地震・原発事故

2016年4月16日 (土)

熊本地震と中央構造線

熊本で、まさかの大地震。

台湾にいるイーちゃんママがついこの間社員旅行で桜見物に
行ってきたばかり。

お城と桜のコラボの写真を見せてもらい、

一緒に行った台湾の方がスマホを失くし、慌てて探したら、
ちゃんと届けてあって感激されたと、聞いたばかり。

その熊本の地震で、活断層が3.5メートルもずれたとか(毎日新聞、ここ→

大きな被害で現地の皆さんは本当にお気の毒だと思う最中、

地震は大分にも広がり、由布市でも震度5。

仕事から帰宅したサトさん、
「四国から東海に延びる中央構造線が動いていることを疑う
見方もあるらしいよ」

断層が大きく動くとその付近の断層にもひずみは伝わる、
というのは主婦の私でも想像がつく。

どうか、一連の地震が速やかに終息しますように。
熊本、大分の被災地での生活の復旧が迅速に行われます
ように。
一人でも多くの命が助かりますように。

2013年12月31日 (火)

「エネルギー基本計画」パブコメ

この年の瀬の慌ただしい中、経産省資源エネルギー庁が、
新しい「エネルギー基本計画」策定のためのパブコメを募集しています。

総合資源エネルギー調査会基本政策分科会というところで基本計画
の意見をまとめたので、それに対して皆さんの意見を募集する、とのこと。

その分科会の意見では、原子力を
”エネルギー需給構造の安定性を支える基盤となる重要なベース電源”
と位置付けていて、やっぱり脱原発路線はない様子です。

パブコメの募集期間は、1月6日まで。

下記のサイト()から応募できます。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620213015&Mode=0

念のために、上記意見の原子力の部分を下記にコピペします


*-*-*-*-*-
(5)原子力
①位置付け
燃料投入量に対するエネルギー出力が圧倒的に大きく、数年にわたって国内保有燃料だけで生産が維持できる準国産エネルギー源として、優れた安定供給性と効率性を有しており、運転コストが低廉で変動も少なく、運転時には温室効果ガスの排出もないことから、安全性の確保を大前提に引き続き活用していく、エネルギー需給構造の安定性を支える基盤となる重要なベース電源である。
②政策の方向性
原発依存度については、省エネルギー・再生可能エネルギーの導入や火力発電所の効率化などにより、可能な限り低減させる。その方針の下で、我が国のエネルギー制約を考慮し、安定供給、コスト低減、温暖化対策、安全確保のために必要な技術・人材の維持の観点から、必要とされる規模を十分に見極めて、その規模を確保する。
安全性を全てに優先させ、国民の懸念の解消に全力を挙げる前提の下、独立した原子力規制委員会によって世界で最も厳しい水準の新規制基準の下で安全性が確認された原子力発電所については、再稼動を進める。
また、万が一事故が起きた場合に被害が大きくなるリスクを認識し、事故への備えを拡充しておくことが必要である。
さらに、原子力利用に伴い確実に発生する使用済核燃料は、世界共通の悩みであり、将来世代に先送りしないよう、現世代の責任として、その対策を着実に進めることが不可欠である。
*-*-*-*-*-

2012年12月12日 (水)

誰が良いやら、どこが良いやら

選挙を日曜日に控えて、自民党優勢という状況が連日報道で伝えられている。

どうも、日本を変えたいとまじめに思っている人ほど、自民や自民に
近い維新に傾倒しているように見える。

でも、少し前に、こんな記事が

Photo
*クリックで拡大可。

自民支持の人の中にかなりの割合、「脱原発」と「護憲」の意見を持っている人が
いると。

でも、自民は「原発維持」で「改憲」

自民に入れようかなと思っている方、

投票前に、自分の次の世代あるいはその次の世代の誰かの顔を思い浮かべて、
こう自問してほしい。

●原発維持で良いの?

●改憲も容認する?

