生まれた物語。

いままで知らなかったとは。

でも、この年でなければ意味は理解できなかったかも。

その友人いわく、

日本語の原書と、英語の訳文で少しニュアンスが変わる所を、

スコセッシ監督が原書に沿うように丁寧に確認、修正して撮ったのが、

映画 Silence だと。

4
※👆クリックで公式サイトにジャンプ。

あ~、映画が見たい!

と、

サトさんを誘ってみたならば、

最近過労気味で、ちょっとこのテーマは無理っぽいcoldsweats01

では、こちらにしましょうか?

5_2
※👆Click!

「ぼく、疲れすぎて、眠っちゃうかも。。。」

そんな心配、要らなかったね。

最初から、がしっとつかまれて、

すずさんの世界に入り込んだ、2時間20分。

あっという間だった。

「戦争反対」なんて、一言も出てこない。

普通の人の普通の生活を淡々と描いた結果の、

圧倒的な説得力。

エンドロールが終わって、照明がついても、

立つ人がいない。

みんな、席に深く腰掛けたまま。

世界中の人に見てほしいsign01

どうか、沢山の人に届きますようにshineshineshine

家に帰ると、

相変わらず私の足元のかん太ちゃん、

3

そして、サトさん、

出会えた奇跡に、

そして、いつもそばにいてくれることに、

ありがとうconfidentshine


より以前の記事一覧