小耳情報

2016年11月14日 (月)

小耳情報 ソルフェジオ周波数


完徹明けでガンガン泳げた、30年前の私。
若かったわあcatface(遠い目)
睡眠時間5時間でも短い、今日この頃coldsweats01

当然、肉体と精神の疲れも溜まりやすい。
「あーしんど」ってなった時のお助けアイテムが、
身の回りに増えてきた(苦笑)

驚いたことに、聴くお助けアイテムもあるんだね。
これは、かん太の友達のココアのママが教えてくれた、
小耳情報。

⭐️ソルフェジオ周波数⭐️

おー、なんだそれ?
名前からして効きそうな(笑)
グレゴリオ聖歌なんかに使われていた、癒しの周波数?!
はい?(*'ω'*)

聞くだけで心も体も痛みが消えるという、
ウソのようなホントのようなソルフェジオ周波数

Photo
 (←本をClick!)

よくわからないままに、月日が経ち、

ある日、ストレスで胸がふさがってしまいそうなとき、
聴いてみたらば。。。

おおおおおお~~~~~(*´Д`)
なんてラクになるんでしょ!
心のどこかが塞がっていたのが、ほどけて一気に楽になる感じ。

癒される~💛

少なくとも、私はこれでとっても良く眠れたので、
小耳情報でした(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ

2016年8月11日 (木)

小耳情報 モノクロの印刷コストは1/4!

いやあ、知らなかった(;´∀`)

プリンタを買ったときは、もしかしたら知っていたかもしれないけど、

全く気にしてなかった。

   🐰   🐰   🐰

実は先日、仕事で出会った若者が、

なかなか素晴らしい資料を持っていたので見せてもらったところ、

「カラーじゃないから、見にくかったらごめんなさい。
私、家でプリントするときは、コストの安いモノクロばっかりなんです!」

別に、中身が読めればどっちでも良いんじゃないの?

「モノクロだと、コスト全然違いますよ」

え、そうだっけ?!

    🐢   🐢   🐢

家に帰って、調べてみたら、

確かに、全然違った(;´∀`)


カラー   : 8.6円
モノクロ  : 2.4円


EPSON PX-504

ぎょえー、4倍eyesign02

このところ、自分で印刷する資料も多くて、
気が付くと、使用済みインクカセットが山積み・・・

純正だとインクカートリッジ、4本で4,300円だもん。
ひえ~~、
知らないうちに、すごく余分にコストかけてたかもshock!!

早速、
プリンタのデフォルト設定をモノクロ印刷に変更flair

見えないコスト、意外と大きかったwobblypaper

2016年8月10日 (水)

小耳情報 ギア姫を守るサイドブレーキ騎士

自動車の運転をする時に、

ギアチェンジが先か、サイドブレーキが先か

   sign05   sign05   sign05

先日、自動車雑誌をめくっていたら、

たまたま目に入った記事が、その話題。

私は、どうも昔から

D→サイドブレーキで発進

P→サイドブレーキで停車

きくと、サトさんも、同じ。

それが、
大間違いeyesign01

記事いわく、

Pのギアは、歯車が咬んでいるだけだから、

サイドブレーキを引かない状態だと、

その歯車に直接負荷がかかってしまう。

そうすると

例えばサイドブレーキを解除したけど

ギアがPのまま、間違って発進しようとアクセルを踏むと、

車は動かないけど、それは

ギアの歯車がギュっと咬んでがんばっているから。

でも、

物理的に歯車に強い負荷がかかって歯車が損傷するリスクがある。


必ず、

D→サイドブレーキで発進

サイドブレーキ→Pで停車

をお勧めするとのこと。

歯車をいたわりましょう🌼🌼🌼🌼rvcar🌼🌼🌼🌼

2014年3月 5日 (水)

小耳情報④  消えるペンにご用心

インドから一時帰国中の友人いわく、

「いま流行のフリクションペン、使ってる?

私も使ってるんだけどね、注意点があるんだよ。

60℃になると、こすらなくてもインクが消えるの!

知ってた?!

私、スケジュール帳にフリクションペンを使っていてね、

ある暑い日、車に置きっぱなしにしちゃったのよ。

そしたら、スケジュール帳、真っ白になっちゃったのΣ(゚д゚lll)

暫く立ち直れないほどショックだったし、予定が分からなくなって
めちゃくちゃ困った。

日本でも、夏の車内は高温になるから、注意した方が良いよ!!」

はいpaper

私も予定表はフリクションペンで書いてますshockdownsweat02

名古屋の夏、人のいない車内に置き忘れたら、帳面が真っ白に
なること、間違いなし。(T∇T)

もう随分書きこんじゃってるよ。今更全部ボールペンで書きなおす
のも面倒だし、

どうする、私?!( ̄∇ ̄;)b


2013年11月25日 (月)

小耳情報③ 安全運転とライト

さっき雨の夜道を自動車で走っててrvcardash、思いだしたpaperflair

自動車の停止距離と、ヘッドライトのポジションについて。

いきなりですが、質問です。

「夜に運転する時、ライトはローにしてますか、ハイビームにしてますか?」

私は、もれなくロー

・・・だった。

そこに落とし穴があるというΣ(゚д゚lll)

夜間真っ暗になる脇道で、誰もいないはずの時間帯に死亡事故が起きることがある。

被害者は、道路の真ん中で寝ていた酔っ払いだったり、徘徊して動けなくなった
痴呆症の高齢者だったり。

これは、防げる事故なんだって。

事故の原因は、ずばり、ヘッドランプのポジション選択ミス。

つまり、こういうこと。

乗用車の停止距離、つまりブレーキを踏んでから実際に車が止まるまでの距離は、

60km/h で 44m
80km/h で 75m

これに対して、ロービームが照らす距離は、40m

つまり、ロービームで走っていると、常に40m先までしか見えないから、
路上に人がいることに気がついてからいくら急いでブレーキを踏んでも、
衝突は避けられない。

ところが、ハイビームが照らす距離は、100m

例え80km/h出ていたとしても、75m走って止まるから、ぎりぎりで事故は避けられる。

だから、対向車や前を行く車がある場合はローだけど、
自分の車一台だけが夜道を走っている場合は、基本的にずーーーっとハイビーム
で走れとのこと。

やってみると、確かに見通しが良い。
これから夜道は、他の車がいないときはずーっとハイビームで行くべし☆

参考資料(