良いと思えば、自民へでも維新へでも、清き一票を。

【注】以下、話はぐだぐだ続きます。要注意(苦笑)

続きを読む "誰が良いやら、どこが良いやら" »

2012年8月19日 (日)

原発パブコメ

12日の締め切り日ちょっきりに、私も提出した、原発パブコメ。

前日のニュースでは5万件強ということだったけど、フタをあけたら9万件弱。

ぎりぎり派、多いな(苦笑)

私の場合、単なる一国民で専門知識はないし、私の意見なんか誰も読まない

だろうと思ったけど、

メディアが結果を集計して流すとすれば、内容が薄くても1票は1票と

カウントされるんだから書こうかな、、、ってくらいの気持ちで。

ところが

なんと、パブコメが公開されてるんだって♪

国家戦略室のHP

こう来るとは予想外。

まだ掲載パブコメは一部だけど、残りも追って公開とのこと。

さて、政府はどういう意図でこれを公開したのか?ナゾだなー。

だって、政府の原発維持の姿勢は少しも揺らいでいるように見えない。

ベトナムへの原発輸出も続行。

tv asahiのHPによれば、

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ベトナムを訪問している枝野経済産業大臣は、クアン科学技術相と会談し、
ベトナムで原発事故が起きた場合の賠償制度の整備に協力することで合意しました。

 会談では、福島第一原発の事故で日本が採用した電力会社の無限責任の
スキームをもとに、ベトナムで事故が起きた場合の賠償制度の整備などについて、
日本が積極的に協力していくことで合意しました。ベトナムは、日本と原子力協定を
結び、2021年までに商業用原発2基を日本に発注し、運転を始める予定です。
 枝野経済産業大臣:「福島の事故の教訓を踏まえ、より安全性の高い原子力の協力
を進めていかなければならない」
 一方で、原発事故の後、日本の原発輸出に対する批判の声も上がっています。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

福島の賠償費用も出せないから東電は家庭用電気料金の値上げをしたというのに、

ベトナムで何かあったときに、一体、日本の電力会社に何ができると想定して

るんだか。。(-Ⅱ-;)

しかも、ベトナムや中国で事故があれば、日本に放射能の影響があるのは必至。

もう、めちゃくちゃじゃん

福島の事故をもっと重く受け止めて、早速方向転換をして、新しいクリーンエネルギーと

省エネ技術で世界をリードするぞ、、、くらいの意気込みがあっても良いのに。

どうしても、「原発を生かしておかなければ、日本は沈没する」「電力会社を生かす

道をどうにかして確保しなければ」という既存の路線から頭が切り替えられない

としたら、それは思考が行き詰っているということ。

丁度読んでいた伊坂幸太郎の『ラッシュライフ』に、こんな一文ありましたよ。

         

「行き詰っているとおまえが思い込んでいただけだよ。人ってのはみんなそうだ。

例えば、砂漠に白線を引いて、その上を一歩も踏み外さないように怯えて歩いて

いるだけなんだ。周りは砂漠だぜ、縦横無尽に歩けるのに、ラインを踏み外したら

死んでしまうと勝手に思い込んでいる」

         

私も、例えば、掃除は掃除機でなくちゃ、と思っていたのが、実家の母を見習って

ホウキを使ってみたらば、階段とかフローリングは案外掃除しやすくて、びっくり。

震災の時は、薪のお風呂や井戸が活躍したというから、スローライフも捨てたもん

じゃない。

要するに、一つの路線に凝り固まるんじゃなくて、もっと選択肢を広げようよ。

爆弾を背負ってそれがいつはぜるか心配するような暮らしに国民全部を巻き込む

なんて、思考が行き詰まりすぎですから。

2012年7月23日 (月)

原発比率パブコメ

7月16日の「さようなら原発10万人集会」以来、
原発比率についてのパブコメを出そう!という新聞記事を
散見しますね。一体どういうことなんでしょう?!

以下、7月17日の中日新聞から抜粋。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
酷暑の東京・代々木公園。あいさつに立った音楽家の坂本龍一さんは
「パブリックコメントをじゃんじゃん書く」と、参加者に呼び掛けた。

 坂本さんが言うパブリックコメント(パブコメ)とは、政府が八月末をめど
にまとめるエネルギー政策に関するものだ。パブコメは、政府や行政機
関が政策や規則などを決める際に、国民や市民から意見を募る制度。
この日の会場でも、市民団体などが、提出用の書式をコピーしたちらしを
配布し、その場でパブコメを書き込める専用ブースをあちこちに設置。意
見提出を呼び掛けていた。

 政府は六月二十九日、将来の原発依存度などを盛り込んだ三つの選
択肢を示し、これについてのパブコメを募集している。二〇三〇年の電源
構成に占める原発の比率は(1)0%(2)15%(3)20~25%の三つだ。

 「国民的議論を踏まえて結論を出す」としているが、その期間はわずか
一カ月余り。パブコメ募集とともに意見聴取会開催などもしている。だが、
仙台市で開かれた意見聴取会では、市民代表として抽選で選ばれた
九人のうち二人が東北電力や原発推進団体幹部だったことが発覚し、
名古屋市での聴取会でも、中部電力の課長級職員が発言者に選ばれて
原発推進を主張し、公平性に疑問符がついた。

 三つの選択肢のパブコメ募集では、名前や住所、職業などとともに意見
をまとめて、ホームページに入力するか、所定の様式で郵送またはファクス
送信する。締め切りは八月十二日午後六時。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

同記事の例によれば、
パブコメ書式の

「御意見の概要(100字以内)」の欄に、原発比率は2030年に何パーセントの
シナリオを支持するのか、

「御意見およびおその理由」のところに、その理由として思う所を書けば良いらしい。

2030年と言わず即刻ゼロにしてほしいという意見は、カウントされないとの
ことなので、要注意

7月21日の中日新聞に気になる情報を発見

まず、経団連はとしては、
「原子力維持の考えをベースに再構築すべき」との意見で、ゼロシナリオは
受け入れられないとの姿勢。

次に、電気事業連合会も、
原発ゼロを目指す案は、「エネルギー減の多様性確保という観点からわが国
では取り得ない」
とのこと。

更に、、総理直属の機関である国家戦略室の
エネルギー・環境会議(エネ環会議)には、どうやら15%で決着させたい思惑があるとのこと。

ゼロシナリオの場合、福井県の高速増殖炉「もんじゅ」は不要となる。
けれども、15%かあるいは20-25%であれば、なし崩し的に存続。

もんじゅは、管理費が年間200億円、うち電気代だけでも月平均で約6700万円
もかかる。

一体、政府は、14年間稼働していないこんな施設をどうしてこれから
もとっておきたいのかしら。。。

とにかく、パブコメ。
国家戦略室のパブコメ募集告知は、ここ
内閣府のパブコメフォームは、ここ
パブコメの書き方は、ここ

難しいことはわからないし書けないし、私が1通パブコメを書いても何の
違いもないのかもしれないけど、何か気になる。。。

そもそもパブコメって、投票みたいに、多数決のもの? じゃないよね??
だって、それだと、専門知識のある原発続行派が組織票をがつーんと入れ
たらそれで一気に形勢決定。

あ、でも逆に、ゼロシナリオへの支持が、他の選択肢を引き離して沢山集まった
らばどう?素人の意見ばっかりでも、政府も無視できなくなるのかな?

今まで、パブコメは専門家の書くものとばかり思っていたけど、
3つの選択肢の支持率調査みないな使われ方をする可能性があるなら、
みんな書かんといかんのじゃない?

2012年7月 1日 (日)

大飯原発再稼働【補遺】

原発再稼働ありきという方針からかじを切る知恵はないのかな?

と思っていたら、サトさん、

「なんだ、君、ボクがプレゼントした金子勝さんの『失われた30年』を
まだ読んどらんのかい?

金子さんが、その「知恵」をねっちり書いとるよ。」

おーーー、そういえば、まだ読んでなかった!!

30

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

実は、原発も不良債権そのものです。原発は、使用済み核燃料の最終処分の先も
決まらず、危険な放射性廃棄物を出し続けます。しかも安全性が担保できず危険で
動かせない原発は、収益を生まない一方で、多額の借入金返済と維持管理費用だ
けが襲ってきます。つまり、安全性が担保できない原発は不良債権と化してしまうの
です。とくに、福島第一原発で破損したのと同じマークI型の格納容器を持つ原発、
活断層の上にある原発、三連動自信の恐れのある浜岡原発、老朽原発などは、
典型的な不良債権原発です。

不良債権処理と同じく危ない原発は「損切り」することが必要なのですがそうすると、
不良債権原発に依存する電力会社はたちまち経営が成り立たなくなってしまう。
そのために、電力会社はツケを先送りするために利益優先・安全無視で原発再稼働
を急ごうとします。 (『失われた30年』 金子勝、神野直彦、NHK出版新書 p5-6)
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

はじめに-の部分で、いきなり問題の核心に切り込んでいるではないですか!

しかも、東電の問題(値上げの理由のウソと本音)、関電の問題、新しいエネルギー
システムについての提言、などなど、
いろいろズバリ書いてある~~

いやあ、目からうろことはこのこと。
良い本、もらってたんだね(〃ω〃) v

マスコミの断片的な報道だけではわからない、「決断」の裏側と将来への着眼点。
大変に頭がすっきりするうえ、興味深いです。

大飯原発再稼働

大飯原発が、再稼働する。

安全設備はこれから作る。

地下の活断層のリスクはとりあえず置いておく。

日本のプレートが活動期に入ったと知ってはいるけど、

今、原発を停止すると、電力会社の経営がなりゆかない。

何故かと言うと、原発は稼働中なら資産だけど非稼働なら損失計上になるから。

関電の場合、
2011年度末純資産1兆1835億円。

うち、原発関連資産6318億円。

原発資産がなくなると、資産は5517億円に目減り。

しかも、昨年度から約2000億円の赤字経営。

現状が続くと、たった2-3年で債務超過に。

そうなると、関電が困るだけではない。

関電にお金を貸している銀行も困る。

関電から電気の提供を受けている利用者もすべからく困るはず。

だから、原発を資産計上し続けるために、原発は稼働させ続けなければならない。

。。。と、まあ、そういうことらしい

ワイドショーの取材だけど、

大阪府市統合本部の古河顧問とうい人がエネルギー戦略会議で関電に
質問したところ、

関電は、
「(電力の)需給の問題とは切り離して考えている」
「(原発再稼働は)夏場の需要とは関係を考えておりません。」

とはっきり回答したとのこと。

つまり、電力が足りないからの再稼働ではなく、電力会社の経営維持のための
再稼働。

で、大事なのは、その事情は関電のみならず、原発のない沖縄以外はみんな
似たりよったりだということ。

50_2

50_3


だから、大飯原発を動かすという決断は、

「他の原発も順次再稼働させて、しかも止めませんよ」というメッセージに通じる。

省エネで電力需要を抑えても、自然エネルギーを増やして原発依存度を減らしても、
原発は止めたら損失になるという状況は変わらない。

だから、原発は増やすことはなくても、今ある分は稼働させ続けたい。

安全よりも、電力会社の存続が優先。

でも、巨大地震は来るよと、地震学者は言っていますよ。

経済、経済で、いいんですか。

目先の数年と先の何百年が引き換えになることがあると、福島の件で、私たちは
学んだはず。

大事なのは、速やかに新しい電力システムに移行できるような全く新たな切り口!!

知恵のある人はいないの???!


2012年5月 8日 (火)

原発が 全部止まる日 こどもの日(朝日川柳)

GWは、ほーんと天気が悪かったー(-Ⅱ-;)

晴れか曇りでも半日とかせいぜい1-2日で、あとは雨とか、雷雨とか、豪雨とか・・・

その間、気温も上がったり下がったり忙しく、夏のようにぐんぐん気温が上がった日もあれば、油断した隙に涼しい日も。

おかげさんで、私もかん太もすっかり体調がヘンテコリン

かん太は、例によって胃腸にきちゃって、外に出るとオエっぷこみ上げるし

私も、ノドが痛いとか、せきっぽいとか

ついでに、PCのウィルス対策ソフトavgを更新したら、やたらPCの動きが遅くなり(ノД`)・゜・。

まあ、私とかん太は、もう少し寝たら元気になるとして、

PCのこの圧倒的な遅さはどうしよう。。。

2年間のライセンス料四千なにがしも払っちゃったしなあ。。( ̄∇ ̄;)

アップデート前は超軽かったのに。。。

    

とまあ、何かと残念な我が家のGW後半でしたが、

世間では稼働する原発がゼロになって、ひとまず良かった、良かった。

原発ゼロということは、この夏も節電だね~

去年は、居間でクーラーかけて寝ていたかん太を私たちの寝室で寝かせるようにして、プラス、家の照明をできるだけ蛍光灯かLEDに変えたら、夏のピーク時の電気料金が簡単に30%くらい安くなってハッピーだった、わがや

今年の節電の積み増しは、さて、どうやりますかねえ。

まずは、早寝早起きかな(//∇//)v

2012年2月20日 (月)

復興応援トラックマーケット

昨日の日曜日、サトさんと、岐阜の平成道の駅というところに寄りました

なーんにもない、山の中の道の駅だけど、とっても美味しいタマゴを売っているんです

それにしても、いつにも増してすんごい人。。。と思ったら、

荷台が上に跳ね上がる、大きなトラックが来てました。

良く見ると、復興応援トラックマーケットの文字。

どうやら東北の品を運んできてくれたみたいです。

1_3

行った時間が遅すぎたのか、もうあんまり商品が残ってない感じでしたが、

せっかくなので、まずはサトさんが見てきますよ。

その間、私と一緒に待つ、かん太

2_2

けど、この日は、めちゃ寒~い

4

サトさんと交代して私が見物に行っている間、
身体をブルブルさせながらも大人しく待ったかん太
3

「まあ、可愛いわねえ、パパと待っててえらいわねえ」とおばちゃんが近づいてきてくれてたのに、

私に気づいた途端、ガルルガルウガルルと私に向かって怒る怒る

おばさん、一気にドン引き|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

それはさておき、

東北に春が来る頃、復興の機運がしっかりと起きますように

希望の種が芽吹きますように

復興トラックで買った、田子にんにく味噌「あいこ」、にんにくパンチ強力で超美味しかったです~♪

5_2


2012年1月12日 (木)

松島~南三陸(2)

南三陸町は、見渡す限り、人も鳥もいない。

2_2

地盤沈下が進んでいる様子で、湾に近づくこともできない。

1

17,000人が住んでいた町。
地震と津波での死者と行方不明者およそ1,000人。
生きているはずの16,000人は、一体どこで暮らしているのか。

6

4

3

南三陸町周辺のみならず、広範囲で、被害の爪あとが濃い。
無事に立っているように見える家々も、調査をすると半壊や一部損壊の家が多いとのこと。
登米の親戚の家も、言われてよく見ると太い梁に幅1cmほどの切れつがあり、
別の親戚の家では、天井がたわんでいた。

ただ、まだ問題が。
早く立て直したい、修理をしたいと思っても、地元に大工がいない。
仕事がないために大工の後継者が途絶えてしまっている状態での、被災。
都会には沢山工務店があるのに、何と言うこと。。。

聞くところによると、いわき市も状況は同じで、一人の大工が数千軒もの修繕をしなければ
ならない勘定で、とても手が足りないのだとか。

被災地では、失業している人も多い。
家は残っても、早く修繕をしてもらわないと不安だという住人も多い。
肝心なのは、こうした建て直しや修繕の資金援助の制度を用意すること。
援助があれば、雇用も生まれる。

被災地では、今も震度4クラスの地震が時々起きる。
一日も早く、みんなが安心して暮らせますように。被災地に人が戻って来れますように。